« スイーツ先生! #2 ミスドを食らう | トップページ | TMvs柏U-18 ここが重要 »

2015/04/19

ジャンプ20号感想 本心

ジャンプ20号の感想をお送りします。

前回、親方がどう出るか気になると書いた「火ノ丸相撲」ですが。

やっぱり伏線回収した(^^)/

火ノ丸が「横綱になる」と口にした時、息を飲む周りの中で、親方は表情見えない角度でセリフが「……」。その後、冴ノ山に対抗するために、低く仕切る火ノ丸を見て、「…そうだ、いろいろ試すといい…」とポツリとつぶやく。

自分と同じ小兵力士の火ノ丸の決意を聞いて、自分の想いを重ねる瞬間を描いた演出。小さなコマでさりげなく入れておく、正統派の伏線です。

こういう下ごしらえがしっかりしてると、決めのシーンが存分においしく味わえるんですよねえ。

決めのセリフのところの一人称が、さりげなく「俺」になってるのもいいですねー。

顔はこわもて、稽古の鬼という評判。でも来てみたら、今時の子に指導法を合わせているのか、弟子をちゃん付けで呼んでいたり、今のはいいよーとほめていたり、フレンドリー。その間の一人称は「僕」なのです。

それが「俺」になっていると、ここは本心なんだなと感じられる。

これも親方のキャラクターの下ごしらえがしっかりしているから効果を発揮することです。ネームがしっかりしている人の漫画は、ほんとに読んでて楽しい。

もう一つ、気になるセリフがあるんだけれど、あれはやっぱり……?

|

« スイーツ先生! #2 ミスドを食らう | トップページ | TMvs柏U-18 ここが重要 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61450438

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ20号感想 本心:

« スイーツ先生! #2 ミスドを食らう | トップページ | TMvs柏U-18 ここが重要 »