« 俺この戦いが終わったら | トップページ | vsM 連敗 »

2015/04/04

ジャンプ18号感想 漫画の秘術

ジャンプ18号の感想をお送りします。

今年に入ってからずっと感想書いているので、取り扱う漫画がだいたい見えてきているわけですが。

僕は漫画から小説へ転身するぐらいなので、浮き沈みのある、話の展開のさせ方に惹かれる傾向があります。

というわけで今週は、まず、「食戟のソーマ」です。

仕事に追われる状態からの逆転が見事です!

お話は小説家も作る。絵はイラストレーターも描く。漫画独自なのは、その間をつなぐ部分です。コマを割って見開きを構成。

そこで時間と空間を演出するのが漫画の秘術。特に、リズムの取り方で心象時間もコントロールできるのは、漫画独特の魅力です。

この回だと、仕事に追われていた創真が、どんどんこなせるようになっていくところ。

一つ追いついたシーンを描き、「チェックお願いしゃす!」とポンポンとたたみかけ、「新しい技をモノにできるのが、おもしろくて仕方ないんすよ」と気持ちの高ぶりを描き、予想外にお客さんの食事ペースが速くてみんなが追い込まれた時に、「下処理できてます」と追い越した瞬間で、カッと心象時間を止めて見せる。

そしてそのまま仕上げろと言われ、「うす!」と返事をして一気に動きだすコマは、めくった次のページの一枚絵。

この成長を表現した7ページにわたる緩急がカタルシスを生んでいます。コマの中の止める絵、動く絵も見事です。

緩急という点では、「僕のヒーローアカデミア」も。

前回、手が震えながらも、「決勝で会おうぜ」と勇気を振り絞って見栄を切ったお茶子。

力の限りを尽くしますが、敵いません。

「それでも!!!」と気力を奮い立たせる、テンション高い盛り上がる展開。それにつられてページをめくると。

カク…と力尽きる大きなコマ。

この、引っ張っておいてページをめくった一コマ目に意外な絵を、というのは見開き構成の基本で、これが上手い漫画は読んでてぐぐっと引き込まれるのです。

作者の力量に身をゆだねて、手のひらの上で転がされるのが心地よい。そういう漫画を読むのは楽しいなあと思います。

|

« 俺この戦いが終わったら | トップページ | vsM 連敗 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61379632

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ18号感想 漫画の秘術:

« 俺この戦いが終わったら | トップページ | vsM 連敗 »