« 2015J1展望 その1 | トップページ | 2015J1展望 その3 »

2015/03/02

2015J1展望 その2

展望記事のその2。今日は昨年中位のグループです。

まずは昨年12位、新潟。

柳下監督が続き、また、クラブのスタイルとして堅守が根付いているので、大崩れはなさそうな気がします。するとあとは得点。

去年後半から入った指宿君は、勝負の年ですねえ。

田中亜土夢選手の抜けた攻撃的MFを含め、前線の組み合わせがどうなるのか注目です。

昨年11位、神戸。

なんと言っても、新監督がネルシーニョ監督です!!

絶対手ごわいに決まってる。開幕カードなんですよね。

エルゴラの記事を見たら、4-3-3もあるみたい。そうするとミラーゲームになります。ウチでもやってたし、ありえるな。

選手もそろっているし、去年の前半は突っ走ってたし、さらにネルシーニョ監督は一気にチームを作る手腕は確か。上位進出の可能性は十分あると思います。

昨年10位、名古屋。

思い切った若返り策を取った名古屋。二年目になりますが、シーズン前の記事を読んでいると、あまり順調じゃないみたい?

ただ、タレントはいるので、上向く可能性は十分で。

特に新加入のノヴァコヴィッチ選手のニーヤンの間にホットラインができたりすると、すごい脅威となる予感。どうなるでしょう。

昨年9位、FC東京。

フィッカデンティ体制の二年目。守備の堅さは手に入れたので、今年の課題はカウンター一辺倒になっている攻撃の幅を増やすこと。

その点で注目はFW。陣容が変わりました。エドゥー選手は全北現代へ。この間ACLで当たりました。渡辺千真選手は神戸。開幕で当たりそう。

代わりに来たのが前田選手です。前出の二人に比べると、ポストワークで周りを使うのが上手い感じ。狙いにも合っていると思います。

前田選手のポストに、ドリブルのある武藤、河野選手が絡み、さらに他の選手が押し上げて、分厚い攻撃ができるようになると脅威です。さあどうなるか。

昨年8位、広島。

毎年恒例になっている浦和への移籍。今年は2シャドーの一角、石原選手。さらに高萩選手はウェスタン・シドニーへ移籍ということで、2シャドーがそっくりいなくなりました。

当然そこには補強が入りました。そして既存の若手、さらにはコンバートと、競争でレベルアップを目指すようです。

広島は選手を抜かれても、それを上手く代謝に結びつけている感じがします。序盤は苦しいかもしれませんが、結果的にはチーム力を上げてくるのではないでしょうか。

昨年7位、マリノス。

モンバエルツ監督に代わりましたが、記事を追っている感じでは、そう大きな変更はない模様。

ただ、中村選手が手術に踏み切ったので、開幕には間に合いません。FW陣にも、キャンプで怪我人が出ていたので、スタートダッシュに影響しそうです。

そこで踏ん張れれば、安定した力を持つだけに、巻き返しは可能です。そこに注目。

中位チームまとめ。

さて、中位チームを見てきましたが、各チームの力が拮抗するJリーグでは、この辺からぽんと優勝争いするチームが出ても、全然不思議じゃないですよね。

一つ上げるとしたら、やっぱり神戸かなあ。

ネルシーニョ監督のすごさはもう、レイソルサポーターなら身にしみているわけで、ほんとに絶対、手ごわいに決まってるのです。開幕戦勝ちたい!

|

« 2015J1展望 その1 | トップページ | 2015J1展望 その3 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61176882

この記事へのトラックバック一覧です: 2015J1展望 その2:

« 2015J1展望 その1 | トップページ | 2015J1展望 その3 »