« vs神戸 開幕白星!!!! | トップページ | 月刊群雛3月号 電子書籍元年 »

2015/03/09

ジャンプ14号感想 かっちりはまるか その2

ジャンプ14号の感想をお送りします。

このあいだ、漫画家の友人と、世界観の話になったんですよ。

設定だけじゃなくて、絵柄とマッチしているかどうかも、すんなり飲み込めるかに影響するよねというのが、僕の意見で。

例えに「暗殺教室」と、「僕のヒーローアカデミア」を出しました。

2作品とも漫画らしい漫画というか、強引な設定と話の展開がある漫画なのですが。

絵柄をぱっと見た時点で、そういう雰囲気が出ているので、それに対しての違和感は感じません。というより、それが楽しい。

でも絵柄がもっとリアルタッチだったりすると、それとはうらはらな強引な展開が意識に引っかかってしまって、そういうものだと納得して読めないという事態があると思うのです。世界観って、絵柄が醸し出す雰囲気までを含めた話だよねということ。

ただ、これの線引きはとても難しくて、どういうニュアンスだとかっちりはまるのかは、結局手探りだよねえという結論となりました。

ちなみに今週の「暗殺教室」は、ほんとに読めない急展開が続いていて、もうずっと手のひらの上で転がされている状態です。どうなるのかなあ。

|

« vs神戸 開幕白星!!!! | トップページ | 月刊群雛3月号 電子書籍元年 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61230382

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ14号感想 かっちりはまるか その2:

« vs神戸 開幕白星!!!! | トップページ | 月刊群雛3月号 電子書籍元年 »