« 宇宙船サジタリウス | トップページ | TMvs横浜FC&産能大 本番近づく »

2015/02/07

ジャンプ10号感想と復刻連載

今週もジャンプを楽しく読んでいたので感想です。第10号。

よかったシーンと面白かったシーンを一つずつ上げるとすると。

よかったシーンは、「食戟のソーマ」。

先週感想にも書いた回想を受けて、優勝した葉山アキラが、思わず潤を抱きしめてしまうところです。

あれだけ盛り上げたんだからある意味当然なんだけど、そこをきちんと受けてのいいシーンだなあと思いました。

勝負物で主人公が負ける展開というのは、読者的には本来あまり望んでいない展開なのですが。

そこに意味を持たせられるかどうかで違ってくる。先週は「自分の料理」というテーマで、創真がそれに気付きを得ます。

そして今週は、「切磋琢磨する相手」という事で、優勝よりも大切な物を得たという展開。負けたけれどプラス。

それに絡めて、孤高のエリナの絵が描かれているのは、何か伏線なんだろうなとわくわくしました。

そして笑ったのは、「斉木楠雄のψ難」。

お母さんが同窓会(ただし詐欺)に出て、だんなさんの話題で。

「主人は「終焉社」って出版社に勤めてて…」「え!? 漫画家には馬車馬のように働かせ、社員は会社の経費でキャバクラに行きまくっている、あの!?」「それ集英社」のくだり。

そのコマの下に、よくある注意書き、「この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには一切関係ありません。」が入ってて笑ったのでした。

さて、次は本誌とはちょっと違う話題で。こんなニュースを知りました。

「家庭教師ヒットマンREBORN!」「太臓もて王サーガ」「ダブルアーツ」の復刻連載が「少年ジャンプ+」で決定! ねとらぼ

最初、「復刻」と「復活」を勘違いしていて、「古味先生、ニセコイあるのに連載かあ。すごいな。大変そう」と思ってました(^^;;)

「ダブルアーツ」は、キャラクターの関係作りとか動機付けとかが丁寧で、そういうところが好きで応援していたのですが。

同時に、「アンケート的にはこの展開厳しいんだろうな。間に合うかな」と思ってた。

自分もよくやってしまい、それが壁になっているのですが、序盤が重いと読者の反応はよくないんですよね。僕の「丁寧なのが好き」はマイノリティ。

小説書きの心得でも、「まず書いて、そして最初の一章を丸々捨てる」というのを聞きました。最初は重くなりがちでいらないから省けということ。ついさっきツイッターで、「最初の1200字までに、女の子を出すか問題を起こすか人を殺す」というのも見かけましたよ。

それぐらい、序盤に面白さを詰め込んで畳み掛けることは大切。

古味先生は「ニセコイ」では、ベタな展開をむしろこれでもかと強調して、あっという間に設定と人間関係を打ち出していました。

改めて見比べると絵柄もずいぶん変わっていて、「ダブルアーツ」から「ニセコイ」に至る、古味先生の努力の跡がうかがえます。

「ニセコイ」は何か重大事が起きたみたいですけど、なんだろう。気になる。

|

« 宇宙船サジタリウス | トップページ | TMvs横浜FC&産能大 本番近づく »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61088755

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ10号感想と復刻連載:

« 宇宙船サジタリウス | トップページ | TMvs横浜FC&産能大 本番近づく »