« 魔法科高校の劣等生5 夏休み編+1 | トップページ | 日本vsUAE 準々決勝で敗退 »

2015/01/23

COMICリュウ3月号 境目

お手伝いしている友人漫画家梅木君の「あせびと空世界の冒険者」第12話が載っている、COMICリュウ3月号が発売中です。

第12話ということは、これで一年分ですね。めでたい(^^)/

ユウたちが捕まってしまい、縛り上げられ大ピンチな回です。あせびを便利な道具とみなすトールと、ユウの立場の違いが鮮明になり、対立構図が深まります。

さらに、グラムの前回遠征の時のトラウマも見えてきて、キャラクターが深まっていくのです。さあ、どうなる。

ちょっと作業環境が変わったので、自分が手伝った所を見て色々思うことがあり。もっと力になれるようがんばらないと。

さて、リュウ全体の感想。今号の新連載は橋本花鳥先生の「アルボスアニマ」。19世紀の植物採集家のお話。

HPをのぞいてみると、少年サンデーで読み切りなどを描いて、それから自サイトで「虫篭のカガステル」を連載。それが評判になって、今回の連載となった模様。web漫画でフランス語版が出てるってすごい。

COMICリュウは、他にもコミティア出身の作家さんが多かったり、そういうプロアマの境目辺りの人がよく載る雑誌だなあと思うのです。

低レベルという意味ではありません。日本の漫画は裾野が広いから、在野の上手い人がたくさんいるわけですよ。合う企画があればぽんと突き抜けられる、そういうレベルの人が大勢いる。

電子書籍が日本にも来るかもという辺りから、よく記事に書いていたように、僕はプロアマの境目がさらにどんどん崩れていくんだろうなと考えていたので、そういう観点からこの雑誌の彩りは、とても興味深いのです。

ちなみに今号の好きな小コマは、「とりきっさ」のエナガさん。「ここぬれなくていいなー」「なー」のコマ。丸くてかわいくて、置物にほしい。

|

« 魔法科高校の劣等生5 夏休み編+1 | トップページ | 日本vsUAE 準々決勝で敗退 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/61004107

この記事へのトラックバック一覧です: COMICリュウ3月号 境目:

« 魔法科高校の劣等生5 夏休み編+1 | トップページ | 日本vsUAE 準々決勝で敗退 »