« COP20とオーランチキチキ | トップページ | 行ったり来たり »

2014/12/24

あしたのジョー2 その7

終わっちゃうよ病が発症して、また間が空いたジョーの感想。

第36話「葉子…新たなる企て」

なぜかホセ戦の契約をたてに、もう一試合、ジョーに試合を要求する葉子。最初さっぱり意図が見えないように描いて、一人きりの時に本音を。

ジョーから野性味が失われたことを心配しているのです。完璧なチャンピオン、ホセに勝つには、それが必要だから。

そして「ケンカに強いタイプで、たくましく、ふてぶてしく、荒削りで、乱暴で、理論を越えた+αの底力を秘めた野生の男。力石徹と戦い、そしてリング上で死に至らしめた頃の矢吹ジョーのような強烈なタイプ」の選手を探してくるようにと、部下達に告げます。

やっぱり周りの人達は、どうしちゃったんだろうと意図を汲みかねているのですが、視聴者には分かっている。これも燃える構成ですよね。

第37話「野性児その名は…ハリマオ」

部下たちがそれぞれ別ルートで探していき、たどり着いたのは同じ人物。マレーシアの虎、ハリマオ。

野生の男と野生児では大違いw 動物過ぎるだろというぐらいのボクサーが来ました。しかしジョーは油断して不覚を取り、初対面で一撃KO。そして翌日、仕返しに行き、また油断して返り討ち。

とうとう売られたケンカを買うと決意。ジョーは野生を取り戻せるのか。

ちなみにこの回は、のりちゃんの失恋が決定的になった回でもありました。西と結婚したら気をつけろよとジョーにからかわれ、ジムを飛び出します。涙ぐんでたけど、心配して追ってきたジョーに泣きまねだと気丈に振舞います。ちょっとせつない。

第38話「意外な訪問者…ゴロマキ権藤」

ハリマオ対策で、ゴロマキ権藤に話をつけ、チンピラ連中を集めるジョー。ケンカの勘を取り戻すための、乱闘特訓。

しかし最後に権藤にKOされます。「強くなったな」と言うジョーに、あんたが弱くなったんじゃないかと権藤の返し。だいじょうぶなのかなと視聴者の心配をあおる回。

こういうじっくり盛り上げる展開が好きなのです。

のりちゃんと西とか、ジョー元気ないとか、こっそり伏線が張ってあります。どきどき。

第39話「ジャングルに…野獣が二匹」

ハリマオ回と思わせておき、なんと試合前にまさかのカーロス・リベラ登場。パンチドランカーになってすっかり落ちぶれています。

試合は苦戦するもハリマオをKO。その直後リングサイドに現れるカーロス。控え室に待たせます。そして試合後セレモニーもそこそこに、控え室に向かうジョーが立ちくらみ。

控え室で待っていたのは、パンチドランカー症状で見るも無残なカーロス。「なんてこった。あの稲妻みてえなジャブがこんなになっちまって……」ジョーは涙します。

パンチを繰り出す時に、静かに無音で、ぺしっと受け止める音だけ。そこで流れるBGM。回想シーンに入るとカーロスが、すごくりりしく力強いいい表情で立っていて、静かに降る雪がめっちゃ悲しい。名シーンだと思います。

症状が出ているため、手元がおぼつかなく、シャツのボタンが留められないカーロス。そしてそれを助けようとして、自分も留められないジョー。

気持ちを試合に向けておいて、不意打ちですごい重大なテーマが出てきた、衝撃の回でした。

第40話「燃えろジョー…標的が近い」

ジョーがパンチドランカーではないかと疑念が深まる回。最初から会談でジョーは足を滑らせている。

葉子はほぼ確信。おっちゃんは疑念を確かめるべく、ジョーをテスト。結果、ジョーは難なくテストをパス。さあ、いったいどちらなのかと、視聴者をやきもきさせる演出なのです。

最後は箱根のカーロスの元へ。分かれる時のカーロスのモノローグが、画面を二つに割って小さくなるカーロスの後姿とジョーの表情のアップという演出とあいまって、そりゃもう、涙を誘うのです。

もう何度も見てるのに、うるっと来たのでした。

そろそろ最後の戦いが近づいています。次ぐらいで感想文も終わるなあ。

|

« COP20とオーランチキチキ | トップページ | 行ったり来たり »

映画・アニメ・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/60846733

この記事へのトラックバック一覧です: あしたのジョー2 その7:

« COP20とオーランチキチキ | トップページ | 行ったり来たり »