« ダ・ヴィンチ1月号にインタビュー | トップページ | 酒井君とネルシーニョ監督と大津君 »

2014/12/11

新潟戦を見ました!

録画放送を見ましたよ。

ネルシーニョ・レイソル最後の試合は、大雪で延期になっての中立地カシマスタジアム開催。

平日夜で両方アウェイという状態で、当然のことながらスタンドはがらがらです。でも、そんな中来てる人たちは、ほんとに熱心なサポーターなので、スタジアムには大きなチャントが響きます。

スコアは2-0だけど、やっぱり新潟は難敵でした。切り替えは速いし、プレスは厳しいし。むしろ向こうのペースに巻き込まれてるなあと感じる時間帯が、けっこう多かった。

そんな中、やっぱり働くのはモンちゃん。1ゴール1アシスト。特にアシストは、こぼれにすばやく反応してぎりぎりのところで折り返し、決勝弾を導きました。ACLへの希望をつなぎましたよ!

そして何度もあったピンチに身体を張って、完封した守備陣も見事。決勝弾の鈴木君は、守備でも逆サイドまでマークを追いかけ、大活躍でした。

後半、鈴木君の背中をかすめてコースが変わったシュートに、桐畑君が逆を取られそうになりながら、とっさの反応。あれを弾き出したのはでかかった!

ネルシーニョ・レイソルの勝負強さを存分に発揮したゲームでした。

このチーム、好きだったなあ。

よく理想におぼれて勝負に負けるチームがあるけれど、というか、それで降格したのでトラウマになってるんだけど、このチームはすごく現実的だった。しっかり守備から入り、カウンターを狙い、でも、ちゃんとポゼッションもできた、とてもバランスの取れたチーム。

そして逆に、「全員が戦力」という理想の方は、本当に実践してた。だからとても勝負強かった。天皇杯とかナビスコ杯の決勝は、欠場者も出ていて、普通のチームなら戦力ダウンの状態のはずなのに、勝ち切ってみせた。

ネルシーニョ監督の「調子が良ければ使う」というのが徹底していたから、ほんとに層が分厚かったし、応援しがいがあった。

それを実現するネルシーニョ監督の目利きはすごくて、「大丈夫かな」と試合前思っていても快勝ということが何度もあって、喜ばせてくれた。今季で言うと、この試合で先発した小林君とか、中谷君の初先発の時がそう。はらはらした分、その活躍にはほんとに興奮した。

毎年毎年タイトルを取ったり、ドラマチックな展開にも手に汗握った。まあ時には何これという大敗とか、監督辞任騒動とか、そういう方のドラマもあったけれど(^^;;)

でも、結局、「ネルシーニョ監督に任せておけば、きっと何とかしてくれる」という安心感があって、すごく楽しく応援できた。

ネルシーニョ監督、5年半ありがとうございました。今までサッカーを見てきた中で、あなたが僕の最高の監督です。

さあ、来季はどういうチームになるのかな。

|

« ダ・ヴィンチ1月号にインタビュー | トップページ | 酒井君とネルシーニョ監督と大津君 »

レイソル2014 名将との別れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/60787409

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟戦を見ました!:

« ダ・ヴィンチ1月号にインタビュー | トップページ | 酒井君とネルシーニョ監督と大津君 »