« ジャンプでない | トップページ | 2014年のかわせひろし »

2014/12/30

2014年のレイソル

今年はネルシーニョ・レイソル最後の年となりました。

怒涛の追い込み、すごかったですねえ。ACLに滑り込みました。

正直、ニーヤンが抜け、田中君が抜け、モンちゃんと工藤君の調子は上がってこないとなった時、優勝争いよりも降格争いに巻き込まれるんじゃないかと、ひやひやしたのです。

攻撃のパターンを失ったように見えたから。

でも、そこから立て直した手腕は、本当にお見事。

モンちゃんの調子が上がってきたのも大きかったのですが、前三枚の攻撃を組み立て直し、サイドからのクロスに対して、飛び込んでいく形を作りました。

ネルシーニョさんは引き出しが多くて、ほんと名監督だと思います。

僕的には、ずーっと指揮取ってくれててもよかったんですけれど。残念だなあ。

終盤怒涛の追い込みと時期を同じくした、中谷君の急成長も、印象深かったです。

U-19も当初はスタメンじゃなかったところ、ぐぐっと伸びてポジションを取り、残念ながら世界大会は逃したけれど、その勢いのまま、ウチでも先発。出た試合では、思い切りのよいチャレンジと、落ち着いたボール回しを披露。

なんか来年このままスタメン取りそうな勢いです。来年のお楽しみなのです。

お気に入りの選手では、工藤君が、ポジションが代わりタスクが変わったため、昨年ほどの活躍ができなかったのが残念。本人も苦しんでいるように見えました。

しかしきっと、これも乗り越えてくれるはず。こちらも来年のお楽しみです。

来年は新監督になって、がらっとサッカー変わりそうです。松原フィジカルコーチと松本GKコーチが内部昇格。

ほんとにアカデミーから一本化するんですね。どうなるかなあ。

|

« ジャンプでない | トップページ | 2014年のかわせひろし »

レイソル2014 名将との別れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/60864891

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年のレイソル:

« ジャンプでない | トップページ | 2014年のかわせひろし »