« vsG大阪 連勝!!!! | トップページ | オシシ仮面 »

2014/10/24

妻担ぎ競争

W杯やらアジア大会やらサッカーの記事が多く、さらに僕が空いた時間を全部原稿に突っ込んでいたりして、気がつけば半年ぶりのにゅーすdeまんが。

こんな話題をどうぞ。

「妻担ぎ競争」北米大会、優勝賞品は運んだ女性の体重分のビール

米メーン州西部のスキーリゾート地で11日、男性が女性を背負って泥水の中などを走る障害物走「妻担ぎ競争」の北米大会が開催され、ジムオーナーのジェシー・ウォールさんと友人のクリスティナ・アーセナルさんのコンビが優勝した。

毎年恒例の大会で、「妻担ぎ」とはなっているものの、出場する2人組は必ずしも婚姻関係を結んでいる必要はない。優勝賞品や賞金には、アーセナルさんの体重と同じ重さのビールとその数値を5倍にした現金が贈られた。

「妻担ぎ」はフィンランド発祥のスポーツ。1990年代に始まり、世界中で人気が高まった。この日のイベントはフィンランドで開かれる国際大会の公式選考会で、ほかにもオーストラリア、スウェーデン、エストニアで大会が開かれている。

ロイター14/10/14

フィンランド・ソンカヤルヴィ発祥。求婚のために近隣の村から娘を連れ去る風習があったとの言い伝えがあり、それがスポーツに。

Wife_carrying

恥ずかしくてもぞもぞしていると、バランスを崩しそうになって、さらに森山先生に太もも、おしり辺りをしっかりホールドされてしまう、悪循環の奈緒子先生。

ちなみに写真を見たら、勝つためにもう恥ずかしいも何もなく、女の人はがっちりももで首を挟みこんでいます。優勝者を多く出している、エストニア・スタイルと言うんだそう。奈緒子先生には無理かなあ。

|

« vsG大阪 連勝!!!! | トップページ | オシシ仮面 »

にゅーすdeまんが2014」カテゴリの記事

コメント

スポーツの秋ですよね。妻担ぎ競争・・・男女ペアで女性を担いで走るんですね・・・。ケッタ君は智美ちゃんをおんぶしてじゃが丸さんが賞品のビールのために応援、奈緒子先生は大好きな森山先生に担がれて恥ずかしいけど嬉しい?勝つためには恥も外聞もないといいますが・・・この場合は参加することに意味がありますよね\(^。^)/

投稿: みゅー | 2014/10/24 11:56

うれしいやら恥ずかしいやらで、大変だと思います、奈緒子先生。
そして元プロサッカー選手の森山先生は勝負事になると人が変わるので、そんな奈緒子先生の恥じらいを気づいてないと思われます。

投稿: かわせ | 2014/10/24 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/60524796

この記事へのトラックバック一覧です: 妻担ぎ競争:

« vsG大阪 連勝!!!! | トップページ | オシシ仮面 »