« U-21vsネパール 詰めの甘さ | トップページ | なでしこvs台湾 意外にはらはら »

2014/09/23

偵察鳥栖vs甲府・仙台と鳥栖戦展望

前節、実はリアルタイムで情報を追っておらず、まずJリーグタイムを見て「負けたー! 菅野さんが退場したー!」と嘆いてブログを書き、その後エドゥアルドさんまで退場していたと知り呆然としていたかわせです、こんばんは。

しかも増嶋君も累積警告出場停止だって。やばい。ピンチ。

ということで、まず偵察。

2014J1第23節、甲府vs鳥栖は、1-0。

組織立った堅い守備と、ロングボールをいとわない、縦に速い攻撃。印象の似ているチーム同士の対戦です。

ただ、鳥栖はこの直前に天皇杯があって、コンディション的に不利でした。そのためか、迫力が今ひとつで、試合はどちらかといえば甲府優勢で進みます。

決勝点を上げたのは、甲府・盛田選手。CKを鳥栖の選手が触れ、コースが変わったのですが、とっさにうまく合わせて叩き込みました。盛田選手を見ていると、人生のドラマについて感じるものがあるんですよね。

FWとして入団したけれど芽が出ずに、その後DFに転向し、長く現役を続けます。昨年で一度契約が切れ、現役続行の危機となったのですが、チーム事情で再契約。さらにチーム事情で10年ぶりぐらいにFWに戻ると、渋い活躍をみせます。なかなか思いつかないよ、この展開。

第24節、鳥栖vs仙台は2-1。

前節はちょっと元気ない印象だった鳥栖ですが、この試合はコンディション良好。やはり守備では譲れない仙台との対戦で、各所で肉弾戦が繰り広げられました。

先制のチャンスが来たのはまず仙台。PK獲得。しかしウィルソン選手のキックは鳥栖GK林選手に止められてしまいます。

それに対して鳥栖のエース・豊田選手は、カウンターに抜け出し一度GKにシュートブロックされたものの、そのこぼれを拾った味方からもう一度回されたボールを、強気に叩き込んで先制します。

その後おたがいFKから1点ずつ。先制のチャンスを決めきったかが、大きく影響した試合となりました。

これをふまえて鳥栖戦の展望です。

まず攻守にわたって、切り替えと球際は負けたくない。そこを譲ると鳥栖ペース。

そして守備では。

まず、ウチのDFラインがどうなるかですよね。渡部君はケガから帰ってきてるんだろうか。とうとう中谷君の先発か。

鳥栖の攻撃はなんと言っても豊田選手です。そこでしっかり潰したい。

豊田選手へのクロスの供給源は、右・水沼、左・安田。ここも抑えたい。

セカンドボール争いで勝てればばっちり。

攻撃では。

モンちゃんが復帰できそうなのは朗報です。前3人の連携に期待です!

そして例えば右からクロスが入って、3人がうまく裏取ったり前取ったりして、どーんと押し込む形も希望!

悪い流れをホームで切る!!

がんばれ!!

|

« U-21vsネパール 詰めの甘さ | トップページ | なでしこvs台湾 意外にはらはら »

レイソル2014 名将との別れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/60350782

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察鳥栖vs甲府・仙台と鳥栖戦展望:

« U-21vsネパール 詰めの甘さ | トップページ | なでしこvs台湾 意外にはらはら »