« 流れ星☆ぼくらの願いがかなうとき | トップページ | U-19ベトナム遠征 連勝と不安 »

2014/09/10

日本vsベネズエラ 劇薬

キリンチャレンジカップ2014、日本vsベネズエラは、2-2。

酒井君は今日は休みで、高徳選手が右SBでフル出場。田中君は途中から。

多くの選手を見たいというアギーレ監督の意向が伝わってたので、まあそうかと、それは納得だったのですが。

それでも意外な先発メンバーでした。多く見たいということは、逆に代わらず出てる人は、外せない軸として考えられているということ。

GK川嶋、DF吉田、長友、MF森重、FW本田はいいとして。

細貝選手も連続先発。そんなに評価が高いのかとびっくりです。扇原選手が出て、今日は前は上手い系になるんだと思ってた。

大迫、柿谷と先発した上手い系FWも、あっさり交代だし。ほんと、戦えるかどうかが第一の評価基準なんだ、徹底しててすごいなと感心。

今までの選考基準、日本国内の評価基準と全然違う。

これは日本サッカーにとって劇薬だけれど、僕は賛成です。

W杯で、日本のサッカーの限界が見えたわけですよ。今までずっと、フィジカルでは負ける前提で選手を育ててきた。細かいパス回しで相手とぶつからず、守備は人数かけてカバー。一対一を避ける作戦。

そうした結果、一対一に弱い選手が育ってしまった。ドグロバには腰が引け、カウンターは止められず。なんか他の強豪国の試合見てたら、日本の試合はボディコンタクトはファールの別の競技をしてるみたい。それぐらい球際に差があった。

基準を世界に合わせて引き直すのは、必要なことだと思います。

ただ、やっぱりボールの回りは悪くなる。インサイドMFは肝になると思われます。戦える上にパスもさばいて、走らないと。田中君、がんばれー!!

あと失点が全部ミスがらみで、この状態では守備が締まらないので、これが改善されるかどうか。酒井君、がんばれー!!

今までと違うコンセプトでチーム作る分、結構苦労しそうな気もします。次の試合はどうなるのか、注目ですね!

|

« 流れ星☆ぼくらの願いがかなうとき | トップページ | U-19ベトナム遠征 連勝と不安 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/60204913

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsベネズエラ 劇薬:

« 流れ星☆ぼくらの願いがかなうとき | トップページ | U-19ベトナム遠征 連勝と不安 »