« vs川崎 初ゴール二つ!!!! | トップページ | ジブリ解散 »

2014/08/04

うなぎの未来

今年は7/29が土用の丑の日だったそうです。うなぎの日。

ただ、うなぎの旬は脂の乗る晩秋から初冬。土用の丑の日にうなぎを食べるというのは、江戸時代あたりに始まった、一番味が落ちて売れない時期を乗り切るための宣伝戦略だったということを聞いて、僕はすっかり食べる気ないんですが。

うなぎと言えば最近は、乱獲や気象変化による回遊ルートの変化で漁獲高が減少。資源保護のため、食べられなくなるのではないかと話題になっています。

中国からの輸入うなぎは、稚魚を輸出しているヨーロッパが規制。今年の冬あたりから入ってこなくなるみたい。

でもスーパーで売ってる安いうなぎって、たまにゴムみたいな味がするので、最近あまり買っておらず、こちらも僕には痛手ではなくて。

これを期に期待されるのは、完全養殖うなぎの実用化です。

技術的には成功して、現在はコストダウンの技術を探っているところ。まだまだ高くて実用化は先のようですが。

マグロもですけど家畜化すると、牛や豚のように、さらにおいしいのができるんじゃないかとも思うんですよね。

おいしいうなぎは本当においしいのに、それが神戸牛とか松坂牛のように飼育技術と品種改良でさらにおいしくなったら、どうなってしまうのか。

土用の丑の日には踊らず、安いうなぎもどうでもいい僕ですが、それは真面目に食べてみたいです。

早くそんな未来が来ないかなあ。じゅるり。

|

« vs川崎 初ゴール二つ!!!! | トップページ | ジブリ解散 »

日記・つぶやき2014」カテゴリの記事

コメント

こんばんは かわせ先生♪ 丑の日にうなぎたべましたよ タレがかかりすぎで甘くて残念なうなぎ定食でしたけど(笑) おいしいうなぎ食べたいです 養殖がうまくいってタレでごまかさないうなぎたべたいです(´ω`)

投稿: さとみっくす | 2014/08/04 22:54

実は僕は、あの甘いタレが好きだったりします。タレとご飯でいいのではないか。(←味覚が安い)
でも、お高いうなぎ屋さんに初めて入った時、白焼きが出てきて、「タレついてないうなぎなんて……」と思ってたら、ふわっふわでめちゃうまい。
これは別の魚なんじゃないのか! と思ったんですが、うなぎ屋さんの腕ももちろんのこと、実際ほんとに別品種なんですよね(^^;;)
おいしいうなぎが気軽に食べられるようになるといいですねー。

投稿: かわせ | 2014/08/05 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/60091907

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎの未来:

« vs川崎 初ゴール二つ!!!! | トップページ | ジブリ解散 »