« 月刊群雛7月号 | トップページ | 癒され番組 »

2014/07/11

ブラジルW杯 その15 準決勝

準決勝、ドイツvsブラジルは7-1。

びっくりですよ。

どっちが勝つか分からないなーとは思っていたけど、こんな大差は頭の片隅にもなかった。

大会前に「ブラジルが優勝する。ネイマールがいるからではない。チアゴ・シウバがいるからだ」みたいな地元の声を聞いたんだけど、ほんと、それが響いちゃったのでしょうか。この試合は警告累積で出場停止。

1失点目はCKでみんなニアに引き寄せられて、ファーにぽっかりどフリー。2失点目を喫したら、明らかに同様が走り、DFラインはずるずる下がって後手後手に。そこから6分間でさらに3失点。前半5-0で試合が決まってしまいました。

試合の入りはむしろブラジル押してたのにねえ。

主将で守備の要の存在が、本当に大きかったんだなあと感じた試合でした。

アルゼンチンvsオランダは0-0(PK4-2)。

ドイツvsブラジルに対して、こちらは守り合い。

攻撃の軸がメッシ、ロッベンと分かりやすいため、徹底マークです。特にアルゼンチンのマスチェラーノは、ロッベン封じに大活躍。

オランダのファン・ハール監督は、前の試合でPK戦に向けGK交代という策をとりましたが、今回はなし。正GKシレセンは4本中2本のコースを読んでましたが、止めきれず。

代わりにPK一番手が普段蹴らないフラールで、データを使わせないという奇襲でしたが、これは裏目に。PKにもドラマがありました。

さあ、決勝はドイツvsアルゼンチン。さあ、マラドーナの時と同じカードですよ! コンディション的にドイツ有利かなと思うけど、はたして!

|

« 月刊群雛7月号 | トップページ | 癒され番組 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59934834

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルW杯 その15 準決勝:

« 月刊群雛7月号 | トップページ | 癒され番組 »