« TMvs全南 経過良好 | トップページ | 「君の守護者」第2章 »

2014/06/26

ブラジルW杯 その10 日本に必要なこと

C組、日本vsコロンビアは1-4。

日本は結局、勝ち点1のC組最下位でグループリーグ敗退。

FIFAランキングって、ちゃんと強さを表してるの? とよく疑問がはさまれますが、C組はきれいにその通りになりましたねー。がっかり。

僕の戦前予想は「守備次第。踏ん張れば結構勝ち進み、だめだと惨敗の両極端」でしたが。

悪い方が当たった……。

分岐点は、直前の試合だったような気がします。ザンビア戦の4-3ロスタイム決勝弾は、見てる分には面白い試合でしたが、試合後のコメントでいろいろな選手が、守備の不安を口にしていました。

あれで初戦、気持ち後ろ重心になってしまい、悪い流れに入ったのではないでしょうか。隣の死のD組を首位突破したコスタリカには勝ってるからね。

さて、がっかりな惨敗だったわけですが、この敗戦を今後に生かさないといけません。

ということで、いろいろと振り返ってみると。

南アW杯は必死のガチ引きで勝ちを拾い、今回はそこから、自分達のサッカーで攻め勝ちに行こうとしたわけですが。

これは長いスパンで考えたら、そうするのが当然なことです。いつか優勝したいなら、主導権取れるようにしないと。でも今回は自分達のサッカーで世界に勝つには、まだ足りなかった。だから何を高めるかと考えるべき。

その時人数かけてパスで攻めようというのも、合理的判断です。日本人の特性として世界に対して優位なのは、俊敏性、器用さ、勤勉さです。逆に不利なのは、高さと、長い距離のスプリント。

岡田ジャパン方式では、守備位置が低いので長い距離のカウンターを仕掛けないといけなくなりますが、それに向いたスピード系のFWは、ブラックアフリカンだったら続々出てくるんだろうけど、日本ではたまにしか出てこない異能です。

だから、人数かけた組織的パスサッカーは、これからも突き詰めないと。

問題なのは、それに伴う弱点が、ほったらかしなことだと思います。しかもこれはザッケローニ監督がほっといたんではなくて、すでに育成の段階から見てとれます。

人数かけて高い位置でポゼッションを高めたら、当然カウンターを受けるリスクが高まります。ということは、CBが数的同数で守る場面とかが増えるわけで。

例えばこの試合で、3、4失点目は攻めに行ってたからしょうがないという見方もあるでしょうが、前がかりは普段からしようとしてるんだから、あの状態で守れないと、怖くて前に出られなくなってくわけですよ。

失点はCBだけの問題じゃないけど、最後の砦が踏ん張ってくれると、とてもありがたい。あれに対応できる人材を、もっと意識して育てたい。

これは僕の悲しい記憶に基づいた、確信なのです。

僕は石崎レイソルが大好きでした。ずっと続いてほしいと思ってた。ところがクラブは、もっと上を目指そうと監督交代を決意。

結果ハイプレスショートカウンターからポゼッションサッカーに舵を切ったら、さらに前がかりになって、カウンターばかすか食って降格ですよ。ネルシーニョ監督が立て直してくれたからいいようなものの。

それ以来思っているのが、人数かけて攻めるなら、少人数で守れるフィジカルモンスター系CBがほしい、人数かけて守るなら、少人数で攻め切れるモンスター系FWがほしい、ということです。逆がポイント。

これかなり優先順位高いと思うんですよね。例えば2011U-17W杯ベスト8の岩波(神戸)&植田(鹿島)。

ユース代表はパスサッカーを目指して、いつもCBにビルドアップ能力は高いけどちっちゃい、みたいな選手を選び、韓国にパワープレー仕掛けられ負けて、何度やられたら気がすむのだと僕発狂というパターンなのですが。

この二人は180cm台後半と大きかったし運動能力も高かった。中盤省略してロングボールを蹴られても、ことごとく跳ね返していた。好成績の主因だと思います。大きく育ってほしいなー。リオ五輪はG大阪の西野選手もでかいし、期待感あるんですよね。

ACLでもそういうパターンで負けているし、日本全体で、でかくて速くて強い上にビルドアップができますという、パスサッカーを支えるスーパーCBを育てていかないと、世界で勝つのは難しいのではないかと思います。

次の代表にはC大阪の山下選手とか、呼ばれるだろうか。鈴木君もがんばって!

あと、ポゼッションしてゴール前に押し込んだら、当然ブロック作られるわけだから、それを引っ張り出すためにも、もっとミドルシュートがほしいですよね。

他の試合と見比べていると、日本のシュートレンジとシュートパワーは、明らかに劣っています。

今回の代表でミドルシュートが得意な人というと、大久保選手かなあと思うんですが、あのレベルが標準装備になってほしいです。みんな普段からもっと狙おう! ウチだと田中君。もっと決めていいよ!

この二点が、今後日本全体で意識して、レベルを上げてくところなのかなあと思いました。

あと、流れとしてちょっと悪かったなと思うところも。

香川&本田の日本のエースがコンディションいまいちだったこと。本田選手はケガもあったけど、香川選手はモイーズが悪い(-゛-メ)

FWの軸が定まらなかった。ただ、日本人FWのレベルがぐっと上がったのが去年からで、入れ替えが遅くなったのは仕方ないかも。

いろいろ積み重なって負けてるんですよね。

そして最後に個人的に残念だったのは。

酒井君の出番が一度もなかったことです(嘆)

見たかったなあ。次こそ!!

|

« TMvs全南 経過良好 | トップページ | 「君の守護者」第2章 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪かわせ先生
酒井君…そういえば…でてなかったですね( ̄ロ ̄;)!!残念です~
ザッケローニ監督辞めちゃうみたいですね…次はどんなチームになるかなー 少しずつでいいからレベルアップしてほしいです

投稿: さとみっくす | 2014/06/26 22:23

負けちゃったけど、攻めのレベルは上がったと思うので、守備と両立させたいですねー。
そして次は酒井君がレギュラーで!

投稿: かわせ | 2014/06/27 12:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59874911

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルW杯 その10 日本に必要なこと:

« TMvs全南 経過良好 | トップページ | 「君の守護者」第2章 »