« COMICリュウ8月号 | トップページ | ブラジルW杯 その8 アジア勢未勝利 »

2014/06/23

ブラジルW杯 その7 死の組大波乱

連敗で、二戦目で敗退決定のチームがぽつぽつ出てくるわけですが。

D組、ウルグアイvsイングランドは2-1。

スペインに続き、イングランドも連敗で敗退決定。ああー……。

スアレス、ルーニーと両国のエースが点を取り、さあ次はどちらがというところで、点を取ったのはスアレスでした。

GKからのロングフィードを競って、裏へこぼれたボールをドカンという、これ以上ないシンプルな形なんだけど、決定力のあるストライカーがいれば、それで十分決まっちゃう。いいなー。

D組、コスタリカvsイタリアは1-0。

D組が死の組と言われたのは、ウルグアイ7位、イタリア9位、イングランド10位と、ランキング上位でかつW杯優勝経験国という強豪がそろったからなのですが。

連勝で一抜けしたのは、一人蚊帳の外じゃないかと思われていた、最弱28位のコスタリカでした! 大波乱!

しかもイタリア得意のウノゼロ(1-0)ですよ。がんばったなあ。

日本もランキングではグループ最弱なんだけど、コスタリカみたいにひっくり返したいですねえ。

ちょっと仕事が押しているので、今日はここまで。

|

« COMICリュウ8月号 | トップページ | ブラジルW杯 その8 アジア勢未勝利 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59852961

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルW杯 その7 死の組大波乱:

« COMICリュウ8月号 | トップページ | ブラジルW杯 その8 アジア勢未勝利 »