« かってに新連載 | トップページ | ブラジルW杯 その6 まだまだ!! »

2014/06/20

ブラジルW杯 その5 無敵艦隊沈没

H組、ベルギーvsアルジェリアは2-1。

ベルギーもいつも応援しているチームです。

でもきっかけが、若かりしシーフォが華奢な体でがんばってボールキープして、前線につなげていたのを判官びいきで応援したからなので、今回のタレントぞろいと言われるチームには、とても違和感があります。いつももっと地味なのに(^^;;)

フェライニとかヤヌザイとか、マンチェスターUの選手がベンチスタートなんだよ。

試合はアルジェリアがPKで先制、ベルギーが途中交代のフェライニが同点弾、試合終了直前メルテンスが逆転弾。

どこまでいけるか、楽しみです。

H組、韓国vsロシアは1-1。

チャンスさんとグギョン君は元気かなーと観戦。グギョン君が先発です。

韓国の得点は、イ・グノ選手のミドルシュートをロシアGKが正面なのにファンブル。特に無回転ということもなくて、すごい凡ミス。GKはかなりの大ショックだったようで、その後けっこう引きずっている様子でした。

しかしロシアはすぐに同点に。サイドから崩していって、ゴール前混戦のチャンスを見逃さず得点。

最後ロシアが押し込みましたが、試合はそのまま引き分け。この組はベルギーが抜けてる感じだけど、二位争いはどうなるかな。

ここから2試合目、A組ブラジルvsメキシコは0-0。

ロンドン五輪決勝のカード、その時はメキシコ勝利。

試合前から、会場はすごい盛り上がっています。国歌斉唱の時に感極まったかネイマールが涙するという大一番です。

試合はスコアレスドローですが、むしろ攻め合った一戦。メキシコGKオチョアの活躍が光りました。

南米での大会では南米の国が優勝というジンクスがあるんだけど、メキシコは南米よりにカウントしていいのかな。ダークホースで優勝もあるような気がします。

B組、オランダvsオーストラリアは3-2。

大会前、オランダが守備の安定のために5バックにする、という記事を見たので、今回は少し守備的になるのかなーと思っていたら。

ふたを開けたら、2試合で8得点のど派手な試合運びですよ。やっぱりDNAに刷り込まれてるんだな、攻撃サッカー。

一時オーストラリアがリードしたのでアジアの気概を見せるのかと思ったのですが、そうは問屋が卸さない、オランダ大逆転勝ちでした。

B組、チリvsスペインは2-0。

初戦、衝撃的な負け方をしたスペインが、2連敗で早々に敗退決定。

前回優勝、欧州選手権も二連覇のスペインが、まさかこんな負け方するとは想像もできなかったです。この試合も、良さを消されて力負けの雰囲気。

スペインの覇権が続き、組織的パスサッカーがトレンドだったけど、その流れが変わったりするのでしょうか。取りあえず、オランダもチリもウイングバックを置いた守備時5バック。ゴール前のスペースを消してきました。

日本でもはやってきているシステムですが、さてさて。

そういうところも注目なのです。

|

« かってに新連載 | トップページ | ブラジルW杯 その6 まだまだ!! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59836089

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルW杯 その5 無敵艦隊沈没:

« かってに新連載 | トップページ | ブラジルW杯 その6 まだまだ!! »