« ぐでんぐでん | トップページ | 春だから »

2014/04/11

偵察川崎vs名古屋・徳島と川崎戦展望

ACLに配慮して、一日早い金曜日開催の川崎戦。「金曜ロードショー~夜の等々力劇場~」と銘打たれています。川崎はこういうのがうまいなあと感心。

でも主役はいただきますよ! ということでまずは偵察。

2014J1第5節、川崎vs名古屋は1-0。

スコアは最小だけど、タレントをそろえた両チーム、守り合いじゃなくて攻め合い。それをゴール前で身体を張って守る展開。

しかし後半になると差が出てきます。川崎のポゼッションは長短のボールを織り交ぜているうえに、ここぞという時のパスが強い。狭いところへズバッと通してきます。

そしてそれを、スペースとは思えないような狭いところでも正確に扱う技術。大久保選手の得点は、そういうものが結実した得点でした。

第6節、徳島vs川崎は0-4。

先制点はオウンゴール。左サイドで川崎レナト選手が鋭い切り替えしで突破、角度のないところからのシュートをGKがかろうじて触ると、それが後ろのDFに当たってしまいました。あの突破で勝負あり。

2点目は大久保選手のロングシュート。コメントによれば風上を意識していたそうで、徳島守備陣の意識外だったんだろうなあという虚を突くタイミング。この積極性が、さすが昨年得点王です。

3点目は森嶋選手。左SB谷口選手のマイナス気味のクロスをボレー。中に徳島DFは人数いたんですが、それでも狭いスペースを通す川崎の攻撃力。4点目はCKのこぼれをもう一度放り込んで、ジェシ→稲本。

大差の試合になりましたが、ほぼハーフコートのゲーム展開で、もっと点が入ってもおかしくなかった。コイントスで前半風下を選んだ徳島は、前半耐えて風上の後半勝負のプランだったのでしょうが、川崎相手にそれを実現する守備の耐久力がありませんでした。

ということで川崎戦の展望です。

守備では。

とにかく川崎の攻撃力はすごい。現在JでNo.1ではないでしょうか。ただのポゼッションではなくて、狭いところを通し、狭い裏も狙いと、前に進む推進力があります。あと、崩して裏を取った時に、GKとDFラインの間に思い切り速いクロスを通すのは徹底されている感があり、要注意です。

個人で言えば、まずなんといっても大久保選手です。川崎の攻撃力を体現する選手。川崎に来てから、シュートレンジが広がったような気がします。少しでも隙を見せると撃ち抜いてくるので、常に警戒で。

そして、ボランチから攻撃陣を操る中村選手を警戒しないといけないのもいつも通り。グラウンダーのパスでつないでくる川崎の中、ふわりと浮かした裏へのパスなど、発想の多彩さではやはり出色。余裕を持たせたくない。

とにかくあわてず、辛抱強く体を張ること。

攻撃では。

カウンター狙いの展開になるのではないかと予想されます。でも、それはウチの武器の一つなので、ズバッと決めたい。ニーヤンは帰ってくるのだろうか。

速い展開になったらモンテーラさんが生きてくるのではないかと思います。連発してー!

代表合宿の練習試合では、工藤君は無得点だったようですが、その分こっちで取ればいいのです! ずどんと決めてー!

前に出ていく速さという点で、高山選手にも期待です!

強いチームを連続で叩いて、上位争いに参戦だ!!

がんばれ!!

|

« ぐでんぐでん | トップページ | 春だから »

レイソル2014 名将との別れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59440109

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察川崎vs名古屋・徳島と川崎戦展望:

« ぐでんぐでん | トップページ | 春だから »