« 原稿出しました | トップページ | vs浦和 大逆転勝ち!!!! »

2014/04/26

偵察浦和vs名古屋・川崎と浦和戦展望

GW連戦に突入! まずは偵察。

2014J1第7節、名古屋vs浦和は1-2。

先制点は永井選手。FKからヘディングの折り返しをしぶとく押し込みました。これが嬉しい復帰後初ゴール。けれど後半、勢い余って二枚目のイエローで退場となってしまいました。永井選手は日本のためにももっと伸びてほしいです。

先制されたあとは浦和の猛攻が続きました。名古屋も体を張っていましたが、セカンドボールを拾われ波状攻撃を受けます。後半の同点弾は原口選手。左サイドからペナルティエリアへ得意のドリブルでカットインしてシュート。

前述の通り永井選手が二枚目イエローで退場。切り替え早く、長い距離を走って戻って守備に入ったんだけど、勢いつきすぎていて、相手の足に引っかかってしまいました。名古屋10人で、ますます浦和攻勢へ。

逆転弾は後半アディショナルタイム。CKのこぼれを那須選手がシュート、興梠選手がコースを変えました。ほぼラストプレーで浦和が劇的勝利となりました。

第8節、浦和vs川崎は1-0。

お互い高い技術を持った攻撃を、激しい守備で封じ込める展開。見事なプレスと、それをすばやいパスワークやターンではがすシーンが交互に訪れる、非常に引き締まった攻ゲームでした。

特に浦和の守備は、出足鋭く運動量多く、お見事。

唯一の得点は、青木選手の大きなサイドチェンジを、右アウトサイドの梅崎選手がダイレクトで折り返し、左アウトサイドの宇賀神選手がシュートという、とてもダイナミックなもの。

コメントで練習していたと言ってましたが、確かに前半からダイレクトのクロスを逆サイドまでというシーンがしばしばありました。あの展開は要注意。

というわけで浦和戦の展望です。

昨年に比べ、守備がタイトになっている印象。攻守とも切り替えと球際がまず勝負です。

そして守備では。

まず1トップ2シャドーを封じることですが、中でも原口選手が切れています。ドリブル要注意。

そして前述の通り、クロスに対して逆サイドまでは狙っているようなので、こっちのサイドも放さず戻ってくること。

攻撃では。

サイドの攻防は高山さんが勝負の鍵を握っているような気がします。しっかりついて戻るだけでなく、そこから出ていくスピードで、優位を取りたい!

Wレアンドロ欠場で、シャドーに先発予想なのが太田君。太田君と浦和戦と言えば、去年のナビスコ杯決勝。今度は正真正銘の大活躍を希望です!

そしてトップ予想の工藤君がドカンと決めてくれれば完璧!

連戦初戦を白星で!!

がんばれ!!

|

« 原稿出しました | トップページ | vs浦和 大逆転勝ち!!!! »

レイソル2014 名将との別れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59487135

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察浦和vs名古屋・川崎と浦和戦展望:

« 原稿出しました | トップページ | vs浦和 大逆転勝ち!!!! »