« COMICリュウ6月号 | トップページ | もう書いてた »

2014/04/22

「二葉」物語

はじめての柴犬警察犬 「二葉」物語 (文・秋山みつ子/写真・秋元良平)を読みました!

まず一言!

 

二葉かわええええ!!!!

 

警察犬の出てくる話を書いてるから、資料で読んだんですよ。

警察犬には、警察で飼ってる直轄犬と、一般の家で飼われている嘱託(しょくたく)犬がいて、嘱託犬の方は審査に合格すれば、小型犬でもなれるのだそうです。この本はその中で、はじめて柴犬として合格した二葉のお話。柴犬は頑固だから警察犬に向いてないとされてたんだって。

写真もたくさん載っていて、まあかわいいったら。一番気に入ったのは審査会の幅跳びで、台の上をびよーんと飛び越えている写真。すっごい飛んでる。

お母さんの二歩は、きりっとしていてきれい。

ということで、とても楽しく読みました。

ただ、資料としては普通の警察犬の事情が知りたいのですが、検索かけると、この二葉の他に、トイプードル警察犬のカリンとフーガとか、ミニチュア・シュナウザーのくぅとか、レトリーバーだけど審査落ちてばかりで有名になったきな子とか、特別なケースの本が当たります。

この本も「柴犬が受かった」が話題になっての本だから、実戦のシーンが少ないんですよね。

出版てそうだよな、話題ないと売れないもんなと、現実の厳しさも感じたのでした。フックをちゃんと作らないとねえ。

|

« COMICリュウ6月号 | トップページ | もう書いてた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59479082

この記事へのトラックバック一覧です: 「二葉」物語:

« COMICリュウ6月号 | トップページ | もう書いてた »