« なでしこvsドイツ 力負け | トップページ | vs名古屋 勝ちなしに »

2014/03/15

偵察名古屋vs清水・大宮と名古屋戦展望

名古屋戦の偵察です。名古屋は新監督になり、さらにメンバーが結構変わっていて、その辺に注目して見ていました。

2014J1第1節、名古屋vs清水は2-3。

先制点は清水。クリアボールを拾った大前選手がシンプルに前線へ。長澤選手が落として高木俊選手がドン。クリアの前にも長澤選手がロングボールに競り勝っていて、ターゲットがしっかりしてると強いなという印象。

対する名古屋はサイドからクロスを玉田選手がつないでケネディ選手のボレー。ケネディ選手は調子よさそう。次の逆転弾も中央で競ってアシスト。

そして逆転弾は闘莉王選手ですが、なぜか流れの中で前線に。たまたまじゃなくて、そのだいぶ前から攻撃時は前に上がってた。今年はFW闘莉王はやめると聞いていたけど、攻撃好きは健在です。

同点弾はCKから。ニアで引きつけられてぽっかり空いたところに平岡選手。平岡選手のヘディング得点は去年も見ていて印象強いのです。

そして逆転弾はノヴァコヴィッチ選手のちょっと下がりながらの見事なボレー。さすがです。

激しいシーソーゲームになったこの試合。名古屋はDFとボランチで昨年の先発から大きく変わっていて、その分ちょっとしたずれがあるかもしれません。

第2節、大宮vs名古屋は1-2。

名古屋の先制点は後半になってから。ケネディ選手がスルーパスを出し玉田選手が裏を取りました。いろいろ選手が入れ替わっているけれど、この2トップは長く組んでて、阿吽の呼吸です。

追加点は、CKからの流れで大宮の選手が上がっていた所でカウンター。自陣ペナルティエリア前でパスを受けた小川選手が爆走です。そのまま相手ペナルティエリアまでドリブルで運んで自分で決めました。すごい。

大宮の追加点はCKの流れで押し込んで、今度は決め切りました。スローインからズラタン選手が浮かせて、菊池→高橋のCBコンビで得点。

その後も大宮は攻め立て、終了間際にはパワープレーからゴールネットを揺らしますが、惜しくもオフサイド。かなり思い切ってリスクを取っていたので、残念なシーンでした。

ということで名古屋戦の展望は。

守備では。

準備してたはずの3バックの出番が今季まだないのですが、名古屋は2トップ。使いどころですがどう出るのか。4-2-3-1を準備しているという情報もあり、策士ネルシーニョ監督の采配にまず注目です。

ストイコビッチ監督の時より、攻撃は距離を詰めて中央寄りになっているような雰囲気。ケネディ選手に当ててのセカンドボールも奪いたいので、中をきっちり締められるか。

球際で負けず、どれだけマイボールにできるかが重要。

攻撃では。

DFラインの顔ぶれが大幅に変わっていて、若手三人、うち一人は強化指定の大学生。身体能力は高そうだけれど、経験不足を突きたいところ。

Wレアンドロ&工藤のコンビネーションで翻弄するシーンが見たいです!

エルゴラ予想では田中君が先発。左サイドからTJ砲炸裂を期待!

早く欲しいな初白星!!

勝ちましょう!!

|

« なでしこvsドイツ 力負け | トップページ | vs名古屋 勝ちなしに »

レイソル2014 名将との別れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59270431

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察名古屋vs清水・大宮と名古屋戦展望:

« なでしこvsドイツ 力負け | トップページ | vs名古屋 勝ちなしに »