« 物語ること、生きること | トップページ | vs大宮 追いつかれた »

2014/03/29

偵察大宮vs川崎・仙台と大宮戦展望

前節リーグ今季初勝利を受けての大宮戦です。まずは偵察。

2014J1第3節、川崎vs大宮は3-4。

先制点は大宮でした。CKから。菊地選手の打点はめっちゃ高い。

同点弾はオウンゴール。でもそれを誘発した川崎の崩しは見事です。スルーパスを出した中村選手が直前に、そこへ行けと指で指示を出していた姿が貫禄があり、いかにも司令塔っぽくて印象的。

トップにボールが収まらず、川崎に押し込まれてた大宮が起死回生の2点目を取りました。家長選手がワンツーでペナルティエリアに侵入、小さなキックフェイントで囲んできたDFの動きを一瞬止め、さらに突破してゴール奪取。めちゃうまい。

攻めながら点の取れない川崎は、ちょっと攻め疲れが出てきたかもしれないと思っていたら、レナト選手の同点弾が炸裂。その後は川崎がさらに攻勢を強めます。スルーパスを受けターンした小林選手の放ったシュートを大久保選手が押し込んで逆転。

川崎が圧倒的に優勢だったので、残り時間も少ないし、これで決まりかと思っていたのですが。

ところがここから大逆転があるからびっくり。FKからまた菊地選手に決められ、最後はロスタイム、カウンターからチョ・ヨンチョル選手がニアをぶち抜きました。

大宮は4点取れるような内容じゃなかったけれど、川崎の守備のもろさに助けられた感じでした。

第4節、大宮vs仙台は4-0。

先制点は本当に開始直後。家長選手のクロスから、渡邉選手。前節からの勢いを感じさせる出だしです。

追加点は、ズラタン選手に仙台DFが二人食いついて味方同士で重なってしまい、フリックしたボールに触れず。きれいに大宮SB今井選手が抜け出して、GKとの一対一で落ち着いて脇を抜いてゴールを決めます。

3点目は家長選手でした。右サイドで粘りに粘って抜け出して、PK獲得。身体の入れ方がうまい。それを自ら決めました。そして4点目も家長選手。裏へ抜け出し、渡邉選手からの浮き球のパスをナイスコントロール。一発で収めて落ち着いてゴール。ほんと、うまい。

仙台は、攻撃が昨年までの狙いがはっきりした状態に比べ、なんとなくぼんやりしているのが気になりました。新監督の色に染め直している途中でしょうか。

守備では。

前線4人は個の力があり、要注意です。がっちり行きたい。

中でも特に家長選手には、最大級の警戒を。最上級の技術で、試合を決められる選手です。

金澤選手の3列目からの飛び出しも、見落とさないように注意。

攻撃では。

前節得点のモンテーラさんの連続得点を希望! ここから本領発揮してほしい!

そしてWレアンドロ&工藤のコンビネーション炸裂に期待!

橋本君を揺りかごダンスで祝いたい! 自分で決めてなら最高! セットプレー?

難敵下して連勝街道へ!!

勝ちましょう!!

|

« 物語ること、生きること | トップページ | vs大宮 追いつかれた »

レイソル2014 名将との別れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59296643

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察大宮vs川崎・仙台と大宮戦展望:

« 物語ること、生きること | トップページ | vs大宮 追いつかれた »