« 推敲中あとちょっと | トップページ | vs徳島 初勝利!!!! »

2014/03/23

偵察徳島vsC・Mと徳島戦展望

ナビスコ杯勝利を受けて、上げ潮で迎える徳島戦! まずは偵察。

2014J1第2節、徳島vsC大阪は0-2。

守備の厳しさの差が見えます。徳島は、FWは前から行こうとしているんだけど、次がちょっと遅れていてプレスをかわされてしまう。対するC大阪は、球際厳しく、セカンドボールをばんばん拾って攻撃につなげて行く。

先制は山口選手の見事なFKでした。ゴール右上ぎりぎりに決めて、あれはGKは届かない。2点目は左サイドを崩してグラウンダーのクロス。背走する徳島・千代反田選手が足を伸ばしてカットしようとしてオウンゴール。どちらもC大阪がゴリゴリと攻め続けていた時間帯。

しかし後半になると徳島も修正してきて、さほどのピンチはなく、逆に風下で裏へのボールが止まることもあって、カウンターでのいい場面もありました。ドウグラス選手は空中戦強い。

注目のフォルラン選手は後半途中から。シュートはありましたが、やはりまだ細かい呼吸は合っていないようでした。

第3節、マリノスvs徳島は3-0。

先制点はマリノス。中村選手のさすがの高精度FKから冨澤選手のヘディング。問答無用の武器があるのは強いです。

前半は圧倒されていた徳島が、後半ペースを取りもどしていたんだけど、それを断ったのもマリノスのセットプレーでした。中村選手のFKのこぼれをつないで伊藤選手。FKは最初ダミーで藤本選手が走りこんでいて、二枚刃になっているのも怖い。

3点目は崩しから。左サイドから崩してワンツーで中央を抜け出し、藤本選手が落ち着いて決めます。下平、三門、藤本と新加入選手が多く絡んでのきれいな崩しは、うまくフィットできてるんだなあと感じさせます。

徳島は不用意なファールだったり、パスミスで押し上げられなくなったり、まだJ1に慣れていない感じがにじんでしまっていました。

ということを踏まえて、徳島戦の展望です。

守備では。

徳島はまだJ1のプレースピードに慣れていない感じで、寄せを厳しくされると手詰まり感があります。そこは狙いたい。

個の力という点では、注意はやはりブラジル人選手です。懐かしい顔はアレックスさん。キック精度は健在で要注意。

誰かに似ている顔はクレイトン・ドミンゲス選手。そうですニーヤンの弟なのです。顔だけでなく走る姿勢もどこか似ています。徳島劣勢の展開が多くて、なかなかいいボールが入ってなかったけれど、ドリブルキープは巧みです。

ゴール前ではドウグラス選手は空中戦強いです。がっちり寄せて。

攻撃では。

なんと言っても、兄弟10番対決でしょう! 当然兄の貫禄を見せ付けるのです! 

最近好調の左から崩して、右から入ってきたニーヤンがズドンと突き刺す展開を希望!

ニーヤンが決めたらWレアンドロ揃い踏みも見たい! モンテーラさんが決めれば、チームはさらに上げ潮に!

エルゴラでは渡部君が先発予想ですが、セットプレーからまたドカンと決めてくれたら完璧!

ぜひともほしいリーグ初勝利!!

勝ちましょう!!

|

« 推敲中あとちょっと | トップページ | vs徳島 初勝利!!!! »

レイソル2014 名将との別れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59257072

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察徳島vsC・Mと徳島戦展望:

« 推敲中あとちょっと | トップページ | vs徳島 初勝利!!!! »