« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014/03/31

U-22選抜vs秋田 初出場!!

2014J3第4節、U-22選抜vs秋田は、2-1!!

今回は、中谷君が呼ばれてて、最後の方で交代出場!!

10分ほどだったけど、とにかくちょっとしたところからコツコツ実績を積むのです。

特に今季ウチのCB陣の中では、中谷君は明らかに修業の身なので、こういう機会が大切。がんばってー!

ふと気づいたんですが、これって公式記録的には、プロ初出場になるのでしょうか? そうだとしたら、小林君も初出場を果たしていたことに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/30

vs大宮 追いつかれた

2014J1第5節、vs大宮は2-2。

追いつかれるとはー……。

仕事しながら速報追ってて、2点先行した時には、もうウキウキだったのですが。

橋本君がセットプレーの流れで得点して、自分の希望がかなったのになあ。

同じ仕事場のFC東京サポは、快勝で喜んでいて、いいなあと指をくわえて見てたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/29

偵察大宮vs川崎・仙台と大宮戦展望

前節リーグ今季初勝利を受けての大宮戦です。まずは偵察。

2014J1第3節、川崎vs大宮は3-4。

先制点は大宮でした。CKから。菊地選手の打点はめっちゃ高い。

同点弾はオウンゴール。でもそれを誘発した川崎の崩しは見事です。スルーパスを出した中村選手が直前に、そこへ行けと指で指示を出していた姿が貫禄があり、いかにも司令塔っぽくて印象的。

トップにボールが収まらず、川崎に押し込まれてた大宮が起死回生の2点目を取りました。家長選手がワンツーでペナルティエリアに侵入、小さなキックフェイントで囲んできたDFの動きを一瞬止め、さらに突破してゴール奪取。めちゃうまい。

攻めながら点の取れない川崎は、ちょっと攻め疲れが出てきたかもしれないと思っていたら、レナト選手の同点弾が炸裂。その後は川崎がさらに攻勢を強めます。スルーパスを受けターンした小林選手の放ったシュートを大久保選手が押し込んで逆転。

川崎が圧倒的に優勢だったので、残り時間も少ないし、これで決まりかと思っていたのですが。

ところがここから大逆転があるからびっくり。FKからまた菊地選手に決められ、最後はロスタイム、カウンターからチョ・ヨンチョル選手がニアをぶち抜きました。

大宮は4点取れるような内容じゃなかったけれど、川崎の守備のもろさに助けられた感じでした。

第4節、大宮vs仙台は4-0。

先制点は本当に開始直後。家長選手のクロスから、渡邉選手。前節からの勢いを感じさせる出だしです。

追加点は、ズラタン選手に仙台DFが二人食いついて味方同士で重なってしまい、フリックしたボールに触れず。きれいに大宮SB今井選手が抜け出して、GKとの一対一で落ち着いて脇を抜いてゴールを決めます。

3点目は家長選手でした。右サイドで粘りに粘って抜け出して、PK獲得。身体の入れ方がうまい。それを自ら決めました。そして4点目も家長選手。裏へ抜け出し、渡邉選手からの浮き球のパスをナイスコントロール。一発で収めて落ち着いてゴール。ほんと、うまい。

仙台は、攻撃が昨年までの狙いがはっきりした状態に比べ、なんとなくぼんやりしているのが気になりました。新監督の色に染め直している途中でしょうか。

守備では。

前線4人は個の力があり、要注意です。がっちり行きたい。

中でも特に家長選手には、最大級の警戒を。最上級の技術で、試合を決められる選手です。

金澤選手の3列目からの飛び出しも、見落とさないように注意。

攻撃では。

前節得点のモンテーラさんの連続得点を希望! ここから本領発揮してほしい!

そしてWレアンドロ&工藤のコンビネーション炸裂に期待!

橋本君を揺りかごダンスで祝いたい! 自分で決めてなら最高! セットプレー?

難敵下して連勝街道へ!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/28

物語ること、生きること

物語ること、生きること (上橋菜穂子 構成・文 滝晴巳)を読みました!

精霊の守人、獣の奏者でおなじみの上橋先生の、自分語り。

よくされる「どうやったら作家になれますか」という問いに、答えるための本だそうです。

でもハウツー本ではなくて、それこそタイトルのように、物語ることが生きることと不可分だった自分について語っています。

小さいころから色んな物に入り込んでしまう子供だったこと。憧れの作家にイギリスであったこと。作家の夢も研究者の夢も一度はあきらめかけたこと。学び研究してきたことが、どう作品に影響しているか。

自分の体験を語りながら、昔の自分のように作家になりたいと願っている子供たちに、とにかく書きなさいと背中を押してくれる、とてもいい本でした。

ただ、僕は一応作家にはなったので、目下の問題は、ここからどうやって次を出して生き延びるのかということなのです。上橋先生って筆なりに書いてああなってるのかなあ。気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/27

三つ目提出

火曜日に原稿一つ提出しました。

通るといいなあ。通りますように(-人-)

昨年10月のコミティアでテンション上げて、4月頭までに4本提出と目標立てて、これで3本目。4本目はちょっと遅れそうですが、まあまあいいペースではないかと思います。

4本目はだいたい書いて、冷却期間を取ってあったのですが、読み直してみると、なかなかいいノリ。すがすがしい。

3本目はけっこう苦戦したからなあ(^_^;)

こちらは楽しく推敲できそうです。

Kentohana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/26

TMvs筑波大 さらにアピール

練習試合vs筑波大学は1-0!!

チャンスさんが帰ってきたよー!! お帰りなさいー!!

とうとう実戦復帰。30×2本にフル出場です。

現在右サイドでは高山さんが活躍中ですが、チャンスさんが帰ってくることで層も厚くなりますし、競争も激化。いい流れ(^^)/

そして、いい流れといえば木村君です。この試合唯一の得点。

好調継続中。昨日の記事で書いた通り、今週末の出番を獲得する勢いです! 楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/25

U-22選抜vs盛岡 大敗

2014J3第3節、U-22選抜vs盛岡は1-6の大敗。

U-22選抜はあっさり守備崩壊した模様。まあ、常に急造チームだから、組織的に守るのは難しいですよね。何しろ3試合連続で先発しているのは、CBのハーフナー選手と、左SBの内田選手しかいません。

GKとCBの一枚は3試合とも先発が違うし、前2試合は右SBは森選手、ボランチコンビは秋野&喜田だったけれど、この試合は違いました。前の選手はもっと入れ替わってるし。これだとプレスのタイミングとかブロックの敷き方とか、どうやったって甘くなるだろうなーと。

といっても、固定したくても所属チームの都合があってメンバーは変わるので、高畠監督は大変だなあと思います。

ちなみにウチの子では小林君が途中交代出場。秋野君は選ばれておらず、でもウチでも出てないけど、どうしたんだろ。遠征メンバーにはいたのかな。

木村君は第1節選外から練習試合でアピール、第2節は先発先制点、そして今節はレイソルでベンチ入りと、シンデレラストーリー中。次節はウチで出場か! がんばってー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/24

vs徳島 初勝利!!!!

リーグ今季初勝利です!!!!

2014J1第4節、vs徳島は2-0!!!!

作業しながら速報追ってたら、後半30分まで0-0で行くもんだから、これはまさかはまったのではとヒヤヒヤでしたよ(^^;;)

思い切ったシュートを決めた橋本君は偉い!! チームを救った!!

そしてモンテーラさんに初得点が生まれたのも吉。ここから量産体制に入ってほしいですね!!

さて、そんな嬉しい第4節でしたが。

よその試合をいろいろ流していたんだけど、やっぱり浦和vs清水の無観客試合の異様さは際立っていました。お客さんもいないし、広告看板もなかった。

考えさせられますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/23

偵察徳島vsC・Mと徳島戦展望

ナビスコ杯勝利を受けて、上げ潮で迎える徳島戦! まずは偵察。

2014J1第2節、徳島vsC大阪は0-2。

守備の厳しさの差が見えます。徳島は、FWは前から行こうとしているんだけど、次がちょっと遅れていてプレスをかわされてしまう。対するC大阪は、球際厳しく、セカンドボールをばんばん拾って攻撃につなげて行く。

先制は山口選手の見事なFKでした。ゴール右上ぎりぎりに決めて、あれはGKは届かない。2点目は左サイドを崩してグラウンダーのクロス。背走する徳島・千代反田選手が足を伸ばしてカットしようとしてオウンゴール。どちらもC大阪がゴリゴリと攻め続けていた時間帯。

しかし後半になると徳島も修正してきて、さほどのピンチはなく、逆に風下で裏へのボールが止まることもあって、カウンターでのいい場面もありました。ドウグラス選手は空中戦強い。

注目のフォルラン選手は後半途中から。シュートはありましたが、やはりまだ細かい呼吸は合っていないようでした。

第3節、マリノスvs徳島は3-0。

先制点はマリノス。中村選手のさすがの高精度FKから冨澤選手のヘディング。問答無用の武器があるのは強いです。

前半は圧倒されていた徳島が、後半ペースを取りもどしていたんだけど、それを断ったのもマリノスのセットプレーでした。中村選手のFKのこぼれをつないで伊藤選手。FKは最初ダミーで藤本選手が走りこんでいて、二枚刃になっているのも怖い。

3点目は崩しから。左サイドから崩してワンツーで中央を抜け出し、藤本選手が落ち着いて決めます。下平、三門、藤本と新加入選手が多く絡んでのきれいな崩しは、うまくフィットできてるんだなあと感じさせます。

徳島は不用意なファールだったり、パスミスで押し上げられなくなったり、まだJ1に慣れていない感じがにじんでしまっていました。

ということを踏まえて、徳島戦の展望です。

守備では。

徳島はまだJ1のプレースピードに慣れていない感じで、寄せを厳しくされると手詰まり感があります。そこは狙いたい。

個の力という点では、注意はやはりブラジル人選手です。懐かしい顔はアレックスさん。キック精度は健在で要注意。

誰かに似ている顔はクレイトン・ドミンゲス選手。そうですニーヤンの弟なのです。顔だけでなく走る姿勢もどこか似ています。徳島劣勢の展開が多くて、なかなかいいボールが入ってなかったけれど、ドリブルキープは巧みです。

ゴール前ではドウグラス選手は空中戦強いです。がっちり寄せて。

攻撃では。

なんと言っても、兄弟10番対決でしょう! 当然兄の貫禄を見せ付けるのです! 

最近好調の左から崩して、右から入ってきたニーヤンがズドンと突き刺す展開を希望!

ニーヤンが決めたらWレアンドロ揃い踏みも見たい! モンテーラさんが決めれば、チームはさらに上げ潮に!

エルゴラでは渡部君が先発予想ですが、セットプレーからまたドカンと決めてくれたら完璧!

ぜひともほしいリーグ初勝利!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/22

推敲中あとちょっと

時間に追われているので、またつぶやきから創作関係分をまとめ。

この間、冬季エベレスト登山中に例えたけれど、ほんと山頂直下で雪に埋もれてもがいている感じ。

書き込み終えたー! 180枚ぐらいの中編になった。一番きついところは越えたので、あとは足したり引いたり漢字間違い直したり。14/3/13

どこまで行ってもぬぐえないアウェイ感と戦う。

アウェイに感じるのは違いを持ってるということだから、悪いことじゃないんだと言い聞かせるエネルギーが不足。補充のためおにぎり買いに出る。14/3/16

原稿書きに戻らなきゃいけないんだけど、エンジン始動しないよー。スイッチ入らないと文章浮かんでこない。とりあえずいろいろ雑事をこなしながら、待っている状態。

エンジンかからないので、燃料投入。図書館で自著を検索。しかも直前に見た地名で。鎌倉図書館、貸し出し中です! ほら、読んでくれる人が入るんだから、次書かないと! がんばれ!

小説書きは孤独すぎるので、工夫してみました。漫画だと一緒の仕事場の人からやる気もらえたりするんだけどねえ。14/3/17

今週はかなりガス欠感があります。何とか気力を奮い立たせようと、いろいろ試行錯誤。図書館で自著検索して、入ってる上に貸し出し中だと、かなり嬉しいです。

最近色んな人と話題になるのが、「売るのって大変だよね」「がんばって面白く描くだけじゃダメなのかな」ということ。「面白い」の定義にかかってくる話でもあるんだけど。少なくとも、「読んだら面白い」ではダメっぽい。

世に流れるコンテンツが増えていて、なんとなくでも読む物見る物に困らないので、飢えて探しにいく人が減っている。結果、話題になる人に集中し、その他の人は埋もれる。また、選別に時間をかけないので、ぱっと見て手に取る吸引力がより重要に。

吸引力を考えると、文字にした時、もしくは一コマだけ切りだした時に、差別化しやすいアイディアの作品。もしくは逆に、型にきちんとはまっているので、ぱっと内容が想像つく売りのはっきりした作品。名を成した大御所はもう注目されているからいいとして。

「じっくり読んだら面白い」「じわじわ面白い」は茨道。自分がそういう地味系好きなのが怖い。

情報の流し方ももっと考えないとなあ。何をプレゼンするべきなのか。14/3/18

これは今の作品だけじゃなくて、ずっと考えなくてはいけないところ。有利だからって安易に流れると、二番煎じばかりになって埋もれる。いい手を考えないと。

最終段階でガス欠気味ですよ?もう少しなんだから、頑張れー。14/3/18

絶賛逃避中。

あともうちょっとなのにすっかり気力がガス欠。漫画は仕上げになるに従い作業的要素が増えて、好きな番組つけながらとか気晴らししながらしのげるんだけど、小説は最後が一番集中力がいるのがつらい。もっといい文章があるはずだけれど、頭が回転してないので思いつかない。

いくつも立て続けに書いてたら、主人公を混同。今、前の作品の名前で書いてた。危ない。14/3/19

とうとう遭難寸前に(^^;;)

推敲一周終わった!寝る!14/3/21

でも二周目が待っているのです。締め切りまであとちょっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014/03/21

COMICリュウ5月号

お手伝いしている友人漫画家梅木君の「あせびと空世界の冒険者」第2話が載っている、COMICリュウ5月号が発売中です。

巨大な竜魚の群れに襲われた、ユウとあせびの乗る船は無事切り抜けられるのかというところから先月をついで、大ピンチになったり謎の新キャラが出たりと盛りだくさんなのです。

それにしてもこの雑誌は、変わった漫画がたくさん載ってる。題材も書き味もすごい振れ幅。

最近生存戦略について考えることが多いので、そういうところも注目しながら読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014/03/20

vs浦和 初勝利!!

2014ナビスコ杯予選グループ第1戦、vs浦和は2-1!!!!

開幕してから連続引き分け、前節は黒星と、3戦連続勝ちなしでしょんぼりだったのですが!

ナビスコ杯だけど初勝利ですよ! ひゃっほう!

決勝点は渡部君! 今季初出場、前節はベンチも外れてた。ウチのCB人はかなりレベルの高い競争をしていると思うんだけど、そんな中出場機会に恵まれなくても、準備怠りなく、出番が来たら結果を出しました! えらい!

さあ次はリーグ初勝利ですよ! がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/19

横断幕問題と浦和戦

本日水曜日はナビスコ杯浦和戦です。

浦和といえば「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕を掲出していた問題で、該当サポーターグループは入場禁止、次のホーム清水戦が無観客試合のペナルティで赤字転落の危機、そして浦和サポは今シーズン、よそでも横断幕やゲーフラ等を出さないそうです。

旗も何もないアウェイゴール裏になるのか。寂しい風景だなあ。

処分は、チュンソン君に対する在日差別と取られたからです。チュンソン君の獲得にはサポーターから異論が出ていたそう。野次もあったとか。

まあ、また元広島!? とか、チュンソン君自信がサポーターに愛されづらい移籍パターンを繰り返してたりとか、そう単純な話ではないと思いますが。

掲示した本人は、そのつもりではなく、自分達の縄張りに外国人の観客が入ってくるのがいやだったと言っているようです。

横断幕がピッチに向けてではなく出入り口に掲げていたことを考えると、言い訳ではなく本当の可能性もありますが、どちらにしろ問題です。チケットを買った人は平等に試合を見る権利があります。そして、じゃあお前らは場所を占有する権利をどこから買ったんだという話です。

サポーターグループがいい場所とって、応援をリードする場合、「僭越ながら音頭を取らせていただきます!」「いえいえ、いつも頑張って下さってるんで。こちらこそよろしくお願いします!」という、謙遜と感謝の関係ができていれば理想。

「何勝手に威張ってんだよ!」「あ゛? うるせえな、文句あるならぶん殴るぞ!」という不満と恫喝の関係だと最悪。評判見てる感じではこちらっぽい。

そしてこの事件をもって、「ほら、やっぱり浦和サポは」という話をするのは、嫌いな存在の一部を持って全体を貶め、自分が上に立った気分になるという点で、人種差別と同じ構造だからよくない。

だいたい「柏サポは……」と言われて嫌な気分になったこともありますしねえ。

人がたくさん集まれば、いい人もいれば悪い人もいるのは、当たり前のことなのです。

ただ、悪い部分を増長させる雰囲気を、クラブがある意味メッセージとして発信してしまっている場合もあり。今回教訓があるとしたらその部分。

処分が重かったのも累積警告の部分があって、以前のトラブル時にきちんと対処していなかったから、というのがあるそうです。

他にもあるよね、そういうクラブ。当事者意識あるのかな。

あと、もう少し広い範囲で言うと、スタジアムで何を売っていると思っているのかという問題があると思います。

僕は「観戦体験」を売っているんだと思うのですが、そこまで踏み込んでいるクラブはそう多くないように見えます。

勝つことがクラブの目標になってはいけないのです。現場の選手指導者は試合に勝つことがゴールですが、クラブは「サッカーを主体としたイベントを提供する会社」として経営しているのだから、「見に来たお客さんが楽しかったと言って帰る」のがゴールです。負けた試合を楽しいと思うのは難しいから勝った方がいいわけで。

試合に勝ってもスタジアムの雰囲気がぎすぎすしていて、嫌な思い、怖い思いをしたりしてライト層の足が遠のくのであれば、それはクラブにとっては勝利ではないのです。そういう状態だと、勝てなくなるとすぐお客さんが減る。

理想は、試合に負けても応援しがいを感じられて、次がんばるぞと前向きな気持ちになれる状態。応援すること自体が楽しい状態。

2006年、一心同体を掲げ、試合に負けても下を向くなと鼓舞するサポーターの、ほんとに末席だけど一部であることは、すごく誇らしかった。体験したうちでは、あれが最高の状態でした。

最近はたまに、「応援するのはサポーターの義務」というメッセージを感じる時があって、ちょっと心配。全然問題になるレベルではないんだけど、こういう事件が起きたのを契機に総点検して、小さな芽のうちに摘んでほしいなと思います。

あと最後に、横断幕問題とは全然無関係に。

とにかく勝ってほしいのです!! 3試合分ダメージ受けた感じだったんですよ!!

がんばってー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/18

最近の酒井君

ハノーファーの試合を見ました。

ブンデスリーガ第24節、ハノーファーvsレバークーゼンは1-1。

そして第25節、ハノーファーvsヘルタ・ベルリンは3-0!!

細貝選手との日本人対決を制しましたよ!

最近の酒井君は守備で評価されている模様。レバークーゼン戦では競り合いで7割以上の勝率と話題になっていました。ヘルタ・ベルリン戦でも、自分のサイドをがっちり封じ込めます。

やっぱり大型でフィジカル負けしないのは大きいですよねえ。経験積んでプレーにも余裕がうかがえます。

攻撃はどうしてもニーヤンとのコンビが判断基準になってしまうので、もっと使ってよと不満が残るのですが。ちょこちょこ見てるけど、ハノーファーが、あんまりタメを作ってという感じじゃないので、それは仕方ないかな。

代表の右SBは内田選手が怪我で長期離脱中。W杯に間に合うかどうかというところのようで、酒井君の成長は日本のためにも朗報なのです。

このままスタメンがっちりキープして、どんどん調子を上げていってほしいです。がんばれー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/17

U-22選抜vs藤枝MYFC 初得点初勝利!!

U-22選抜vs藤枝MYFCは4-2!!

ウチからは先週に引き続き秋野君、小林君、そして今週は木村君も呼ばれ、全員先発!!

そして木村君がチーム今季初得点をたたき出しました!!

選抜が毎週あるの楽しい。木村君は先週呼ばれず、次の日の練習試合でうっぷん晴らすかのように2得点。そしたらすぐに呼ばれて、すぐに結果出しました。応援するには燃える展開。

秋野君が二戦連続フル出場なのも、見逃せないポイントです。よしよし。

来週もみんな呼ばれてほしいですね!! がんばってー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/16

vs名古屋 勝ちなしに

2014J1第3節、vs神戸は0-1……。

引き分け続いてる時って、何か先送りになってる感じですよね。勝てば3戦負けなし、負ければ3戦勝ちなし。どちらに転ぶか。

勝ちなしになったー……。

3戦連続の1失点は十分及第点だから、やっぱり攻撃面ですよね。決め切れればなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/15

偵察名古屋vs清水・大宮と名古屋戦展望

名古屋戦の偵察です。名古屋は新監督になり、さらにメンバーが結構変わっていて、その辺に注目して見ていました。

2014J1第1節、名古屋vs清水は2-3。

先制点は清水。クリアボールを拾った大前選手がシンプルに前線へ。長澤選手が落として高木俊選手がドン。クリアの前にも長澤選手がロングボールに競り勝っていて、ターゲットがしっかりしてると強いなという印象。

対する名古屋はサイドからクロスを玉田選手がつないでケネディ選手のボレー。ケネディ選手は調子よさそう。次の逆転弾も中央で競ってアシスト。

そして逆転弾は闘莉王選手ですが、なぜか流れの中で前線に。たまたまじゃなくて、そのだいぶ前から攻撃時は前に上がってた。今年はFW闘莉王はやめると聞いていたけど、攻撃好きは健在です。

同点弾はCKから。ニアで引きつけられてぽっかり空いたところに平岡選手。平岡選手のヘディング得点は去年も見ていて印象強いのです。

そして逆転弾はノヴァコヴィッチ選手のちょっと下がりながらの見事なボレー。さすがです。

激しいシーソーゲームになったこの試合。名古屋はDFとボランチで昨年の先発から大きく変わっていて、その分ちょっとしたずれがあるかもしれません。

第2節、大宮vs名古屋は1-2。

名古屋の先制点は後半になってから。ケネディ選手がスルーパスを出し玉田選手が裏を取りました。いろいろ選手が入れ替わっているけれど、この2トップは長く組んでて、阿吽の呼吸です。

追加点は、CKからの流れで大宮の選手が上がっていた所でカウンター。自陣ペナルティエリア前でパスを受けた小川選手が爆走です。そのまま相手ペナルティエリアまでドリブルで運んで自分で決めました。すごい。

大宮の追加点はCKの流れで押し込んで、今度は決め切りました。スローインからズラタン選手が浮かせて、菊池→高橋のCBコンビで得点。

その後も大宮は攻め立て、終了間際にはパワープレーからゴールネットを揺らしますが、惜しくもオフサイド。かなり思い切ってリスクを取っていたので、残念なシーンでした。

ということで名古屋戦の展望は。

守備では。

準備してたはずの3バックの出番が今季まだないのですが、名古屋は2トップ。使いどころですがどう出るのか。4-2-3-1を準備しているという情報もあり、策士ネルシーニョ監督の采配にまず注目です。

ストイコビッチ監督の時より、攻撃は距離を詰めて中央寄りになっているような雰囲気。ケネディ選手に当ててのセカンドボールも奪いたいので、中をきっちり締められるか。

球際で負けず、どれだけマイボールにできるかが重要。

攻撃では。

DFラインの顔ぶれが大幅に変わっていて、若手三人、うち一人は強化指定の大学生。身体能力は高そうだけれど、経験不足を突きたいところ。

Wレアンドロ&工藤のコンビネーションで翻弄するシーンが見たいです!

エルゴラ予想では田中君が先発。左サイドからTJ砲炸裂を期待!

早く欲しいな初白星!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/14

なでしこvsドイツ 力負け

アルガルベ杯、なでしこvsドイツは0-3。

結果準優勝となりました。

ちなみにタイトルの力負けというのは実力不足という意味ではなくて。

ゴール前になだれ込んでくる力強さとか、シュートパワーとかそういう意味です。ドイツはパワフル。

日本は前半出だしはよかったです。特に中央から右サイド川澄選手を走らせるパスが通ってて、チャンスを作れていました。ゴール前なだれ込んだやつは、入ってたような気がするけれど、ぎりぎりなのか。

後半になると出足で上回られてしまい、ドイツの力強さをまともに受けてしまう展開に。シーズン前でコンディションが上がりきってないのもあるかも。

日本はW杯前回王者ですが、ドイツに勝ったのは実はその一回こっきり。まだまだ挑戦者なのだと思いました。

でも本番でまた勝てばいいんですよ! 前半のテンポを続けられればいける!

5月にはそのW杯予選。がんばれー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/13

苦戦中

原稿書きで苦戦していて余裕がないので、関連してそうなつぶやきをまとめてボリュームを稼ぐ作戦ですよ。

一週間分ぐらいだけど、苦戦ぶりがよく分かる(^^;;)

仕事場に忘れ物して取りに来て、ご飯食べての帰り道。ピザ食べ放題に行った。アップルパイ風ピザが予想外においしかった。

スマホに原稿のデータを入れて、出先で推敲できるようにしてみたけど、あまり効率は良くない。そして酔った。

電車の中、起きている人はほぼスマホ。僕も仲間入り。本を読んでいる人が二人。最近コンテンツ流通について考えることが多い。14/3/4

充電器を忘れてスマホバッテリー切れの危機に気づいたのです。電車の中の風景って、ほんとに昔とは変わっちゃってますよねえ。

池袋に出たので本屋に寄って児童書コーナーへ。ハッチーなくなってた。早く次が並ぶように頑張らなくては。

やっぱり本屋にずらっと本が並んでいると、衝動買いの虫がうずうずとうごめくね。14/3/5

ちなみにこの前の仕事帰りには、大型書店の漫画コーナーに寄り、新刊の平台コーナーに知らない漫画がいっぱいあるのに改めて驚いてました。そして目当ての漫画がどこの棚にあるのか分かりませんでした。

こういう中で戦ってんだから、そりゃ大変だよ。

読み手としては、まだ読んだことのない面白そうな本がたくさんあって、わくわくするのですが。やっぱり実物ずらっと並んでいる方が買い気を誘いますね。

KADOKAWA漫画200作品、無料読み放題「ComicWalker」スタート 名作フルカラー化、海外向けに多言語化 - ITmedia ニュース  何で収益上げるのかがポイントだと思う。

無料ゲームがあるんだから、対抗上無料公開しないと切り込めない。無料スタートアイテム課金のモデル。ただ、漫画製作の労力はハンパない。スタンプ一ついくらに比べて収益性が悪すぎる。ほしい人は単行本買ってね程度では回らないんじゃないかと思う。そこをどうするんだろう。

小さなイラスト1点が100円で売ってる時、一人でやったら200p弱を寝る時間削って半年かかって、それで500円前後とか、勝負としてハンデがありすぎる。何か違うモデルがいる。13/3/6

例えばスタンプなんかのああいう小さなカットを描く手間と、原稿描く手間を比べたときの、収益性の差がひどいなと思うのです。

以前は情報のチャンネルが少なくて薄利多売ができたけど、お客さんが分散してきて苦しくなっているわけで。このままだと出版社のビジネスモデルは、ソーシャルゲームのビジネスモデルに完璧に負ける。そこをどうするのか。

今日はダメダメだったー。気ばかりあせって進まない。起きてからがんばろう。13/3/8

友達と電話。彼は漫画、僕は小説だけど、とにかく世に作品があふれかえっている中で、居場所を作るのは大変だという話になった。

個性を生かすことと同時に、それを上手くプレゼンし、世に情報を流して、同好の士とつながらなくてはならない。やることたくさん。それがこれからの作家業。

でもまず基本は作品。個性を生かしつつ上手くパッケージにまとめるところで苦戦中。13/3/9

さらに作家は、また考えなきゃいけないことが違っている。そして考えなきゃいけないことが増えてる時に、基本である作品づくりで苦戦中。

道に迷っているというのではなくて、山頂はあそこだけれど、ここは冬季エベレスト、という感じで必死にもがいてなかなか進まない感じ。

今書いているのは大人向けだけど、そろそろまた子供向けに頭を切り替える準備をと思って、図書館の児童書コーナーへ。そしてハッチーを発見!! いつの間にか入ってた!!

やる気出た(^^)/

デビューして一年たつけれど、いまだフィールドマップなしで冒険している感じがぬぐえない。どうしようかと考えてたところ、図書館の児童書コーナーで、名札がついてる人を片っ端から読んでみることを思いついた。

ちょっと読んでみたけど、やっぱり幅広いね、児童書。

子供はどんどん成長するので、小さな子が読む童話から、大人も読めるファンタジーまで、ずいーっとつながっている。

それに比べると漫画は住み分けはっきりしてる。14/3/9

気分転換に図書館へ。そしてハッチー発見!!

僕はしょっちゅう図書館に通ってますが、これもネットの影響で、PCで予約して引き取りに行くのがほとんどで、中をうろうろすることはあまりないのです。前に見た時にはなかったんですよ。

そこでPC検索してみたところ、いつも行ってるところは分館にも一冊ずつ入ってて、計12冊!! ひゃっほう!! みんな読んでねー!!

さて、久々うろうろしてみたのは、今書いてるのは大人向けだけど、次は児童書に戻ろうと思ってるからです。まだ終わってないのに次を考え出しているのは、苦戦からの逃避(^^;;)

児童書と一口で言うけれど、本屋さんの棚なんかで見ると、童話→児童文学→ヤングアダルト→ファンタジーと、読者の幅がかなり広い。作家さんも、その中で書くもの結構変えてる。

例えば僕が読んだ中で言うと、あさのあつこ先生が、「バッテリー」で児童書だけど大人読者を掴んでベストセラーになり文庫にも入り、「テレパシー少女蘭」はまさに僕が「こういう漫画っぽいお話でいいなら僕にも書けるかも!」と思わせてくれた純粋な子供向け、「No.6」は、竹宮恵子先生とか萩尾望都先生が書いてたBL風味の少女漫画の匂い。

漫画でいうと児童漫画から、少年、少女漫画を経て、青年誌までカバーしているわけですよ。

そこまでじゃなくても、やっぱり図書館の棚で見ていたら、漢字が少なく活字が大きい完全に子供向けですよねという本から、もっと難しい大河ドラマみたいな本まで、一人の作家さんがカバーしているケースがたくさんあって。今の漫画だとなかなかいないよなーと考えていたら。

灯台下暗しで、ナベ先生が渡り歩いていました。でも語り口はぜんぜん変えてないんだよね。

自分はどの辺までカバーできるのかなあ、というのが、今回の作品の模索になっているのです。

もう寝てるはずの時間だけれど、ノルマに届いてないのと、ついさっきドーナツ食べてしまったのとで、もうちょっとがんばる。

書き込み増やしていって、現在原稿換算160枚ほど。書き込み増やしたページは半分ぐらい来てるから、200枚ぐらいかな。もがきながら進んでいるところ。仕事あるから早く一段落したいのに、そうは問屋が卸さない。

第二の道を模索していた作品にバツが出たー。やっぱりこっちは向いてないのかもしれないと弱気に。長風呂して気分を切り替えてきた。今書いてるのもそっち方面だから、これでダメなら当分封印しよう。そのためには悔いのないレベルまで上げないとダメだ。がんばろう。14/3/10

ということで一つバツついたー。確かに書いてて、かっこいい感じにならないなーとは思ってて、ちょっと弱気。とにかく限界まで引き上げて、それで通らないなら仕方ない。

がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/12

なでしこvsデンマーク・スウェーデン 決勝へ

アルガルベ杯、なでしこvsデンマークは、1-0!!

中一日なので、先発は8名変更。チームの層の厚さが試される試合となりました。

その中で結果を出したのは岩渕選手。ペナルティエリアへドリブルで切れ込んでゴールを撃ち抜きました。

成長してるなあと思ったのは、一人かわしてカバーに来たDFと競った場面。ユースの大会で活躍した岩渕選手は期待を持ってA代表へ上げられた当初、とにかく技術はあってもフィジカルがへなへなで、腕一本で軽くひねり潰される状態でした。得意のドリブルがまったく生きず。

けれどこの場面ではバランスを崩すことなく右足を強振。土台がしっかりしてくれば技術が生きる。これから活躍しそうですね。

そして勝てばグループリーグ一位抜けとなる次の試合。

なでしこvsスウェーデンは、2-1!!

ポゼッションでは押し込んでたのに空中戦でどかんとやられて失点。女子の方が対格差が目立つので、これを防ぐのは大変です。

その後同点に追いつくも、引き分けでは相手が一位抜け。時間は刻々と過ぎ、これはがんばったのにドローの展開? とやきもきしていたら。

PKで逆転!!

しかもそれもキーパーに触られてるひやひやもの!!

いやー、勝負強いですねえ。

これで優勝をかけてドイツと対決となりました。ぜひ勝ってほしいです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/11

TMvs筑波大 若手活躍

練習試合vs筑波大学は、3-0!!

木村君が2得点!!

日曜日のU-22選抜。同期の秋野君、小林君は召集されて先発。ここは負けてられないというところで結果を出しました。いいですねー。

所属チームでの出場の手前にもう一つ目標ができることで、よりよい競争ができるのではないかと期待です(^^)/

そして先制点にアシストと活躍したのはU-18の会津君。

ウチはポゼッションを徹底して育てているので、パス回しに長けた選手は量産できているのですが、その分個のアピールがちょっと弱い印象。その点、会津君は仕掛けとフリーランニングで目立てる選手です。しかも代表ではSBもそつなくこなし、異才を感じます。

スケール大きく育ってほしい。がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/10

U-22選抜vsFC琉球 大敗スタート

U-22選抜vsFC琉球は0-3。

U-22的には厳しい船出となりましたが、FC琉球は監督が薩川さんなので、そちら視点では快勝スタートでよかった。

選出された秋野君小林君ともに先発。秋野君がボランチ、小林君が右MF。

しかし前々日集合で練習一日では、チームとして形にするのは大変です。合宿もないわけだし。

所属クラブでメンバー外の選手から最強チームを作るという方針で呼ばれるので、多分毎試合似たメンバーになると思われ。ここから、少しずつ形になっていくんだと思います。

ユースの時には主力だったのに、ベテランぞろいのクラブに入って出場機会なく伸び悩み、五輪の時にはメンバー外という、もったいないパターンが今まで多かったので、そこを補えるだけでも大きい。

ここから毎週真剣勝負です。がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/09

vs神戸 連続ドロー

2014J1第2節、vs神戸は1-1のドロー。

1-1から相手にレッドカードが出て、数的優位になれたのですが、攻め切れず。

惜しいシーンもあったんですけどねえ。

これで連続ドローとなったので、勝利が渇望されるのです。

次がんばって!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/08

開幕戦感想とvs神戸展望

まず本日はFC東京戦の感想から。録画を見たのです。

失点はついてなかったですねー。菅野さんが身体に当てて、ゴールにカバーに入った橋本君がクリアして、防いだと思ったのにクリアボールが菅野さんに当たって返ってきてしまうという。

ただ、他にも「やられた!」というシーンがあったので、一失点は妥当な感じ。むしろ、至近弾を何度も防いだ菅野さんの超反応に救われました。

高山さんは左MFから試合途中に右SBへ。4バックのMFはウチに来てからだと言ってたし、右SBなんてぶっつけ本番。3バックの右アウトサイドも本来は左なのにこなしています。でもとまどいは見えず、いい感じです。

同点弾はすばらしいの一言。ハン君からニーヤンに縦パスが入り、ニーヤン→工藤君→ニーヤン→モンテーラさん→工藤君。ダイレクトでばんばんつながる見事なコンビネーション。

工藤君はさっそく得点。今年も頼れる存在です。

ニーヤンは調子よさそうです。去年はなかなか見れなかった、当たりの強さとドリブルに入る初速の鋭さが戻ってます。

モンテーラさんはいい連携を見せてて、スムーズに溶け込ん出るなと感じました。次に期待が持てますよね。

次、ということで、対戦相手の神戸の偵察もしました。

2014J1第1節、川崎vs神戸は2-2。

試合は神戸がCKのこぼれ球を押し込んで先制。その1分後に川崎がスルーパスを通して同点。そして大きな展開から中村憲剛選手が抜け出して追加点。川崎勝利かと思いきや、最後神戸がロスタイム同点弾と、劇的なゲームでした。

川崎で注目したのは新加入のパウリーニョ選手。川崎のサッカーにフィットしてるのか。きっちり合わせてきたようで、ボール奪取と大きな展開を川崎の中盤に加えていました。

神戸は先発が半分以上新戦力で、どういうチームに仕上がっているのかに注目。以前のイメージはとにかく堅守速攻、それも猛烈なプレスの超ハードワークなサッカーでしたが。

プレスはそれほど激しくない感じ。川崎がうまいというのもありますが、わりと縦パスが入ります。攻撃では、カウンターだけではなく、回して崩す場面も多くなっていました。連携は結構取れています。

さてそれをふまえて、神戸戦の展望です。

守備では。

先発が大幅に入れ替わって、個の力が向上しています。まず一対一で負けないこと。切り替えで後手を踏まないこと。

森岡選手を中心にボールが回っているので、ここに厳しく行って寸断したいところ。

攻撃では。

Wレアンドロと工藤君の連携はかなりいい感じなので、今節も期待大です。

まずニーヤンにずばっと縦パスを入れ、そこからぐいぐい加速して、パスしてもよし自分で決めてもよし。

その流れからモンテーラさんがドドンと決めてくれると、今季はうきうき。

そしてなんと言っても工藤君ですよ! 代表に呼ばれたのに出番なし。ライバルと目される岡崎選手は2得点。

もう点取りまくってアピールするしかないのです! がんばれ! ばんばん決めろ!

相手も開幕引き分けで、お互いほしい初白星!!

しかしそいつぁ譲れねえ!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/07

なでしこvsアメリカ まあまあな初戦

アルガルベ杯、なでしこvsアメリカは1-1。

男子代表に続いての放送だったので、なでしこの安定感が際立って見えました。「いつものサッカー」を見る安心感。監督代わってないし、世代交代がちょっと不安だけどメンバーも継続してるし。

男子は、南アW杯の時は人数かけたとはいえ堅守で勝ち上がったのに、すっかり守備不安の状態でW杯を迎えそうな気配。まさかそれが「いつものサッカー」なのか……。大丈夫かなあ。

試合展開はまず日本が失点。後ろでボールを回していた時に、GK山根選手のパスをブロックされてそれがそのままゴールという、あまり見ないミス。経験不足か。

同点弾はなでしこの懐刀、宮間選手のFK。結構距離あるなと思ったのに、ぶれ球でボールが伸びて見事同点。ほんと頼れる。

シーズン初めでちょっと運動量が上がらないなどありましたが、落ち着いてボールは回っていたし、チャンスも作れていたし、なかなかいい感じです。この記事のタイトルつけて、「アメリカ相手に引き分けてまあまあの感想って、昔に比べたらすごい進歩だなあ」と思いました。

一試合消化して次どうなるかに注目。がんばれー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/06

vsニュージーランド 酒井君先発!!

親善試合vsニュージーランドは4-2!!!!

酒井君先発ー!!!!

高い位置を取って何度かクロスを上げ、また、岡崎選手を裏へ走らせるパスも供給しましたよ。

失点シーンは、残り足でうまくボールをカットしたのに、味方に当たって戻ってきちゃっててちょっと不運な感じでした。

内田選手の怪我からの復帰時期が未定なので、右SBはどうなるか分からない。ポジション奪取のチャンスです。後半は高徳選手と交代。負けられません。がんばれー!!

試合展開を見てみると、1点目は裏を取った岡崎選手が、身体を入れられながら足を伸ばして得点。2点目、ペナルティエリアに侵入した香川選手がPK獲得。自分で決める。3点目はFKから森重選手のヘディング。

そして4点目はまた岡崎選手。ほんとに点取るなー。

工藤君は出番がなくて、そしてライバル絶好調。日本のためにはいいことだけど、なかなか厳しいですね。

あと前半の山口&青山のボランチコンビは、なかなかいいなと思いました。

ただ問題はここからで、前半17分までに4-0と楽勝ペースだったのに、そこから2失点してしまった。後半はペースダウンして、あまり楽勝気分ではなかったです。

本番までにほんとに守備引き締まるのかな。心配。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/05

ハノーファーvsアウクスブルクを見ました

2014ブンデスリーガ第23節、アウクスブルクvsハノーファーは1-1。

酒井君フル出場ー!!

特に前半何本か、いい攻撃参加もありました。一本クロスに見せかけて、マイナスのパスをどフリーの選手に通したのがよかったです。あれは決めてほしかったなあ。

後半は守勢に回り、その中で奮闘しました。終盤足つったけれど、最後まで。いい形でニュージーランド戦を迎えられます。

内田選手が怪我で離脱中なので、ここはぜひともアピールしたいところです。がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/04

TMvs順天堂大 週末に向け

練習試合vs順天堂大学は1-0!!

得点者は中谷君!!

練習試合でのアピールは、次節の出場を目指すものなわけですが。

今季は自分のところのトップチームだけではなく、J3のU-22選抜チームもあるのです。3/9開幕で、初戦はFC琉球。

今日出たメンバーだと、秋野君、小林君、木村君、中谷君が対象。手倉森ジャパンに呼ばれた実績があるのは秋野君ですが、所属チームで出番があればそっちが優先だろうから、他の人にもチャンスはあるはず。

さあ、誰かメンバー入りするかな? 楽しみです。

もちろんトップチームで出場して活躍してくれてもいいんですよ! がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/03

月刊群雛三月号

インディーズ作家を応援するマガジン、月刊群雛3月号が発売してます。

書き下ろし新作5作に既刊サンプルが11作。そちらのサンプル枠で参加させていただきました。「アンナ・アップルトンの冒険」パブー版、kindle版。

書き上げた時は、これで完璧! と思っていたのに、今見ると、まだ直せそうな気がします。

文体だったり、リズムの取り方だったり、細かいところ。成長した証だといいなあ。

内容についてちょっと触れますと、冒頭の小形克宏(おがた・かつひろ)さんの寄稿が興味深いテーマでした。(試し読みできます)

小形さんは奥様の漫画家・青木光恵さんとともに、「スマホで光恵ちゃん」という電子雑誌を出しているそうで。

出版不況にともない、単行本をそろえるタイプではない作家は仕事が減ってしまっていることから、個人漫画雑誌の出版に踏み切ったとのこと。

単行本が売れないタイプの読み捨ての作家だというのは悪いことではなく、個性なのだとしています。そして読み捨てで楽しませるコンテンツは、昔からずっと続いているのだと。

確かに、新聞雑誌はあまり取っておくことをしませんし、昔はテレビ番組を録画して残すこともできませんでした。漫画も最初の頃は貸本でしたし、雑誌連載と単行本が別々の出版社だったりしました。

そう考えると、なるほど納得。さらに、スマホに媒体を絞るという決断も、「読み捨て」を前提にすれば理にかなってます。

そしてスマホ向きの描き方にするという決断も。やっぱりそうなりますよねえ。

そっちに行くなら、小説でも、ライトな読み物をさらにライトにとか、短い時間で楽しめるように各パートを細分化してとか、いろいろありそうです。

そういう視点でそのあとの作品を読んでみると、また考えさせられるのでした。僕のは大丈夫かな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/02

vsFC東京 引き分け発進

2014J1第1節、vsFC東京は1-1のドロー!!

惜しいなー。勝ちたかったなー。

FC東京先制、柏同点の展開。仕事場ではどっちが追加点を取るのかと、緊張感が漂っておりました。

仕事佳境なので、帰ってからゆっくり録画を見たいと思います。感想はその時に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/01

vsFC東京展望

さあ、やってまいりました、2014J1開幕!

FC東京サポの多い仕事場からお送りしております。やばい、試合はホームゲームなのにアウェイだよ。

戦前予想では、ウチの予想はかなりいい感じ。PSMも順調でしたしね!

ということで、開幕から飛ばしたい。そんなFC東京戦の展望です。

まず守備では。

新監督になって、システムが変わったFC東京。4-3-3でインサイドハーフ二枚になるもよう。

ウチはそれに対してどうでるのか。3バックか4バックか。まず、ネルシーニョ監督の最初の仕掛けに注目です。

この形のチームはJリーグにはあまりないので、バックラインは相手FWをしっかり捕まえること。

攻撃では。

アンカーの脇を突きたいところ。となると。

やはりここはニーヤンに期待です!

守備は前からくるみたいなので、それをかわしてズバッと楔を入れ、そこからニーヤン大爆発を希望!

そして初戦からダブルレアンドロ揃い踏みな展開になったら大満足なのです!

いろいろ楽しみな開幕戦!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »