« スマホ研究中 | トップページ | TMvs鹿屋体大 今季初戦 »

2014/02/01

本の運命

結構長かった仕事から帰宅。

三週間ほど、いろいろ刺激が多くて、ためになるお仕事になりました。

その中の話題の一つ。電子書籍と紙の本についての話になりました。

お手伝いしていたところは、絵が重視される系統の漫画なのですが。

そうすると、やっぱり細かいところの見やすさでは、紙の本に軍配が上がります。

漫画の場合、そういう美術的な価値で買われる本も多く。

また、描く方も、そういうところにこだわっている人が多いのです。こだわり方も半端ないから、そこが無駄になってしまうのには、抵抗があります。

そして読み手の側から考えると、そういう漫画は、コレクションとして買いそろえるので。

長く所有することが前提です。そうすると、いくつか起きている、電子書籍のサービス停止で読めなくなる事例はホントに困ります。

ストリーミング方式じゃなくても、OSのバージョンアップなどソフトの都合やHDDの破損などで、いつか読めなくなるんじゃないかという不安もあります。

その点うちにある最古の本は、もう半世紀ぐらい経っていますが、紙は黄ばんでいるけど普通に読めます。きっと100年いけるはず。

そう考えていくと、コレクターアイテムとしての本は、今でもアナログレコードが生産されているぐらいだし、十分生き延びるのではないでしょうか。

問題はそうなった時、本屋さんが生き延びられるかどうか。本は薄利多売だから。

それによってどういう風に売れるのかが変わってくるので、本の形態にも結構影響がありそうです。

そんなことを考えて、とりあえず、同人誌は描き続けると思います。2/2のコミティアに参加。もっとセンスがあったらいいのにねえ。

|

« スマホ研究中 | トップページ | TMvs鹿屋体大 今季初戦 »

日記・つぶやき2014」カテゴリの記事

コメント

国会図書館に出版されたマンガや本がある、と
聞いた事があります。同人誌は無理かもしれませんが。
電子書籍も欠点があるなら、そこが最後の砦になりそうですね。
私、二十年前に読み損なったマンガ雑誌が
そこにあるのかな?と、思いながらも一度も入った事が
ありません。トホホ。

投稿: サツキ | 2014/02/03 23:29

検索かけてみたら、ケッタくんの1巻とハッチーは入ってるみたいです。公的にアーカイブされるんだと思うと、ちょっと不思議な感じです。
僕も行ったことないんですけど、これだけの本が収蔵されてたら壮観でしょうねえ。

投稿: かわせ | 2014/02/04 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59036527

この記事へのトラックバック一覧です: 本の運命:

« スマホ研究中 | トップページ | TMvs鹿屋体大 今季初戦 »