« さびしい販売部数 | トップページ | 読者サービスと媚び »

2014/01/27

なつかし万能メカ

お手伝いしている仕事場で、ちょうど今BGMにアニメや特撮の曲がかかっています。

昔のを聞いて懐かしいなと思うのと同時に、そこからどういう風に作品の流れが変わってきたのかを考えて、結構こぼれたものがあるのかもと思いました。

例えば巨大ロボットがあって、合体して、モビルスーツになって、という主人公メカの流れがありますが、人型ロボット以外の作品も好きだったなあとか。

例えばこちら。恐竜探検隊ボーンフリー。

万能メカは子供心をくすぐった。

映像だと人型ロボの方が華があるから、それが主役になるけれど、文章だとまた違うはず。あのころ子供の僕が面白いと感じた要素が、現代ではいくつか切り捨てられているわけで、それを取り入れたら面白そう。

他にもみんなであれは好きだった、これはちょっとと言ってると、視界も広がっていく感じがあります。

当時は感じてなかったけど、この辺、僕の世界観のような気がする。

お手伝いの仕事に入っていて、自分の作業は止まっていますが、こういう刺激があるのがいいのです。

さて、ご飯休憩おしまい。仕事に戻ります。

|

« さびしい販売部数 | トップページ | 読者サービスと媚び »

日記・つぶやき2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/59009077

この記事へのトラックバック一覧です: なつかし万能メカ:

« さびしい販売部数 | トップページ | 読者サービスと媚び »