« まず第一弾仕上げ中 | トップページ | 日本はC組 »

2013/12/07

偵察清水vs大宮・仙台と清水戦展望

さあシーズン最終戦ですよ!

まずは偵察。

2013J1第32節、清水vs大宮は1-0。

清水が早々に先制。CKをニアですらして、最後はヨン・ア・ピン選手が押し込みました。結局それが唯一の得点。

清水では前半に、大前選手の積極的なシュートの姿勢が目立ちました。大前選手とかG大阪の宇佐美選手とか、若くして欧州に行きすぐ帰ってきた例が最近ちらほらありますが、課題が見えたところで出場機会優先で帰ってくるのは、いいことなのではないかと思います。

大宮は惜しいシーンもありましたが、これで8連敗。ボール保持はそんなに差がないけれど、攻めのイメージ共有がない感じがあります。

前監督時にあったディテールとオートマティズムを失ったような。結局小倉監督も今季限りで大熊新監督になる模様。来年はどうなるでしょうか。

第33節、仙台vs清水は1-2。

先制は清水・伊藤選手。出だしはどちらかというと仙台の方が勢いがあったのですが、CBからの楔が入った所を潰してカウンター。落ち着いて切り返して決めました。

清水2点目もカウンター。ビルドアップのパスがずれたのをダイレクトで前線へ。ラドンチッチ選手が落ち着いてボールを運び、うまくシュートコースを作って得点。

仙台は後半PKで1点返しましたが、及ばず。手倉森監督のホームラストゲームを勝利で飾れませんでした。

こつこつとチームを作りACLまでたどり着いた手腕は見事でした。こちらも来年は新監督。どうなるでしょうか。

さて、これをふまえて清水戦展望ですよ。

守備では。

前線に大型FWラドンチッチ選手。楔、クロスのターゲットなので、ここをしっかり潰したい。上だけでなく足元もしっかりしているので、要注意。

その背後の二列目に、スピードのあるアタッカーが並んでいます。中でも大前選手は、ドリブルあり、シュートあり、そしてゴール前に飛び込む意欲もありなので、要警戒。離さずに。

攻撃では。

向うのバックラインに怪我や出場停止があり、多分初めての並びなのではないかと思います。ラインのギャップを狙いたい。工藤くんの出番です! 20得点をさっくり超えていいですよ!

そしてどうしても見たいのは、ワグネルさんのラストゴールです! しかもできれば、日本初得点の清水相手に同じFKで!

有終の美を飾ろう!!

勝ちましょう!!

|

« まず第一弾仕上げ中 | トップページ | 日本はC組 »

レイソル2013 ACLベスト4!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/58690815

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察清水vs大宮・仙台と清水戦展望:

« まず第一弾仕上げ中 | トップページ | 日本はC組 »