« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013/12/31

2013年のかわせひろし

今年のトピックはなんと言っても、まず。

「宇宙犬ハッチー 銀河から来た友だち」発売です!

小説家デビューとなりました!

しかし、その後は四苦八苦。ほんとは6月ぐらいには次を提出して、さらにもう一本ぐらい書けたらなあと思っていたのですが。

その皮算用から半年伸びて、提出したの12月ですよ(^^;;) 書きながら話をどんどん組み直していたから。こちらは現在判定待ち。

そして今年は自分も周りの人も、いろいろ踏み出した年でした。ナベ先生の「続ハーメルンのバイオリン弾き」の出版を手伝いました。今度第3巻が出るそうです。

ナベ先生が自分で漫画を出す様子に触発された僕は、「よし、立ち上がるならここだ!」と「ケッタ・ゴール!」の再販&続編を個人出版で出そうと動きました。

そして撃沈。個人には許諾が下りない。さらに1カット出てる洪さんにも許可を取らなきゃいけないんだけど、現韓国代表監督に、どうやってコンタクトを取れば?

ということでこれはまたあとで考えることにして。

kindleのアカウントを取ったので、ハッチーと並べて個人出版しました。

楽天ブックスも並べられるはずなんだけど、kindleが結構めんどくさかったので、koboに行く前に力尽きているところ(^^;;) 作家なんて原稿書く以外したくない人種なので、いろいろやらなきゃいけない個人出版は大変。

でも、そうやって手を尽くさなきゃいけないのが、これからの作家業なんだろうなと思っています。

来年もがんばるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/30

2013年のレイソル

今年はいろいろ上がったり下がったりが激しいシーズンでしたねえ。

去年を踏まえて対策をとったACLは絶好調だったんですが。

リーグ戦でなかなか調子が上がらない。泣きたくなるような変な負け方も多数。

挙句、ネルシーニョ監督から辞める宣言まで出る始末(^^;;)

何事もなかったかのようにシーズン終わったけど、あれ、今年の出来事だったんだよね?

結局リーグ戦は這い上がれないまま終わりましたが。

タイトルはナビスコ杯を取って、J2優勝も入れれば四年連続の戴冠です。えらい!

ACLはベスト4までだったけど、これは来年また挑戦権を取って、再来年に!

選手個人に目を向けると、なんと言ってもまず工藤君の大活躍が光ります。

キタジを超えてチーム歴代一位のシーズン19得点。見事9番を受け継ぎました。

五輪予選の頃に、工藤君はとにかく点を取る子なのだと力説してましたが、証明されてうれしいです(^^)/

得点王は、今年はすごいハイレベルの戦いになり届きませんでしたが、来年に期待。30点ぐらい取っていいよ!

田中君が得点、アシストともに二桁マークしたのも立派でした。

一昨年ぱっと出てきたら相手のマークが厳しくなり、ちょっと伸び悩み気味でしたが、一皮むけた感じです。人より射程距離が長いだけに、更なる得点力アップも期待できます。がんばれー!

個人的には終盤の太田君の活躍がうれしかったです。

次に来る若い子は誰かなーとユースの様子も見ていると、そこからよそへ行った子も気になるもの。よそで力をつけて帰ってきて活躍した第一号。あとに続く子は出るのかな。

来シーズンが楽しみです。早く来いー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/29

チャリティーマッチと移籍あれこれ

日本プロサッカー選手会主催の東北復興支援チャリティーマッチがありました。

若手主体の東北ドリームスが5-3でベテラン主体のJAPANスターズに勝利。やっぱり運動量が違ったw

レイソルの選手は、渡部くんと大谷くんが先発、工藤くんが後半から出て1得点。

JAPANドリームズの方に、キタジ、ユキヒコさん、ミノルくんとゆかりの選手が。ユキヒコさんだけ先発だったんだけど、後半にそろえてくれたら、菅沼、北嶋、佐藤とポジション的にきれいに前線に並んで、「あの時のレイソル……!」っていう感じですごく燃えたんだけど、惜しい。

番組中、小笠原選手が復興の遅さを訴えていました。

変な話だけど、あのクラスの地震はもう1000年来ないんだから、これから来る関東とか西日本より安全だと思うんですよね。復興が進んでほしいですね。

さて、レイソルでは本日も移籍関連の発表がありました。

まずおどろいたのは、山中くんの千葉へのレンタル。

出番あるから、そのまま茨田くんみたいにウチで育てるんだと思ってた。

でも出番が増えるのはいいことです。大活躍してほしいです。

千葉は監督ころころ替えすぎて、毎年土台から作り直してたけど、鈴木監督は継続するようなので、来年こそ上がれるだろうか。

そしてうわさ通り高山選手が湘南から。

橋本、山中といるから、左アウトサイドの補強じゃないんだろうと思っていましたが、山中くんレンタルの話があったのなら納得です。その分の活躍も希望!

そして水戸から輪湖くんが。

全然うわさ聞いてなかったからびっくりしました。左SBとして今季水戸で29試合出場。これで4バックに戻したときも左SBは二人。

太田君と同期のユース出身で、甲府、徳島、水戸と渡り歩いての帰還です。レンタル武者修行に出してなかなか帰ってこないという状況があったんですが、太田くん、輪湖くんとレンタルじゃなかった人も帰ってくると、活躍しだいで戻す路線もはっきりしてきた感じですね。

今シーズンは終盤に太田くんが大活躍だったので、輪湖くんにも期待です。がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/28

武富くん中川くんと南さん

武富くんと中川くんの湘南レンタルは来年も続行。

昨日武富くん帰ってくるかなあと書いたら、来年も湘南との発表。もうちょいなのになあ。

中川くんはウチとの試合で見せた溜めを作ってスルーパスが印象的でした。サイズが小さいという懸念を、プレーで一つ一つ覆していってほしいです。

そして今日サッカー情報を眺めていて驚いたのは、ウチではなく。

南さんが熊本から横浜FCに移籍のニュース。

熊本の顔的存在だと思ってたから、びっくりしました。

予算的な問題の模様。債務超過なんだって。どこも厳しいなあ。

J2は基本的に予算が厳しいチームが多いので、なんとなくいい選手をそろえて力尽くで勝つということができません。しっかりしたコンセプトを持ち、ストロングポイントを絞って、的確なチーム編成をすることが必要。

その点、湘南が降格したのにチョウ監督を続投させて、今年のサッカーを引き継ぐのは英断だと思います。落ちそうになってもやり方変えなかったんだから、引き継がないと今年が無駄になっちゃう。

その中で武富くん中川くんにはさらに成長してほしい。

逆に熊本はちょっとぶれてる感じ。高木監督が熊本から長崎に移って大躍進したのは皮肉です。次は小野監督でポゼッション路線みたいだから、これを徹底できるかどうか。どうなるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/27

ハンジン君群馬へと補強動向

おいっす! オフ長いっすね!(あいさつ)

ウチは契約の動向がなかなか出てこないから、情報に飢えているのです。さくっとシーズン終わった時にこうなると思っていたのです。そんな中。

ハンジン君の群馬への移籍が発表されました。

今年湘南にレンタル移籍で、途中から群馬へ。湘南でポジション取れなかったからなあ。僕が見た試合は、きれいに釣り出されて失点した試合が最後。

サイズがあって運動能力も高いので、試合経験積むのが本人にも大切。がんばってほしいです。

さて、オフが長いと、来季の勝手な妄想がはかどってしまうわけですが。

シーズン最後のまま来季は3-4-2-1で行くのかなと選手を並べてみると、補強ポイントも見えてきます。

ワグネルさん、クレオさん、澤さんといなくなったので、明らかに1トップ2シャドーのところを補強しないと。

鳥栖の野田選手にオファーを出していましたが、どうも競り負けた感じ。豊田選手がいない時に1トップ、普段は左サイドで出ていて、サイズがあるのにドリブルが切れるというぴったりの人材だったので残念。

湘南の高山選手獲りの話も出ていました。左サイドが主戦場ですが、試合中の交代などで、このポジションもやっていました。こっちはどうなってるのかなー。

湘南といえば、武富君が帰ってくるのかどうかが気になります。使うならまさにここじゃないかと思うのです。

元G大阪のレアンドロ選手を獲って、ダブルレアンドロ体制にする説がありましたが、あれもどうなっているのでしょう。

他に話が出ているポジションはボランチ。人手不足の感じはありませんが、一人が攻撃時左SBにスライドするシステムで行きそうなので、カウンター時に真ん中一人で守れる人材がいるとありがたい。

大宮の青木選手に二年連続でオファーを出しましたが、浦和に移籍決定。

湘南のハン・グギョン選手獲りの話もありました。チャンスさんと代表で先輩後輩になります。さて。

報道で上がってるのはこの辺ですけど、他に気になるのは。

チャンスさんと藤田くんが怪我してる右サイドは、春先太田君一人だけれど大丈夫なのでしょうか。

あと、3バックになると、CBの数が微妙です。中谷君が昇格してきて5枚。今シーズンの終わりもやばかったけど、増嶋君が根性の早期復帰で乗り切りました。谷口君が右CBできそうだったから、それで行くのかな。

とにもかくにもやきもきなのです。いい補強になるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/26

サンタは白人

黒人生徒に「サンタは白人」、米高校教師が謹慎処分に

米ニューメキシコ州の高校教師が、黒人の生徒に対し、サンタクロースは白人だと発言し、謹慎処分を受けた。関係者が16日明らかにした。

この高校は同州リオランチョにある学校で、同校生徒は先週、サンタの衣装などで登校してもよいことになっていた。そこで黒人の生徒がサンタの衣装で現れたところ、この教師に呼び出された。

生徒の父親が地元テレビに語ったところによると、教師は「サンタクロースが白人だということを知らないのか。なぜその衣装を着ているのか」と問いただした。

学校の説明では、教師は不適切な発言を行ったことを認め、家族に謝罪したという。

ロイター13/12/19

そんなこと言ったら、サンタさんのもととなった聖ニコラオスは現トルコの生まれみたいだけど。白人だったら何でもいいわけじゃないのでは。

コスプレなんだからみんなで楽しめばいいのにね。

Naoko_santa

奈緒子サンタと三匹のトナカイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/25

南極にダイヤモンド

南極にダイヤモンド存在の可能性、キンバリー岩を発見=調査

ダイヤモンドを含むことがあるキンバリー岩を南極大陸で初めて発見したと、オーストラリアの研究者が率いるチームが学術誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。

ダイヤモンドは今回見つからなかったが、調査を率いたオーストラリア国立大学のグレッグ・ヤクスレー氏は、ロイターとの電話インタビューで「このようなキンバリー岩にダイヤモンドがなかったとしたら、非常に驚きだ」と語った。

同誌に発表した論文によると、調査チームは南極大陸東部にあるプリンス・チャールズ山脈のメレディス山周辺でキンバリー岩を発見。ただ、南極は「環境保護に関する南極条約議定書」によって少なくとも50年間は採掘が禁止されている。

また、他の地質学者らは、ダイヤモンドが見つかったとしても商業的な価値について懐疑的な見方を示している。英南極研究所のティール・ライリー氏はロイターに対し、同じようなキンバリー岩の岩床であれば、利益が得られるのはその1割に満たないと述べた。

ロイター13/12/18

地球深部からのマグマが出てたってことだから、探せば金鉱床とかもありそう。

Diamond2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/24

ビール代はワニで

「ビール代はワニで」、米コンビニに不審な客現る

米フロリダ州マイアミのコンビニエンスストアで、男性客が生きたワニを店内に持ち込み、ビール12缶と交換するよう要求するという騒ぎがあった。同州の魚類・野生生物保存委員会が17日明らかにした。

客が持ち込んだのは全長1.2メートルのアリゲーターで、同委員会によると不法に捕獲されたもの。この男性は自然保護区でワニを捕獲したとしているが、なぜコンビニの買い物代金として通用すると考えたのかは不明だという。

同委員会は今月10日、ワニの不法な捕獲や違法取引の疑いで男性を告発。有罪になれば、最高で禁錮6月、罰金500ドルが科される可能性がある。

ビールと交換されそうになったアリゲーターはその後、無事に野生に戻されたという。同州のアリゲーターは絶滅の危機は脱したが、捕獲が許されるのは厳密に管理されたハンティングシーズンのみとなっている。

ロイター13/12/18

僕がコンビニ店員で、カウンターにいきなりドンと置かれたらと思うと……。

Alligator

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/12/23

天皇杯準々決勝

天皇杯準々決勝が行われました。

晩御飯食べながら、マリノスvs大分戦を見ていました。あの時ビッグチャンスをきちんと決めていたら今頃ここにという思いもなきにしもあらずだけれど、まあそれは仕方ないこと。

四試合で勝ち残ったのは、広島、FC東京、マリノス、鳥栖。この中だと、優勝してほしいのはマリノスかな。

昇格時パンゾー君が移籍して、すぐウチが優勝した時に、「ほら、移籍しなかったら優勝できたのに」という意地の悪い気持ちがちょこっとあったことは、否定しないのですが。

その後ウチが毎年何らかのタイトルを取っていて、今年マリノスが目前でするりと手の平から優勝がこぼれてとなると、さすがにかわいそう。天皇杯は取ってほしいです。

マルキーニョス選手が神戸からのオファーで引き抜かれ、あっさり帰国してしまっていますが、リーグ終盤11試合無得点で終わってるので実はたいした影響ないかもしれない。

代わりに出た人にがんばってもらって、ぜひパンゾー君が賜杯を掲げる姿が見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/22

気がつけばあと十日

買出しに行ったらクリスマス用食品が押されてたのです。飾りはだいぶ前から出てたけど、そう言えばそろそろだなあと。

同時に、今年も終わる実感がひしひしとしてきます。あと十日。

十日あったら、仕上げ一本終わらせて、次の素書きぐらいできるかな。

他にもいろいろ終わってないのです。

昨日のお姉さん別カット。

Maru3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/21

ぬれねずみ

完全夜型の生活をしていると、困るのは昼間しか開いていない銀行窓口に行かねばいけないとき。

起きたらもう2時近く。支店は隣町。電車を使ってもさして時間の変わらない微妙な徒歩圏。いつもならのんびり散歩しながら行くのだけれど、外は雨。風も強い。

ちょうどその頃東京で初雪が観測されたそうですが、どうせならもっとしっかり雪になっててくれれば、払い落とせるから濡れないのに。一番冷たい状態の雨という最悪の天候の中、やっぱり歩いていくかと向かって、凍えていたのでした。

作業机がコタツだから、冷え切った足先を温めるには好都合。

次の漫画に出てくるお姉さん。

Maru2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/20

ハノーファーvsニュルンベルクを見ました

NHKBS-1でやってたハノーファーvsニュルンベルクを見ましたよ。3-3。

結果は知ってたので、前半の出だしを見て、これそんな撃ち合いになるゲームかなーと思っていたら。

ぽんぽんぽんと三失点。1失点目は酒井君に当たって入ってしまった(+_+) 2点目のスルーパス、3点目のCKと清武選手が2アシスト。

ハノーファーは後半開始から選手を代えてシステム変更。清武選手にマンマークをつけて、相手の勢いをそぐと反撃開始。

得点を積み重ね、とうとう終了間際に同点に追いついたのでした。

ハノーファーの試合は、ウチの環境だと全部は見れないんだけど、複数失点をよく見かける気が。もっとタイトにいけないのだろか。

そしてせっかく攻め上がってる酒井君を、もっと使ってください!(これが重要)

ニュルンベルクと言えば、これで16試合連続勝利なし。試合後長谷部選手も言ってたけど、3-0で勝てないのはかなり厳しいですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/19

漫画は楽しい

小説一本提出して、次の作品の仕上げに取りかかっています。

何か積み上げられるものはないかと、本を読んだり録っておいたTV番組を見たり。

資料番組を見ながら、漫画も描いています。

番組が面白そうだったら手が止まるし、ぼんやり考え込んでいる時間もあるしで、漫画はかなりののろのろ運転。

締め切り気にせず漫画描いてるのは、とても楽しいのです。

主人公の男の子。

Maru1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/18

愛媛戦見ました

愛媛戦を見ましたー!

前半から圧倒的なポゼッション。多分70%超えてるんじゃないかと思うくらいの。

しかし問題なのは、それだけ保持してシュートが前半2本です。

これはもっと楔入れてダイレクトプレーを使うとか、裏を取るとかしないと、相手のブロックが崩れないよなーと思っていたら。

得点はまさにその形。アンカーの手塚君が浮き球で前線に入れ、中山君が頭で落とし、大島君のダイレクトシュートで先制点!

追加点はプレスバックした大島君がボールを奪い、中山、手塚、大島とつないで、裏へスルーパス。抜け出した宮澤君のシュートのこぼれを会津君が詰めました!

守っては、ポゼッションサッカーにありがちなカウンターを食うリスクを、素早い切り替えと寄せの鋭さでほぼ完封。相手シュートは3本です。お見事!

来年は対戦相手のレベルが上がるので、ちょっとした隙に前を向くとか、一瞬開いたシュートコースを逃さないとか、ポゼッションの詰めの部分を突き詰めていってほしいですねー。がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/17

プレミアリーグ参入戦vs愛媛 昇格!!!!

高円宮杯U-18プレミアリーグ参入戦、vs愛媛は2-0!!!!

昇格おめでとー!!!!

来年はトップチームを見習って、目指せ昇格即優勝!!!!

明日の配信が楽しみです(^^)/

他はどうなったのかなと結果を見たら、市立船橋も上がっています。今年のチャンピオンは流通経済大柏で、来年は千葉県勢3チーム、うち柏二つ。

すごい。もう日本一のサッカーどころと言ってもいいのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/16

磐田戦見ました

夜にクラブW杯やってたけど、やっぱりユニフォームが黄色くないと燃えないんじゃよ。

ということでJFAのサイトで昨日の磐田戦を見ましたよ!

磐田もしっかりプレスかけてきてたけど、そこをかわしていくポゼッションの安定感はさすがです。

10番の宮澤君が、切れ込んでのドリブルシュートで先制点。追加点は相手のビルドアップをひっかけて。抜け目のなさが光ります。

後半になると少し運動量が落ちたか、向こうのチャンスが増えましたが、一失点に押さえて、堂々の勝ち抜け。

右サイドにU-17日本代表の会津君がいて、こちら側から崩してクロスが上がっていたので、それに合わせて中の枚数をもうちょっと増やせれば万全かな。

さあ、愛媛戦に勝てばプレミア昇格です!! がんばってー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/15

プレミアリーグ参入戦vs磐田 あと一つ!!

高円宮杯U-18プレミアリーグ参入戦一回戦vs磐田は2-1!!

月曜の愛媛戦に勝てば昇格です!!

ユースのリーグは、一部がプレミアリーグで東西二つに分かれ、二部がプリンスリーグと呼ばれ全国九つに分かれています。で、ウチは二部だったのです。

よく、レイソルは育成の成功しているチームと言われますが、なのに二部とはこれいかに、と思っていたのです。一部昇格は悲願ですよ!

最近思うのが、育成は、昇格の時点で一人前にしとかないと、だめなんではないかということです。

若干フィジカルに鍛える余地があるかなぐらいには仕上がってないと、出番がない。ウチは積極的にレンタル武者修行に出しているけど、よそでは出番ないまま二、三年で首にするチームもあって、これじゃあ大学に行っといた方がよかったという話になってしまう。

しっかりした技術と高い戦術理解、そのうえ勝つためのディテールをもらさない。そういう子を育てないと。そのためにも、厳しい舞台は必須です。がんばれー!! 昇格しろー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/14

中村君・白井君・大谷君・工藤君・キタジ

サッカーの話題をいくつか。

中村君がU-18日本代表候補トレーニングキャンプに召集されました。

怪我があったけれど、中村君は最近のユース代表GKの中でも能力高いと思うので、がんばってほしいです。

U-18でバリバリ目立って、五輪に行ってほしいのですよ!

ユースの白井君が、水戸に加入。

プロ入りおめでとうございます。

今年、太田君が帰ってきて最後見事な活躍だったから、よそでプロになった子への期待感も大きくなっています。白井君もがんばれー!

そう言えば昇格は中谷君が発表されたきりだけど、他はないのかな。

日本プロサッカー選手会のチャリティーマッチに大谷君と工藤君が選出。

ベテラン若手でチーム分け。チーム分かれての選出です。

若手チームの前線、すごく強くない? 柿谷、原口、南野、工藤で組める。楽しみ。

ベテラン組にキタジが選出されています。

このたび、熊本のアシスタントコーチ兼アカデミースタッフに就任したそうです。

キタジって指導者向いてるんじゃないかと思うんですよね。トップチームの監督は勝負勘とか冷徹さとかいるから未知数だけど、育成に関しては、もともと若手のフォローとかをよくする人で、プレーを理詰めで突き詰めて考える習慣が身についているから。

ウチに帰ってきてほしいと思ってたぐらい。

偶然にもこの記事、レイソルの選手が全員ユース出身なんですけれど。育成は大切。チームを底上げする。

第二のサッカー人生もがんばってほしいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/13

商業出版と個人出版の補完関係

さて、昨日原稿を出して、その前には個人出版についての寄稿が載ったので。

ここら辺で、商業出版と個人出版の関係についてどう考えてるか、整理したいと思います。

個人出版サービスが来る来ないという時期には、黒船来襲! という感じでしたけれど。

来てみて使ってみての感想は、もっと補完的なものじゃないのかなと。

まず、きんどるどるどうでしょうさんへの寄稿文で、「ボツ原稿にもハリー・ポッターみたいな可能性」と書きましたが、あれがとても低い可能性なのは分かっているのです。宝くじみたいなものですよ。

でも、宝くじも買わないと当たらないからね! 万が一の可能性も一万回積めば、外れ確率は99.99%の一万乗で約37%。なんと6割以上当たるんですよ! やって損なし!

……ふう。

さて、落ち着いてもうちょっと現実的な見方をしますと。

特に漫画は、原稿料というシステムがないと作画スタッフが雇えず量産できないので、個人出版からストーリー漫画で大逆転は、なかなか大変そうです。

一本当たりが短くて、画面密度も上げなくてもだいじょうぶな、ギャグ系とかエッセイ系ならあるかも。

もしくはすごく手が速くて、一人で高密度の画面を量産できる天才。

基本的には、同人誌活動していたらスカウトされたというのが、ネット上でも起きます、という流れなんじゃないだろか。電子書籍という名前がついた方が流通しやすくなるし、実際にある程度売れてれば、それがセールスポイントになるし。作家のプレゼンテーション的な役割。

自分が今やっている児童書の場合は、そもそも子供が電子書籍をどうやって買うのかという問題と、子供が本と接触する場所は、図書館とか学校の図書室の割合が高いことを考えると、もっと可能性低いと思います。

まあ、ボツになったら、とりあえず出すけれども。読む人いるのかな(^^;;)

大人だけど児童書読んでくれる人とか、何とかたどり着いてくれた子とか、出会えたらものすごくうれしいです。

一番可能性があるのはハイティーンから大人向けの文章物ではないでしょうか。そもそも元から兼業作家がいるし。

特にタブレットじゃなくてスマホで、通勤通学の電車の中で読むというふうに電子書籍が広まったら、全体の需要が増えるから、ニッチ狙いでも行ける可能性が出てくるのでは。

基本的にリソースが大きい商業出版の方が有利なのは変わらず、個人出版は、特に宣伝が難しい。埋もれる可能性大。

個人出版の利点は、寄稿でも書いたとおり、商業出版では取りきれないリスクを取って、作品の可能性を広げられるところ。

逆に個人出版の弱点としては、自分の弱さと向き合えるかどうかがあると思います。

商業出版だと、編集さんに厳しいこと言われて直すはめになったりするけれど、個人出版では、本人がこれでいいと思えば出せる。でもこれは実は利点じゃなくて、質を高める機会を放棄していることになる。

誰だって厳しいことは言われたくない。なければそっちの方がいい。自分に甘い人は、この罠にはまります。批評の質の問題もあるから単純ではないんだけど、批評に耐えてそれを生かす力も才能のうち。

つまり「ワンピースみたいな燃える漫画が描きたい!」という人は、迷わずジャンプの門をたたきなさいということですよ。へたれるな、そこで勝て。

「一番描きたいシーンが描かせてもらえない」という人が、採算の厳しさに負けず個人出版というのがよい流れ。こぼれた読者も救われる。

そういう補完的な関係なのではないかと、最近は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/12

山中くん秋野くんがU-21に選出

山中くんと秋野くんがU-21日本代表に選出されました!

 

手倉森ジャパンの初陣、AFC U-22選手権 オマーン 2013に出場です。

……2013?

来年1月なのになぜか2013。太陰暦だから?(違う)

日本はグループC、イラン、クウェート、オーストラリア。1/9には練習試合もあるそうです。

仙台が天皇杯取ったら、手倉森監督は休みなくて大変そう。

このチームがだんだん形を変えてって、五輪に向かっていくわけで。

二人にはぜひ、大活躍してほしいです!

最終節終わって今週、「ああそっかー、週末試合ないんだー」と、すでに長ーいオフを実感しているので、すごく楽しみ。がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/11

原稿提出

新作の原稿を提出しました。

僕の皮算用としては六月ぐらいに終わるつもりだったのに、半年オーバー。書きはじめてから「あ、違う。ふくらますならこっちだ」と気づいたりして、当初の予定からだいぶ変えて手を入れまくったからなあ。

原稿を出したといっても出版が決まったわけではなく。

漫画の場合は掲載が決まってから原稿を描き始める場合がほとんどですが、小説の場合はできた原稿を見て出版するかどうか決まるということで。

担当さんの机の上には、ライバル原稿がたくさん載っているに違いないのです。勝ち抜きますように(-人-)

ちなみに僕の皮算用は人に話すと、取らぬ狸すぎてたいてい笑われるんですが。

このあと立て続けに書き上げる予定です! 一ヶ月に一本のペースで三月まで!(強気)

宣言して退路を立つ作戦。ちなみに最後の一本は、これからプロット。だいじょうぶ、いけるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/10

セール本日までと売りを伝える難しさ

クローン04特別価格99円セールは、本日12/10までの予定です。(訂正:11日まででした。すいません)

いつもの子供主人公の楽しい話ではなく、上の年齢向けに、社会問題の風刺も織り交ぜ、さらにお色気も入れてみたというお話です。パブー版セールも、本日までの予定。これを機会にぜひどうぞ。

きんどるどうでしょうさんに記事掲載から始まり、セール参加と動いていたわけですが。

作品の売り口上つけるの難しいですね。

本の内容紹介を短い文にまとめて、それで興味を持ってもらうにはどうしたらいいのか。世の中に情報があふれてきちゃっているので、じっくり立ち止まってもらうのは大変です。スパッと目立たないと見てもらえない。

あと、記事掲載の反響を知ろうといろいろ見ていたところ、「雑誌の色がない個人出版は、想定読者の情報がほしい」というつぶやきを見かけました。

確かに、ジャンプに載ってる漫画ならだいたいこの範囲、とか、電撃文庫のラノベならこんな感じとか、手に取る前に予想できますもんね。

ただ、年齢性別だけじゃないから、こんな人にお勧めというのを、スパッと伝えるのも難しい。作家の色を信用して手に取ってもらえるようになればいいんですけど。道のりは遠い。

とりあえず、クローン04の作家名を漢字にしてみました。内容の硬さと、小学生向けじゃないよというのを表せるかなと。

じゃあひらがなの時は小学生向けかというと、漫画をひらがなで出してたりしますし、これまた難しい。

内容の色合いをうまく伝える手はないか、いろいろ考えているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/09

ラストゲーム逆転勝利と行く人来る人

今季ラストは逆転勝ち!!!!

2013J1第34節vs清水は2-1!!!!

失点は、高木選手のドリブルシュート。相手も上手かったけれど、谷口君の飛び込みが外されたのが痛かった。あの辺がCBとボランチの守り方の違いだと思われます。

来年もこのまま3バックで行くとなれば、谷口君が両方できるとありがたい。資質的にはいけると思うんだ。がんばって!

同点弾は太田君。太田君すごいですよ! ナビスコ杯決勝でスクランブル的に右アウトサイドに入ってから、その後のリーグ戦4試合で3得点ですよ!

左からのクロスに合わせてシュートもあったし、こっちからもいいクロス上げてたし、このポジションをものにした感じがあります。来年どうなるかなー。楽しみ。

そして逆転弾は田中君。キーパーの外を巻き、ポストをたたいて入るすごいシュート。お見事!

工藤君は20点に届かなかったけど、田中くんが11点で、二人合わせて30点。来年は40点目指してください!

そしてこの試合が、ワグネルさんの日本ラストゲーム。FKのチャンスは来なかった。

でも最後の勇姿をしっかりこの目に焼き付けたのでした。

正確なサイドチェンジやクロス。鋭いCK。正確無比のFK。強烈なミドルシュート。

そしてなんと言っても、チームのために走り続けたあの姿。ずっと忘れない。

ありがとう、ジョルジ!!

そして試合が明けて本日。

澤さんの退団が発表されました。

日立台ラストゲームでネルシーニョ監督がフライング発表してたんだけど、遅れてたのはなぜなんだろう?

ペルーの至宝との触れ込みにわくわくしていたら、怪我でさっぱり姿が見れず。まさか幻の至宝なのかと思いきや、怪我が癒えたら一味違う動きを見せてくれました。戦術理解が高く、澤さん出しとけば大丈夫という感じで頼れた。

まだまだできると思うんだ。どこに行くんだろう。

そして行く人があれば来る人もあり。

中谷君がトップチームに昇格です。

今年二種登録されてたし、ベンチにも入ってたから新顔って感じじゃないんですけれど。

清水戦のベンチはとても若かった。ワグネル35、稲田28と来た次から、茨田22、山中20、小林19、木村19、中谷17。

ここ最近毎年タイトルを取っているけれど、そういう強いチームができたときに陥りやすいのが、新陳代謝の失敗。ベテラン頼りに限界が来て全とっかえみたいなことをすると、がくんと弱くなりやすい。そうならないためにはいい競争をして、毎年こつこつ新戦力が出てこないと。

若いみんな、がんばれ! レイソルの未来は君たちにかかっているのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/08

日本はC組

ブラジルW杯の抽選が行われ、日本はグループCとなりました。

相手はコートジボワール、ギリシャ、コロンビア。楽とは言えないけど、そんなに悪くない組です。

初戦コートジボワールはFIFAランク17位。アフリカ最上位です。ギリシャが12位。そして最後のコロンビアが4位。日本の48位が当然最下位。まあW杯は常に挑戦者の立場だから。守備をもうちょっと突き詰めて、うっかり失点をなくせば、攻撃力はいけるはず。

コートジボワール代表にはドゥンビアさんがいます。対戦あるかも。日本とコートジボワールの2チーム抜けがいいな。

グループリーグを突破すると、おとなりD組と対戦予定。ウルグアイ、コスタリカ、イングランド、イタリア。

これは死の組……? こっちに入らなくてよかったー(^^;;)

清水戦の感想はこのあと録画放送があるので、それを見てから明日に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/07

偵察清水vs大宮・仙台と清水戦展望

さあシーズン最終戦ですよ!

まずは偵察。

2013J1第32節、清水vs大宮は1-0。

清水が早々に先制。CKをニアですらして、最後はヨン・ア・ピン選手が押し込みました。結局それが唯一の得点。

清水では前半に、大前選手の積極的なシュートの姿勢が目立ちました。大前選手とかG大阪の宇佐美選手とか、若くして欧州に行きすぐ帰ってきた例が最近ちらほらありますが、課題が見えたところで出場機会優先で帰ってくるのは、いいことなのではないかと思います。

大宮は惜しいシーンもありましたが、これで8連敗。ボール保持はそんなに差がないけれど、攻めのイメージ共有がない感じがあります。

前監督時にあったディテールとオートマティズムを失ったような。結局小倉監督も今季限りで大熊新監督になる模様。来年はどうなるでしょうか。

第33節、仙台vs清水は1-2。

先制は清水・伊藤選手。出だしはどちらかというと仙台の方が勢いがあったのですが、CBからの楔が入った所を潰してカウンター。落ち着いて切り返して決めました。

清水2点目もカウンター。ビルドアップのパスがずれたのをダイレクトで前線へ。ラドンチッチ選手が落ち着いてボールを運び、うまくシュートコースを作って得点。

仙台は後半PKで1点返しましたが、及ばず。手倉森監督のホームラストゲームを勝利で飾れませんでした。

こつこつとチームを作りACLまでたどり着いた手腕は見事でした。こちらも来年は新監督。どうなるでしょうか。

さて、これをふまえて清水戦展望ですよ。

守備では。

前線に大型FWラドンチッチ選手。楔、クロスのターゲットなので、ここをしっかり潰したい。上だけでなく足元もしっかりしているので、要注意。

その背後の二列目に、スピードのあるアタッカーが並んでいます。中でも大前選手は、ドリブルあり、シュートあり、そしてゴール前に飛び込む意欲もありなので、要警戒。離さずに。

攻撃では。

向うのバックラインに怪我や出場停止があり、多分初めての並びなのではないかと思います。ラインのギャップを狙いたい。工藤くんの出番です! 20得点をさっくり超えていいですよ!

そしてどうしても見たいのは、ワグネルさんのラストゴールです! しかもできれば、日本初得点の清水相手に同じFKで!

有終の美を飾ろう!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/06

まず第一弾仕上げ中

三本並行進行だったうちの第一弾の仕上げに入りましたよ。

一度読み通して直すところを直して、もう一回確認したら、週明けぐらいに提出でしょうか。

ここから三月いっぱいで四本仕上げるのが目標なのです。

おや、一本足りない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/05

恩赦

米大統領が恒例の七面鳥「恩赦」、感謝祭前に2羽命拾い

オバマ米大統領は27日、ホワイトハウスで毎年恒例となっている、七面鳥への「恩赦」を発表した。米国では28日にサンクスギビング(感謝祭)が祝われ、多くの家庭で七面鳥が食卓に上がる。

大統領は娘のマリアさんとサーシャさんらが見守る中、七面鳥に手をかざして恩赦を言い渡した。

恩赦を受けて命拾いしたのは、「ポップコーン」と「キャラメル」と名付けられた2羽。ミネソタ州で育ち、恩赦を言い渡された後は、ワシントン近郊にある初代大統領ジョージ・ワシントン邸宅、マウントバーノンで公開される予定。

ロイター13/11/28

感謝祭の七面鳥料理といえば、丸焼きですが。

じゃが丸さんは、生でもいけます。

Turkey2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/04

殺しの依頼

殺害計画が標的の米男性に筒抜け、携帯の誤作動で

米アーカンソー州で、殺し屋に殺人を依頼した男の携帯電話が、ポケットの中で誤ってターゲットにかかってしまい、殺人計画が露呈するという出来事があった。地元警察が発表した。

警察発表によると、ジェームス・マコムさん(33)は先週、1本の電話を受けた。元雇用主のラリー・バーネット容疑者(68)からの電話だったが、同容疑者は誰か別の人物と話しており、マコムさんが会話に耳を傾けると、同容疑者が殺し屋と思われる人物に、事故に見せかけてマコムさんの殺害を依頼する内容だった。

マコムさんは警察署に行って、事情を説明。警察官とともに帰宅すると自宅が荒らされており、ガスが漏れ出していたという。

警察はバーネット容疑者を逮捕した。警察によると、バーネット容疑者は殺し屋にマコムさんの情報を教えるため、自分の携帯電話の電話帳を開いたままポケットにしまったところ、はずみでマコムさんに電話がかかってしまったとみられている。

ロイター13/11/28

こんな電話がかかってきたら恐ろしすぎる。

Assassination_request

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/03

完徹

皮算用から作業が遅れていくのが、何か許せない気分になったので。

寝ないで突っ走って終わらしてやった。ははは、ザマーミロ(←誰に?)

並行三本、全部本書き終わった。ここから一個ずつ仕上げ。

その前にオヤスミナサイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/02

きんどるどうでしょう掲載・補足とセール参加

アマゾンkindleの情報を取り扱っている大手サイト「きんどるどうでしょう」様で、寄稿分を取り上げていただきました。

漫画家・小説家の僕がやってみて気づいた、プロが個人出版に挑戦すべき6つの理由

タイトルとか見出しは向こうで整えると事前に聞いていたのですが、いざ載ってみると、ドキドキします。もうちょっと大人しかったんですよ、原文。

こっちの方が人目を引くから、これで正解と分かっているのですが。

頭ではそうすべきと分かっていても、性格的にできないんですよねー、マーケティングのたぐい。やばいよ、偉そうに見えたらどうしよう。そんなに偉くないのに。

なんだかんだでネットは見出し命のところがあるから、どんどん過激になってます。このブログのこの記事だって、人目を引くことだけを考えたら、例えば。

ちょwwwwwアクセス爆釣wwwwww
簡単に注目を集めるたったひとつの冴えたやりかた!!

とかタイトルつけて。

中身は、要は大手サイトに取り上げられればいいということを、テンション高めでさもおおごとかのように水増しして書き、しかも、確かにありがたいことにアクセス増えましたが、爆釣は言いすぎかなーとか、あと肝心の大手サイトに取り上げてもらう方法が書いてないとかは、そ知らぬ顔で・・・・・・。

無理(^^;;)

というわけで普通に補足。

取り上げてもらえたのは、僕の場合はたまたまです。昔いっしょにお仕事した米田さんが以前取り上げられていて、僕がKDPで本を出したらこんな人がいますよと先方に紹介してくださり、そこで僕の経歴に興味を持ってもらえたという経緯。ありがとうございます。

記事の内容は要するにいつもここで言ってるようなことです。ハリー・ポッターみたいな例もあるから、一回ぐらいボツになってもまだ分からない。それは大きな夢すぎるとしても、個人出版ならコストが下がるから小さいところで成立するかもしれない。

小さく空いてそうな場所で僕が心当たりがあるのは、コア・サポーターのいるジャンル、純粋にいい話、じっくり書かれた話。これは漫画の場合。マーケティングの話で言えば、ニッチを狙え、当然と思われてるところを外せということですね。

小説の場合はまだ仮説段階なので、書いてません。ボツが増えると分かってくるので、順調に採用されて分からない方がありがたい。

子供向けSFはがら空き! と思って挑戦してるんですけど、ここが採算取れるかですよねえ。

あと記事が載ったあとに思いついたのが二つあって。

一つは、直球ど真ん中。べたべたなやつって好きな人いると思うんだけど、古いんじゃないかと作る側では敬遠されがち。いい雰囲気出してたら、みんなが避けてるタイミングと合えば、あるんじゃないか。

もう一つは先鋭化していく過程で捨てられるところ。例えば身近なところで梅木君が、ファンタジー好きで、異世界の日常生活とか描きたいってよく言っててああいう漫画なんですけど、いい狙いだと思うんですよね。

SFとかファンタジーって世界観の魅力で見る人多いけれど、売れるギミックがだんだんはっきりしてきて、絞り込まれちゃう。日常生活なんかは捨てられる筆頭。でも「借りぐらしのアリエッティ」の冒頭とかすごくわくわくしますし、あると思うのです。連載ネームは進んでるのかな。

さて、掲載していただいたところで。

今度は、きんどるどうでしょう主催の「KDP・ボーンデジタル本非公式一斉セール」に参加させていただくことになりました。

クローン04を特別価格99円で販売いたします。12/10までを予定。

クローン04も記事の趣旨に沿った、ボツ原稿です。頭二章だけ募集という賞に、じっくり展開するパターンで書いたら滑ったという作品。

いつもは子供主人公の楽しい話が多いのですが、もっと上の年齢向けに、社会問題の風刺も織り交ぜ、さらにお色気も入れてみたというお話です。合わせてパブー版もセール価格にしました。これを機会にぜひどうぞ。

ちなみに架空記事タイトルで書いた「たったひとつの冴えたやりかた」はSF小説のタイトルです。

柏のカルチェ5で川原先生の表紙に惹かれて手に取って、ちらりと読み始めたら止まらずそのまま立ち読み。絶対これは泣くという絶品のお話にうるうるしていて、とても迷惑なお客さんになっていたという思い出の作品です。ほんとに泣くから、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/01

vsFC東京 ラスト日立台いろいろ

快勝した!!!!

2013J1第33節vsFC東京は、4-1!!!!

PK2本を田中君が決めた時、えっ、工藤君に譲らないのと思ったのですが。

自力で決めた!!!! えらい!!!!

工藤君、キタジを超えるシーズン19点目!!!!

形はある意味ごっつぁんゴールなのですが。

工藤君は可能性の低いチャンスに対しても手を抜かず、きっちり引っ掛けに行く姿勢が実ったわけで、素早く確実に決めるところも含めて、らしいゴールの一つだと思います。

そしてPK2本かせいでいた田中君は、一点返されたあとに、ハットトリック達成!!!!

仕掛けて抜き切らず上げた山中君のクロスも見事だったし、それを抑えて隅に撃ち込んだ田中君のボレーも見事なビューティフルゴール。

そしてなんと言ってもワグネルさん。

交代で出てくると、日立台に鳴り響くチャント。聞いてて涙出た。

最後まで鳴り止まないあのチャント。終了後、手を差し伸べるサポーターたちの姿。

みんなに愛されたワグネルさん。

あと一試合あるぞ!! 最後決めてくれ!!

そして試合後セレモニーで、いきなり澤さんの退団が発表されてびっくり。

ネルシーニョ監督が挨拶してる時、「あれ? 今サワって言った? でも、通訳さんは言ってない?」と聞き間違いかと思ってたら。

急遽、澤さん挨拶。寝耳に水。

澤さんは最初コンディションが上がらなかったけれど、逆に澤さんの復調とレイソルの復調は歩みをそろえてて。

強いレイソルを作り上げるのを支えてくれた一人でした。ありがとう!!

澤さんも最後決めてくれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »