« 基礎と華 | トップページ | 偵察川崎vs鳥栖・名古屋と川崎戦展望 »

2013/10/05

クラブの新陳代謝

名古屋のストイコビッチ監督が今季限りだそうです。

よそのチームのことですが、外から見ていて、確かにそういう時期なのかもなと思いました。ベテランが多くなってしまっているし、思い切って変えるタイミングかも。

一度優勝するような強いチームが出来てしまうと、どうしてもレギュラーの新陳代謝が起きなくなって、どこかでがらっと変えないとみたいなことになりやすい。ほんとは毎年少しずつ変わっていくのがいいのでしょうが。

キャリアのうち主力を張れるのが10年ちょいとしたら、毎年1人ずつぐらい? 毎年きっちり1人というわけではないとしても、5年で半分ぐらいが目安でしょうか。

そこで、ウチはどうなのかなと、メンバーの変遷を眺めてみました。こちらが今日の本題。

5年前ということは、2008年です。どれどれと今と見比べてみたら。

石さん最後の年で、その後監督交代J2降格とあったから、半分どころじゃなかった。むしろベンチメンバーも含め、こんなにたくさんの人とお別れしたのかと寂しくなってしまった。29人中6人しか残ってないんだよ。

うちの場合はむしろ、ネルシーニョ体制が本格化した2010年が基準で、ここからの代謝が課題なんですね。

そうすると、もう一つの課題が浮かび上がってきます。新陳代謝というからには、若手がブレイクしてレギュラーを取ってほしいわけですけれど。

近年うちでブレイクした若手としては、大津君、橋本君、酒井君、田中君、工藤君と続いています。生え抜きじゃないけど鈴木君がこのままポジション掴みきれば、ほんとに毎年1人ずつぐらいの感じで、ばっちりなのです。

ただ全員そのままチームにいれば、すごい順調なんだけど、うち二人が海外へ。育ちすぎるといなくなってしまう。ここが難しいところ。

工藤君にオファーが来た話もあったしな。さらに育てろということか。

ちなみに「ブレイクした若手」から意識的に茨田君を外しました。近年のウチの変遷を見ていたら、なんだかんだでタニクリコンビが磐石です。そこを超えるのが茨田君の使命ですよ。

さらにもうひと化けして、レイソルの中盤と言えば茨田! というところまで行ってほしい。がんばれー!

|

« 基礎と華 | トップページ | 偵察川崎vs鳥栖・名古屋と川崎戦展望 »

レイソル2013 ACLベスト4!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/58314823

この記事へのトラックバック一覧です: クラブの新陳代謝:

« 基礎と華 | トップページ | 偵察川崎vs鳥栖・名古屋と川崎戦展望 »