« vs広州恒大 連敗で終了 | トップページ | クラブの新陳代謝 »

2013/10/04

基礎と華

普通って評価をネガティブに言う人がいるけれど、普通に描けることがまず基礎だと気づいてないんだろうなーと思うわけですよ。

基礎がおろそかな建物は、外見立派でも地震がきたら崩れる。もっとひどい場合、地震がなくても崩れる。(外国でたまにありますね)

特に高層建築(長い話)を作ろうとしたら、基礎は必須。基礎があれば展開次第で化けるけれど、基礎がおろそかだと長くなるに従いぼろが出る。作り手側ならそれを気にしないと。

しかし読者は、上物の外観とか間取りとか内装を見ている。基礎は作り手が保障するものであって、楽しむのは華の部分だから、当然のこと。

華を詰め込んで、それでいて基礎をがっちり組む。そういうことを最近考えています。

絵を描く時間でリトル・ビット・ワンダー下書き中。この漫画は基礎があるように見えないと思うけれど(笑)

131003

|

« vs広州恒大 連敗で終了 | トップページ | クラブの新陳代謝 »

日記・つぶやき2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/58310847

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎と華:

« vs広州恒大 連敗で終了 | トップページ | クラブの新陳代謝 »