« 罠にはまったり役に立ったり | トップページ | vs磐田 二の舞 »

2013/09/13

偵察磐田vs新潟・甲府と磐田戦展望

天皇杯、ナビスコ杯ときて、Jリーグですよ。まずは偵察。

2013J1第23節、新潟vs磐田は4-2。

双方運動量多く、寄せが厳しく激しい試合。

先手を取ったのは磐田。カルリーニョス選手のドリブル突破でPK獲得。これを前田選手が落ち着いて決めます。さらに、左サイドを崩してパスをつなぎ、前田選手が追加点。前半の早い段階でエースが2得点して、磐田有利に。

しかし新潟はいい攻撃を続けていました。優勢だったのはむしろ新潟。前半は惜しいところで決まっていませんでしたが、後半。

今度は新潟のエースが活躍。後半6分、9分と立て続けに川又選手が得点して同点に。どちらも猛然とニアに飛び込んでいったもの。あれができる人は点取れるよねえ。

新潟はその勢いのまま攻め続け、34分に三門選手、40分にホージェル・ガウーショ選手が来日初ゴールと大逆転。劇的勝利となりました。

第24節、磐田vs甲府は1-1。

17位磐田と15位甲府の降格争い直接対決。しかし勝ち点差は9あるので、どうしても勝ちたい磐田。球際激しく押し込みます。けれどなかなかシュートに持ち込めません。

どうしてもほしかった先制点は磐田に。後半30分、左サイドからクロスが上がり、ごちゃごちゃっとしたところで山田選手が押し込みます。

しかし今季磐田は先制逃げ切りが一試合しかないそうで、後半41分、パトリック選手の同点弾を浴び、勝ちを逃してしまいます。

引き分けで、勝ち点9差を維持した甲府。かなり整備されてきた印象です。印象的だったのは、守る時のきれいな5-4-1の3列ブロック。特に前半は幅も20mちょっとのコンパクトな布陣。そこからのカウンターと意思統一できています。

ということで磐田戦です。

前田、山田、駒野、伊野波と、代表級の選手がそろっていて、正直なんでこの順位にいるのかよく分かりません。個の力が足りてないということは絶対にないし、気合も入っているだろうから、こちらも厳しく行くこと。

守備では。

まず縦パスを入れさせたくない。出所にプレッシャーをしっかり。

最近大敗した試合は、駒野選手にやられた印象。タイミングの早い正確なクロス、中に入り込んでのミドルシュート。高い位置から厳しく。

ターゲットの前田選手は最近調子を取り戻しつつあります。目を離さず、しっかり潰す。

新顔はカルリーニョス選手。大宮では守備から入る戦術にフィットせず出番は少なかったのですが、攻撃力はかなりのもの。いいミドルシュートがあります。要注意。

攻撃では。

攻撃陣は調子を上げていて、特にFWは誰が先発だろうか。わくわく。

なんとなくミドルシュートが火を噴きそうな気がします。となると、ウチの長距離砲二門に期待大。田中君、ワグネルさん、どかどか撃って決めちゃってください!

代表得点、入籍と、おめでた続きの工藤君が、先発に危機感覚える状況ってすごいな。どどんと祝砲を希望です!

苦手を過去の物に!!

勝ちましょう!!

|

« 罠にはまったり役に立ったり | トップページ | vs磐田 二の舞 »

レイソル2013 ACLベスト4!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/58152377

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察磐田vs新潟・甲府と磐田戦展望:

« 罠にはまったり役に立ったり | トップページ | vs磐田 二の舞 »