« リオ五輪に向け | トップページ | あせびと空世界の秘宝 »

2013/09/17

太陽系の外へ

「ボイジャー1号」、ついに太陽圏を脱出 人工物初

【2013年9月13日 NASA】

1977年に打ち上げられた探査機「ボイジャー1号」が太陽圏を脱け出し、史上初めて恒星間空間を飛行する人工物となった。

NASAの探査機「ボイジャー1号」が、人工物として初めて太陽圏を飛び出したことが公式に発表された。

同探査機は1977年9月5日に打ち上げられ、木星と土星を観測。その後は太陽系の果てを目指して飛行を続けてきた。2004年に太陽圏(ヘリオスフィア:太陽風の荷電粒子で満たされたバブル構造)の外からの圧力が次第に強まっていることがわかり、太陽圏脱出に備えたデータの監視が始まっていた。

2012年3月に起こった太陽からの大規模な質量放出が13か月後の今年4月に探査機に到達した際、探査機の周囲のプラズマが振動し、その解析からプラズマの密度が太陽圏の果ての40倍も高いことが明らかになった。さらに過去にさかのぼって詳しく調べたところ、ボイジャー1号は2012年8月に、プラズマ密度の高い恒星間空間に達していたことがわかった。運用チームでは2012年8月25日を到達日としている。

ボイジャー計画に当初より携わる「ボイジャー計画」プロジェクトサイエンティストのEd Stoneさんは「今回のデータから、人類は恒星間空間への歴史的な一歩を踏み出したことがわかりました」と語る。「観測データの解析と解釈に少し時間がかかりましたが、『ついにたどりついた』、そう言える日が来たのです」。

「丈夫な探査機を作り、限られたリソースで運用を続ける。その努力が、NASAの新たな『人類初』として実りました」(ボイジャープロジェクトマネージャのSuzanne Doddさん)。「ボイジャーは少なくとも2020年まで科学観測データを送ってくれると思います。まだまだ楽しみです」。

打ち上げから36年、恒星間空間への到達から1年が過ぎた現在のボイジャー1号は、太陽からおよそ190億kmの位置にある。いつになるかは不明だが、いずれ太陽の影響がまったく及ばないところに到達する日がくるだろう。また、1号の2週間前に打ち上げられ別の方向に飛行を続けているボイジャー2号も、近い将来に恒星間空間に達するとみられている。

AstroArts 13/9/13

とうとう太陽系の外へ飛んでいきましたよ。

僕が子供のころに、パイオニア10、11号と、このボイジャー1号、2号が活躍していて、惑星のきれいな写真がどんどん送られてきたり、新たな衛星がどんどん見つかったりしていたのです。

僕の宇宙好きを育てた探査機です。まだ現役。がんばれー!

ちなみにスタートレックでは、地球の昔の探査機が宇宙生命体に改造されて送り返されてくるという話があるのですが、ボイジャーもこのまま飛んでいったら、いつか宇宙人と出会うのでしょうか。

これは単にSF話じゃなくて作った人たちもけっこう本気で、上記の探査機4機にはもれなく、異星人に向けたメッセージが乗せてあるのです。

もしかしたら逆に、人類の進歩の方が追いついて、太陽系の外でまた出会うかもしれませんねえ。いつになるかなあ。

そんな未来に向けての一歩はこちら。

新型ロケット イプシロン打ち上げ成功

12年ぶりに開発された新型の国産ロケット、イプシロンは、14日午後、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、予定の高度で搭載した衛星を切り離して打ち上げは成功しました。

イプシロンは14日午後1時45分に打ち上げられる予定でしたが、直前に警戒区域に船舶が入る可能性が出たため予定時刻を15分遅らせ、午後2時に打ち上げられました。
発射台を離れたイプシロンは、まばゆいオレンジ色の光を放ちながら上昇を続け、ロケットの1段目から3段目までを順調に切り離しました。
そして打ち上げから1時間余りあとの午後3時1分、高度1151キロ付近で、搭載した宇宙望遠鏡の載せた人工衛星を切り離して打ち上げは成功しました。
人工衛星は太陽電池のパネルが正常に開いていることが確認され、イプシロンの発射場の近くの地名にちなんで「ひさき」と名付けられました。
イプシロンはJAXA=宇宙航空研究開発機構が、12年ぶりに開発した新型の国産ロケットでしたが、トラブルが相次ぎ、先月27日には直前になって、機体の異常を示すデータが誤って検知されたため、打ち上げが14日に延期になっていました。
記者会見でイプシロンの打ち上げチームのリーダーを務めたJAXAの森田泰弘プロジェクトマネージャは、「台風が小笠原付近にあったため、打ち上げができるか、ぎりぎりまでドキドキしていた。最後は、産みの苦しみも味わうことになったが、結果として、打ち上げは見事に成功した。ようやく心の底から笑える日が来ました」と話しました。
イプシロンは点検作業の一部をコンピューターに任せて自動化することなどで、打ち上げコストを日本の主力ロケット、H2Aのおよそ3分の1の38億円程度に抑えていて、JAXAは今回の成功で衛星の打ち上げビジネス参入への切り札としたい考えです。

首相「宇宙技術の信頼性の高さ証明」
安倍総理大臣は「今回の打ち上げ成功は、H2AやH2Bと並ぶ基幹ロケットとして、わが国の宇宙技術の信頼性の高さを証明するものと考えている。イプシロンに搭載された惑星分光観測衛星は世界初の惑星専用の遠隔観測衛星であり、惑星の磁気圏や大気流出の解明など、小惑星探査機「はやぶさ」のように、世界最高水準の成果が創出されることを期待している。これまでの関係者による不断の努力に敬意を表するとともに、今回の打ち上げ成功が、わが国の宇宙輸送システムの自律性の確保や宇宙開発利用のより一層の進展、さらには将来の経済成長の一助につながることを期待している」とするコメントを発表しました。

NHK NEWSWEB 13/9/14

現在宇宙開発は、商業利用競争が加速しています。以下に低コストで宇宙へ行くかという流れ。

イプシロンは固体燃料で、液体燃料ロケットに比べて準備が楽、さらに自動点検、モバイル管制と打ち上げも楽、というところで勝負です。

でも、ロシアのロケットなんか、核軍縮で余ったICBMミサイルを核弾頭の代わりに衛星を積む作戦で流用なので、手ごわいライバルなんですよねえ。まだ在庫がたくさんあるみたい。

でもこうして宇宙利用がどんどん進んでいくと、SFの世界がほんとにやってくると思うのです。

技術で勝負の日本、がんばれー!

|

« リオ五輪に向け | トップページ | あせびと空世界の秘宝 »

日記・つぶやき2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/58197072

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽系の外へ:

« リオ五輪に向け | トップページ | あせびと空世界の秘宝 »