« COMITIA105 | トップページ | あっさり目標突破(悪い意味で) »

2013/08/20

小さな池とドーナツとケッタ・ゴール!

昨日のコミティアの最中、お隣のやまさんと話していた話題。

同人誌描いてる人を対象に、漫画サイトのリクルートがあるけれど、いいこと言われても実際はねえ、というところから始まり。

今回ナベ先生のお手伝いをした体験から、個人で何かしようとして一番ネックなのは、宣伝というか、お客さんの流路を作るとこですねーなんて話になり。

なぜかドーナツ談義で締めました。

……すいません、はしょりました。詳細を書きますと。

個人で発表するのは簡単になったし、web上にはいろんな販売サイトがあってそういう所が作家に声かけて回ってたりするんですけど。

まあ結局埋もれちゃうわけですよ。描く人たくさんいるし。

雑誌に載るというのはそれだけですごい宣伝になっていて、その力にお任せだった部分を、個人でやるなら何とかしないと。でも実際にそんなスーパーパワーを個人が持つのは難しく。

もともと知名度がちゃんとあるナベ先生でも、HP先行予約はブログを普段見てくれているファンの人が埋めてくれたけど、そこから先はどうしよう、出ることをどうやって知ってもらおうという話になってました。そういうところも手伝ったけど、やりなれないことは大変ですねえ。

さて、僕はナベ先生ほどの知名度は望めないので、もっといろいろ考えなくてはならず。

話してたのは、前述の通り、漫画掲載サイトから声がかかるけど、向こうは大勢集めて誰かヒットすればという目論見でも、こっちは埋もれちゃうし宣伝してもらえるわけでもないしねえという使ってみた感想から始まり。

だったら、雑誌とまでは行かなくても、よくウェブ上の記事の末尾に関連記事のリンクがあるように、電子書籍の末尾に1ページとか、あるいはバナーとかで宣伝をつけて、仲間内で読者が流れるルートを作ったらどうだろうとか、そんな話になって。

そういえば、キンドルのニュースレターにマーケティング指南があって、大海の大勢よりも小さな池の大きな一匹になりなさいとありましたよー。好きな人じゃないと描けないこだわりが、同好の読者を呼ぶんじゃないかと。絞り込んじゃうとマーケットが小さくなるけど、個人なら平気だし、と流れ。

そこでこのあいだやまさんが出した「スイーツ先生!」がいいですよねと、感想を述べ。甘い物好きのやまさんがこだわりを詰め込んで描いてたのです。お題はコメダ。

で、同じく甘い物好きな僕と、ミスタードーナツでドーナツで買うならまず何か、とドーナツ談義につながったのでした。

ところで小さな池という話つながりで。

僕はじゃあなんだろうと考えると、「ケッタ・ゴール!」がそのパターンで。

サッカー漫画自体は少年漫画王道の題材なんだけど、実在チームのレイソルを出すことにこだわったら、載ってる雑誌が「プレコミック」と銘打ってるような子供向けの本だったのに、レイソルサポーターの方にけっこう読んでもらえたのでした。

実はハッチーを出したあとに「このとなりにキンドル個人出版を使って自分の本を並べられたら」と言ってた内には、ケッタくんも念頭にあって。

実際Jリーグに許諾申請してみました。

個人出版に許諾を出した例がないこと、あとホン・ミョンボさんが一カット出てますがその許諾も必要だ、ということがわかりました。

ハードル高い!

でもこだわり後退させたら、小さな池作戦としても成り立たなくなっちゃう。現韓国代表監督に、どうやってコンタクト取ったらいいんだろ? もうちょっとしっかり準備が必要な気配。

ただ、個人でやると締め切りはないわけで、何とかどこかで成功させたいと思います。

|

« COMITIA105 | トップページ | あっさり目標突破(悪い意味で) »

日記・つぶやき2013」カテゴリの記事

コメント

ドーナツ・・・といえばローソンのとろ生ドーナツを最近食べました(月並みですが1ケ189円とお高いので)ほとんどこれはケーキという見た目と食感でしたが凄く美味しいです(^0^)¥
「ケッタ・ゴール!」俟ちかねてます・・・
スピンオフの「ラブラブ奈緒子先生」も・・・話は飛びますがドイツW杯の1年前というとリアルタイムのケッタ君は来年20歳・・・タイムカプセルを開けるエピソードとかあるんでしょうかね、
本当にどうなっているんでしょうか(^^;)

投稿: みゅー | 2013/08/20 22:02

僕はまずオールドファッションを買う派なのです(^^)/

ケッタ・ゴール!は、打ち切られた当初はとにかく最後までネームだけでも描ければ、という気持ちでしたが。
日々の稼ぎも必要だし、まとまった時間があったら、未来の稼ぎにつながるかもしれない持ち込み作とか投稿作が優先になって、描く時間を作れずどんどんペースが遅くなってしまい。
だったら電子書籍があるのだから、ケッタくんが未来につながればいいのだと、立ち上がったところなのです。
何とかしたいですねー。

リアルタイムだと、代表選手としてブラジルに帰還となりそうですね。じゃが丸さんと知り合ったあのおじいさんの夢をかなえられるでしょうか。

投稿: かわせ | 2013/08/21 03:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/58024414

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな池とドーナツとケッタ・ゴール!:

« COMITIA105 | トップページ | あっさり目標突破(悪い意味で) »