« 続ハーメルンの書き足し | トップページ | 殺人事件とコメディ »

2013/06/15

司馬遼太郎のカメラ位置

仕事中、ラジオで司馬遼太郎作品の朗読が始まったんですよ。

僕はあまりちゃんと読んだことがなくて。

ナベ先生は好きなので仕事場に置いてあって、それをぱら見したことはあるんだけど、そのままはまる感じではなかった。

これだけ好きな人がいる作家さんがつまらないということはないだろうから、何が原因なのかなーと思ってたんですが。

カメラ位置の問題かもしれないです。

お話は描き方によって、キャラクターへの心象距離が変わります。例えば、モノローグを多用すれば、読者はその人の気持ちになりきって読めるわけです。小説の場合、一番近くなるのは一人称の書き方。

逆に客観的に見た様子を積み重ねていくと、カメラがちょっと離れて、遠くから全体を把握する感じになる。朗読を聴いていると、司馬作品はこちら。

さらに、文章書いていると、ちょっとリズムに変化を入れたいとか、ここは山場だから目立たせたいとか思う時があるのですが。

その時に「○○であろう」というような、推定文を使って、さらにカメラを引いていた。

読者の想像に委ねる書き方なんだけど、僕的にはむしろそこは寄りたい、寄ってほしいタイミングで、なるほど、こういう所で食いついてないんだなと思ったのでした。

これは好みの問題で、自分はやっぱり少年漫画畑で育ってるので、でっかいコマにどーんとどアップとか全身をガツンと描いて決めゼリフ、というような、カメラがぐーっと寄ってくリズムなんですよね。

アドレナリンとか脳内物質がどばーっと出る文章というのが、自分で書く目標です。言葉の使い方一つ、単語の選び方一つで印象変わっていくので、そういうところをもっと磨きたい。

逆に、想像を掻き立てる短いキーワードの入れ方とか、そういう所はなるほどと思ったりしました。ちゃんと腰をすえて読んだら面白そう。

|

« 続ハーメルンの書き足し | トップページ | 殺人事件とコメディ »

日記・つぶやき2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/57585448

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎のカメラ位置:

« 続ハーメルンの書き足し | トップページ | 殺人事件とコメディ »