« 日本vsブルガリア 課題 | トップページ | 中断までのレイソル感想 »

2013/06/01

ジェシカおばさんの事件簿

晩御飯はおでん。そして見ているのは「ジェシカおばさんの事件簿」。

先日からCATVで毎日放送しているのを録って、どはまりしているのです。

1984年アメリカCBSテレビで放送開始。日本では1988年から。人気ミステリー作家のジェシカ・フレッチャーが実際に起きる事件も解決していくというお話。

以前に何度も見てるんだけど、ちょうどいいぐあいに忘れてて、「あ、この話知ってる……でも犯人誰だっけ?」という感じです。楽しい。

ミステリーというジャンル自体は、特に好きでも嫌いでもないのですが。

名探偵は普通の人ではないので、面白い変わり者の設定が作りやすい。キャラにはまると、その立ち居振る舞いが楽しいので、何度も繰り返し見てしまうのです。

だから「シャーロック・ホームズ」はジェレミー・ブレット/露口茂じゃなきゃだめで、「名探偵ポワロ」はデヴィッド・スーシェ/熊倉一雄じゃないとだめ。映画「オリエント急行殺人事件」を見て、「えっ、誰、この顔色の悪いおっさん?」と思ってしまう。

この作品は、ジェシかおばさん/森光子の、素朴な田舎町に住んでいる人のいいおばさんの雰囲気が素敵。あと、名探偵には謎を際立たせるための無能な相棒が必須で、タッパー保安官はその点完璧です。ジェシカおばさんがいなかったら、絶対犯人捕まえられないよー。

当然殺人事件が頻発して緊迫感もあるのですが、そんな間に挟まれるドタバタしたところとか、終わったあとののんきなオチに癒されてるのでした。

|

« 日本vsブルガリア 課題 | トップページ | 中断までのレイソル感想 »

映画・アニメ・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

ジェシカおばさん、懐かしいです。
昔、チラチラ見てました。
タイプライターがリズミカルに動くオープニングや
ほっとするラストシーンを覚えています。
DVDが出てるとは、驚きました。

投稿: サツキ | 2013/06/03 14:50

「私はジェシカ・フレッチャー。ミステリー作家です。頭の中でいろいろ推理を進めながら本を書くのって、本当に楽しい仕事です。でもいったん本物の事件に巻き込まれると、もう大変。書くよりそっちの方に夢中になってしまうんです。どうしてこうなんでしょうねえ」
このオープニングで、もう作品の雰囲気が伝わってくるんですよねー。
これから夜食を食べながら見るところです(^^)/

投稿: かわせ | 2013/06/04 04:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/57497995

この記事へのトラックバック一覧です: ジェシカおばさんの事件簿:

« 日本vsブルガリア 課題 | トップページ | 中断までのレイソル感想 »