« 温暖化は止まってる? | トップページ | vsC大阪 とうとう止まった »

2013/05/18

偵察C大阪vs浦和・川崎とC大阪戦展望

ACL勝利でJに帰還。試合盛りだくさんで偵察も大忙し。

2013J1第10節、C大阪vs浦和は2-2。

全体としては浦和の試合。C大阪は2シャドーを上手く捕まえられず、押し込まれます。

しかし攻めに転じると人数かけて流れるようなボール回し。ゴール前にも何人も入り込みます。得点はどちらもそうして押し込んでおいて、こぼれ球をたたきこみました。

浦和の得点ではなんと言っても原口選手の同点弾です。GKからのスローイングを受けて、自陣からのドリブルで単騎突破。群がる相手を翻弄してゴール。すごい。

浦和としては押し込んでいただけに、勝ちたかった試合でした。

第11節、川崎vsC大阪は2-2。

こちらもどちらかというと川崎の試合。

先制したのはC大阪。クロスに飛び込んでいっての2得点。3シャドーのころからパスワークで崩すイメージのC大阪だけど、両SBによいクロッサーがいるのも武器です。

後半は川崎の猛反撃。まずはレナト選手がドリブル突破でPKを獲得。これを大久保選手が落ち着いてど真ん中に決めます。相手GKが飛んだあとにゆっくりしたボールを通す強心臓。

その後大久保選手がもう1点あげ、同点後も攻め立てる川崎でしたが、ドローで終了。先制したC大阪ですが、引き分けで助かった内容。

さて、C大阪戦の展望は。

ウチはACLでC大阪は水曜日にナビスコ杯。先発メンバーはいじらずに戦ったようなので、コンディション的にはほぼ互角なはずです。

守備では。

メンバー構成的に以前の3シャドーほど細かく崩す感じではなく、代わりに縦への鋭さは増している感じ。切り替えと素早い寄せが大切。

まずは柿谷選手に注意です。ここまで6得点。昔のイメージだと足元でもらってテクニックで勝負する感じだったのですが、現在は運動量も増え、裏でボールを受けるパターンも持っています。ボール扱いが正確なので、狭いスペースや難しいボールでもシュートに持ち込め、危険です。

偵察した試合ではないのですが、扇原選手がライン裏へ計ったかのようにふわりと落ちるボールを送り、柿谷選手がシュートというシーンを見ました。このホットラインは要警戒。

山口選手が好調です。鋭い飛び出しとミドルシュート。

出場予想の酒本、丸橋の両SBは、鋭いアーリークロスを持っているので、ここも警戒。

攻撃では。

そんなに厳しいプレスはないので、オープンな展開になりやすい感じ。先制点を取ってウチの展開に持ち込みたいところ。

全北戦は4CBだったので、守備は頼もしかった代わりに攻撃ではサイド攻撃が不発。キムさんが先発予想なので、レアンドロさんと右サイド制圧してほしいです!

復帰二試合目の方が動けるんじゃないかと、レアンドロさんへの期待も大!

そして注目度急上昇中の工藤君がドカンと決めて下さい!

連戦連勝!!

勝ちましょう!!

|

« 温暖化は止まってる? | トップページ | vsC大阪 とうとう止まった »

レイソル2013 ACLベスト4!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/57384739

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察C大阪vs浦和・川崎とC大阪戦展望:

« 温暖化は止まってる? | トップページ | vsC大阪 とうとう止まった »