« U-18アルアイン遠征 | トップページ | vs甲府 懸念が現実に »

2013/04/13

偵察甲府vs川崎、大分と甲府戦展望

さて、Jリーグ甲府戦です。ACLとJリーグで厳しい連戦が続いてますが、ACLは一週空くから、この試合のあとちょっと一息。

ああ今週は平日に試合ないんだっけとなった時、試合が待ち遠しいウキウキした気分でいたい。そのために勝利が必須です! がんばってー!

というわけで、まず偵察。

2013J1第4節、甲府vs川崎は1-1。

先制点は甲府。左サイドからDFラインの裏に入れたアーリークロスに、平本選手が飛び込んで合わせたいい得点。

後半途中から水野君が登場しました。ここまで怪我があったようです。ここからがんばってポジション取ってほしい。サイドでボールを運んでという形が多いので、チーム戦術には合っていそうな気がします。

川崎は後半同点に。相手GKのファインセーブや、ポスト直撃によって入らなかったシュートもあり、十分逆転できそうだった内容。

終盤矢島選手を投入して2トップになりましたが、ゴール前に迫力が出て、結構このシステムは怖いなと思いました。

2013J1第5節、大分vs甲府は0-1。

日本中天候大荒れだったこの日。でも大分銀行ドームは屋根を閉めて快適なピッチ。いいなあ。

昇格組が残留するには最初の5試合で勝ち点5、というデータがあるそうなのです。去年は40と高かったけど、例年残留ラインは30台後半だから、確かに1試合当たり平均1はほしいところ。

昇格組同士のカードとなったこの試合は勝った方が勝ち点5に到達。双方負けられない試合です。

目立ったのは大分・高松vs甲府・土屋のマッチアップ。ここが試合の明暗を分けました。高松選手の基点を潰され、大分は攻撃がスムーズに進みません。

土屋選手は決勝点まで。CKの流れで前線に残っていて、ものすごい高い打点で相手の頭上から叩き込むヘディングシュート。

それをアシストしたのが、後半途中から投入されていた水野君です。CKから何度かこぼれをひろってクロスを上げていたのですが、最後に中を確認して、ふわっと高いボールをファーサイドへ。土屋選手のヘディングを引き出しました。やっぱりキックの質が一味違う。

さて、これをふまえて甲府戦の展望は。

甲府は組織立った良く動くサッカーを展開しているので、後手にならないよう、先に動いていきたいところ。

守備では。

甲府攻撃陣では、柏選手が目立ちます。スピードと運動量があり、ボールを運べる。先にスペースを消して、スピードを殺したい。

平本選手のキレのよさも目立っています。突進力があるので要注意。

そしてもちろん、交代で出てきそうな水野君を警戒です。得意の右サイドからのクロスは脅威です。対面する左SBは増嶋君の予想。小瀬帰還だし、いいプレーで完封を期待。

攻撃では。

栗澤さんが出場停止で谷口君、二列目は引き続き茨田、ワグネルの予想。この組み合わせだとタイプ的に、谷口君がゴール前に飛び込んでいく形が面白そう。チャンスあるかな。

甲府CBは結構堅いので、崩すならサイドからでしょうか。好調藤田君のクロスから工藤君でぜひ!

ワグネル砲とかTJ砲とか炸裂するところも見たいです!

5連戦を勝利で締めくくろう!!

勝ちましょう!!

|

« U-18アルアイン遠征 | トップページ | vs甲府 懸念が現実に »

レイソル2013 ACLベスト4!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/57067375

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察甲府vs川崎、大分と甲府戦展望:

« U-18アルアイン遠征 | トップページ | vs甲府 懸念が現実に »