« vs甲府 懸念が現実に | トップページ | 企画中・船と乗組員 »

2013/04/15

先週の雑感記 ちょこっとクールジャパン考

さてまずはお知らせから。

COMITIA104に参加します。5/5(日)11:00~16:00。有明・東京ビッグサイト東4・5・6ホール。「や03b かってに応援団」です。

いつもだと作業してたりするんだけど、今回は早々に割引で入稿したので、のんびりその日を待つ状態。

のんびりじゃないのはこちらです。次の企画をまとめています。まず思い切ったスペースオペラを考えてみました。

僕が子供の時は、やってるTVアニメもSFばっかりだったから自分はすんなり入れたけれど、今の子はどれぐらいまでついてこれるのでしょう。

もう一つはプロレス。熱血少年漫画はあるけれど、熱血児童書って聞かないなと思って。文章でアドレナリンを湧かせる書き方ができたら、武器になるんじゃないだろか。

こちらも僕が子供の時は初代タイガーマスクが大ブームでしたが、今の子はどれぐらいまでついてこれるのでしょう。技の名前とか分かるかなあ。

ちょこっとクールジャパン考。

先週クールジャパンに触ましたが。

こんなニュースを見かけたので、もうちょっと考えてみたいと思います。

きゃりーぱみゅぱみゅ ロスでPR

独特のファッションで知られ、海外のファンも多い歌手、きゃりーぱみゅぱみゅさんが、アメリカのロサンゼルスを訪れ、日本のファッションや音楽などをアピールしました。

日本のファッションや音楽、アニメなど文化関連の産業を海外に売り込もうと、政府は「クール・ジャパン」という事業を行っています。

きゃりーぱみゅぱみゅさんは、この一環で、11日、ロサンゼルスの日本総領事公邸を訪れました。

公邸には、現地のファッションや音楽、映画などの関係者、およそ50人が集まり、きゃりーぱみゅぱみゅさんの独特のファッションや歌手活動、それに日本の若者が集う東京の原宿の様子が、映像や写真で紹介されました。

きゃりーぱみゅぱみゅさんは、原宿のファッションや文化を海外に発信する「原宿カワイイ大使」に東京・渋谷区から任命されていて、「原宿の文化は世界に通用する文化だと思います。“カワイイ”が世界共通語になり、もっと広まってほしい」と話していました。

ロサンゼルスでファッション事業に携わるアメリカ人の女性は「きゃりーぱみゅぱみゅさんや“カワイイ”は、インターネットを通じてアメリカの若者にも人気です。日本の“カワイイ”は、新鮮で刺激的です」と話していました。

NHK NEWSWEB 13/4/12

作ってる人はがんばっているんだから、こういうちょっとした話題作りのお手伝いぐらいでいいんじゃないの? という感想なのです。

国策でクールジャパンという発想は、韓国とかのソフトパワー外交の影響があるのだろうかとも思うわけですが。

僕は作業中音楽番組を流しっぱなしにしていることが多いので、韓流といえばK-POP。

でも、K-POPって売り上げの8割が日本で、世界進出に成功しているわけではないそうなのですよ。

ながめていると、韓国の文化って日本に比べてずっとマッチョなのかなと思うのです。向こうのアイドルは男性は引き締まった筋肉質、女性はすらりとスタイルが良く、比べて日本は子供っぽい。どっちがいいじゃなくて、日本には逆に子供っぽいものを慈しむ文化があり、未成熟なものを見守る雰囲気があるんだと思う。

なので、空いてる需要にはまったんじゃないかな。

狙って作ってプッシュすれば流行るってもんでもないと思うんですよ。空いてないと。多分アメリカに行くと、向こうの方がずっとマッチョでエロい文化だから、そこを狙った物では入れないということでは。

流行ったのは馬ダンスのPSYですし。

逆に日本ではあのノリは、バラエティ番組がたくさんあるから間に合ってるんだと思う。

そういうわけで、結局はやる物って個々人ががんばって作った物がたまたま空いている所にはまるというケースの方が多いと思うので、それをちょこっと支援すればいいんじゃないかなーという前述の感想になるわけです。

ということで、きゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」を貼ってみました。確かにこういうのは洋楽のPVでは見ない。

いつもバックダンサーの人たちが変なかっこでキレのあるダンスをしてるのが楽しくて見てるんだけど、今回はロボだ。モーションキャプチャー?

きゃりーぱみゅぱみゅはYouTube上のPVが海外でも話題になって、欧州ツアーに出かけたそうで。今度アメリカ公演もあるそうな。そういう自然発火的なのはいいですね。

きゃりーぱみゅぱみゅからの流れで、そのバックダンサーも務めるTEMPURA KIDZ「ONE STEP」も貼ってみました。上の動画より音が大きいので御注意ください。

子供っぽいものを慈しむと書きましたが、こちらは踊ってるのは13、14の少年少女だけど、ダンスのキレは半端なく、指の先から表情一つまで隙がない。プロのパフォーマーだなあと感心。

なんか変な中毒性があるんですよねー。

他も紹介と思ったけど、動画を貼るとアップロードの容量すぐ超えちゃうみたいなので、今日はこの辺で。

|

« vs甲府 懸念が現実に | トップページ | 企画中・船と乗組員 »

日記・つぶやき2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/57124523

この記事へのトラックバック一覧です: 先週の雑感記 ちょこっとクールジャパン考:

« vs甲府 懸念が現実に | トップページ | 企画中・船と乗組員 »