« アルガルベ杯 なでしこvs中国 | トップページ | vs仙台 リーグは連敗 »

2013/03/16

偵察仙台vs甲府、鹿島、江蘇と仙台戦展望

2013J1第1節、仙台vs甲府は1-1。

開幕戦、風花舞う仙台スタジアム。

仙台の先制点はセットプレーから。さすが強いなあ。

ただ、全体としてはもう一崩し出来なかった印象です。押し込んでいても、シュートチャンスはそう多くなかった。ACL、リーグとも引き分け発進。

対する甲府。水野君は怪我だそうでベンチ外でした。残念。

ウーゴ選手が上手く身体でブロックして同点弾を入れました。ダヴィ選手の穴を埋められるか。

CBコンビ、土屋&青山の対応は、さすが経験豊富で、落ち着いています。特に、38歳の土屋さんがそんなに衰えを感じさせないのはすごい。

昇格チームが戦えるかどうかに、DFラインの強度があると思うんだけど、アスリート的能力重視の補強は成功ではないかと思いました。

第2節、鹿島vs仙台は、3-2。

ともに守備が堅い印象があるので、ロースコアゲームになるのかと思っていたら、意外な打ち合いになりました。特に後半開始から3分で3点入る展開は、ほんとに予想外。

鹿島の得点はダヴィ2点、大迫1点。やっぱりこの2トップは強力です。大迫選手のシュートは胸トラップから鋭いターンで決めたもの。去年後半から、シュートへの意識が高くなってて、ほんとに怖い。

仙台は悪い感じではなかったけれど、去年のいい時に比べたら少しプレスが弱いかもしれない。スケジュールはきついし、怪我人も多いし、踏ん張りどころ。

その中で、太田選手のキレのよさが目立ちました。

ACL2013グループE第2戦、江蘇舜天vs仙台は0-0。

中国アウェイって独特ですよね。反日の国だから、スタジアムの雰囲気がちょっと違うし。

石川君が守備で活躍。石川君ってウチにいた頃と比べて、ずいぶんたくましくなりました。

全体的にはどっちかと言うと仙台が少し押してたと思うのですが、終盤相手11番サリヒ選手が入ってからはピンチの連続。2本スーパーセーブを見せた林選手は大殊勲。

難しいアウェイをしっかり耐えて、仙台が勝ち点を拾った試合でした。

ということで、仙台戦の展望です。

向こうは中国アウェイで中三日、ウチはホームだけど中二日。コンディションは五分と見られます。双方怪我人も出ていて、チームのタフさが問われる試合。

守備では。

仙台は4-3-3で来るのではという予想。鹿島戦、江蘇戦は4-3-3でした。

右ウイングの太田選手が切れていて、突破されてクロスに赤嶺選手というのが嫌な形。まずそこをしっかり抑えたい。

中盤からいいパスが出ているので、そこもしっかり潰したい。

攻撃では。

相手中盤の底がアンカー一枚なので、その両脇を突くのが常道。まず、調子を上げてきたレアンドロさんに期待します!

そして藤田君に、レアンドロさんとの好連携で右を崩してもらって。

フィット感が増しているクレオさんがドカンと!

さらにまた狩野君が中に入ってきて点に絡めば完璧!

前回の3連戦は、富士ゼロックス杯●→ACL○→vs川崎○だったので、今回も●○○で!!

リーグ連敗は阻止!!

勝ちましょう!!

|

« アルガルベ杯 なでしこvs中国 | トップページ | vs仙台 リーグは連敗 »

レイソル2013 ACLベスト4!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/56871656

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察仙台vs甲府、鹿島、江蘇と仙台戦展望:

« アルガルベ杯 なでしこvs中国 | トップページ | vs仙台 リーグは連敗 »