« オオカミからイヌに | トップページ | 日本vsラトビア 大津君がデビュー!!!! »

2013/02/07

グラウンドホッグデー

春の到来占う米「グラウンドホッグデー」、今年は早まるとの見方

米ペンシルベニア州パンクサトーニーで2日、ジリスの一種の動物グラウンドホッグが冬眠から覚め、春の訪れを告げる毎年恒例の「グラウンドホッグデー」の祭りが行われた。

「パンクサトーニー・フィル」と名付けられたこのグラウンドホッグはこの日、多くの報道陣や見物客らを前に巣穴から顔を出した。グラウンドホッグが巣穴から出て、自分の影を見れば、冬はあと6週間続くとされている。しかしフィルは今年、自分の影を見なかったため、春の訪れは早まるとみられている。

同イベントには海外からも数多くの観光客が訪れるほか、ウェブサイトや地元テレビ局で中継もされるほどの人気。グラウンドホッグ・クラブのメンバーだという男性は「(このイベントが)127年も続いているのは科学的な理由だけでなく、楽しいからだ」と語った。

ロイター13/2/4

ちょっと調べてみたら、名前かっこいい。図書館で飼われているグラウンドホッグらしいです。

フィルの名前の由来は"King Phil"とされ、正式名称は「占い師のなかの占い師、賢者のなかの賢者、預言者のなかの預言者にして、類まれなる気象予報者、パンクサトーニーのフィル(Punxsutawney Phil, Seer of Seers, Sage of Sages, Prognosticator of Prognosticators and Weather Prophet Extraordinary)」。wikipediaより

King_phil

|

« オオカミからイヌに | トップページ | 日本vsラトビア 大津君がデビュー!!!! »

にゅーすdeまんが2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/56699329

この記事へのトラックバック一覧です: グラウンドホッグデー:

« オオカミからイヌに | トップページ | 日本vsラトビア 大津君がデビュー!!!! »