« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/28

vs貴州人和 初得点で勝利!!

やったー!!!! 勝ってるー!!!!

ACL2013グループH第1節、vs貴州人和は1-0!!!!

しかもクレオさんが点取ったー!!!!

帰ってきたところなので、今から録画見て追記します(^^)/

・・・・・・

見ましたー!

前半ロスタイムのクレオさんの先制弾。

その前に一本、似たような位置からワグネルさんのアーリークロスがあって、あれに合わせてほしいなーと思って見ていたら、次はどんぴしゃだった!

この試合を勝ちに導いただけではなく、今シーズンを考えても大きな1点です。これまでブラジル人FWがフィットしないパターンは、「動きはいいしがんばってるし、後は点が取れれば……」と思って見ているうちに、本人に点を取れてない重圧がかかっていく場合が多く。

それをいい形でさっくり晴らして、これから期待大です! ニアに工藤君、ファーにクレオさんと、クロスに対して役割分担ができているのもいいですね!

今日の3バックは変則的で、ビルドアップ時に見ているとちょっと左へスライドして、増嶋君が左SBの4-4-2みたいな形。

その形にしてしまえば慣れているので、左から結構攻め込めていました。

この調子でFWに楔を入れるタイミングとかの精度が上がっていけば、どんどん良くなるはずです。楽しみ。

守備では、案の定後半にパワープレーにさらされたのですが、しのぎ切り。高さ対策で3バックにトライした成果がさっそく出ました!

後半になって笛が怪しくなり、えっ、それ取るの? というファールを取られ、神経使う展開だったと思います。お疲れ様でした!

日本勢唯一の白星発進。さあ次はJリーグ! 

こちらも白星発進で行きましょう! がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/27

巨大金魚汚染

世界屈指の透明さ誇る米タホ湖、巨大金魚で「汚染」

世界屈指の透明度を誇る米タホ湖で、巨大な金魚が繁殖し、専門家は生態系を乱す恐れや、排せつ物による汚染を懸念している。

見つかった金魚は、大きいもので重さ約1.8キロ、体長は45センチにもなる。タホ環境リサーチセンターの広報担当は、「金魚が在来種と生存競争していることが、問題の大きな部分を占めている」と語った。

同研究センターが設置されているカリフォルニア大学デービス校や、ネバダ大学リノ校、カリフォルニア州とネバダ州の野生生物当局から集まった研究チームは、2006年からタホ湖での金魚問題を調査している。

2011年には、金魚を含む外来種を駆除するプロジェクトを開始。ボートから垂らした金属ワイヤから電流を流し、浮いてきた魚から在来種だけを選別して湖に戻すなどの取り組みを進めてきた。

ただ、ネバダ大のクリスティーン・ガイ氏は、金魚の繁殖力を考えると、駆除は継続しなくてはならないと語る。

タホ湖の巨大金魚の多くは、もともとはペットとして飼われていたものが捨てられ、繁殖したものとみられる。

ガイ氏によると、金魚は大量に食べるので排せつ物も多く、それが水中で藻の成長を促進するという。

タホ湖は世界で10番目に深く、透明度も約20メートルと世界有数。ただ、米地質調査所によれば、1960年代に初めて計測されたときの透明度は30メートルだった。

ロイター13/2/22

とても金魚と信じられないすごいでかさ。

そう思って調べてみると、通常30cm、記録では59cmとありました。僕の知ってる金魚がちっちゃいのは、みんな稚魚なの? それとも種類が違う?

Goldfish

駆除する気満々な二人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/26

ラッコがダンクシュート

ラッコが華麗なダンクシュート、米動物園でリハビリに活用

米オレゴン州ポートランドのオレゴン動物園で、ダンクシュートを華麗に決める愛くるしいラッコの映像が公開された。

ラッコの「エディー」は15歳と高齢だが、飼育員からボールを渡されると、両手でしっかり持って運んでいく。水面から勢いよく浮かび上がると、水槽の端に作られた小さなバスケットゴールにダンクシュートを決めた。

実はエディーは関節炎を患っており、同動物園でリハビリとしてダンクシュートの練習をさせてきたのだという。ただ、リハビリ用の水槽でしかダンクシュートをしないため、来場者は見ることができない。

ロイター13/2/21

運動はラッコでも大切。

Sea_otter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/25

先週の雑感記 初動が大事

まずはお知らせ。

アマゾンで、宇宙犬ハッチー予約中です。3/15発売です。よろしくお願いしますー。

先週最終チェックを返したと思ったらまた戻ってきたりしましたが、そちらも無事終了したので、あとは発売を待つばかりなのです。

さて、発売が近づく中見かけた、こんな話題。

初動が大事。

ツイッターの僕のタイムラインでいろんな人が触れていたのです。

『コミックスは初動が大事』漫画家さんの切実なお願い - NAVER まとめ  これ小説でもなんだろうか。どきどき。データの取り方とか使い方はそれでいいのかと思うけど、それ言ってる場合じゃないもんなあ。13/2/18

昨日つぶやいた「コミックスは初動が大事」という話題。結構描き方に影響するので、それが怖いところ。特に雑誌の部数が少ない場合、初動から売るにはネッ トでバズを生む他なく、そうすると語りやすいネタを投入するしかなくなる。後でこういう事をしたいから伏線張っとこうとかしてる場合じゃない。

ブログに読書感想文書いてて思うのは、内容により語りやすさってあるよねと。例えば、オーソドックスだけどなんとなく雰囲気よくて好き、というパターンは 書きづらい。エピソードを文章にしたとたん陳腐になる。びっくり展開で筋を動かすとか、萌えみたいに語り方にもう型があるとかの方が書きやすい。

雑誌のいい所は人気作に乗っかって、最初の難しい部分、注目を集めるとか物語を本格的に動かすには時間がかかるとかを乗り切れることだと思うんだけど、もうそれもできないということなのかな。個人出版はもっと埋もれるから、その部分の切り抜け方が今後の課題。

ただ、手段が目的化することは避けたい。じっくり伏線張って後で爆発という展開が好きで、そのために小説書きまで手を出しているのだから、伏線削っておいしいネタ投入では本末転倒。両立させる方法で、何とかくぐり抜けたい。13/2/19

出版社は売り上げ初動のデータを重要視しているので、それによってその作品の先行きや、作家さんの次回作があるかどうかが決まっちゃうというお話。

僕はもともと、アンケートとか売上データには疑問を持ってるくちです。理系だから、数字なんかじゃ物の本当の価値は計れないよ! と言いたいんじゃなくて、データの取り方とか使い方とかそれでいいの? という疑問。

全体を最大化するということを最終目標に置いたら、こうじゃないような気がする。己の首を締めてるような気がする。

ですが、そんな事を言ってる場合ではなく。そういう仕組みで動いてるんだから、それに対応して何とかしないといけないわけで。

小説もなのかなー。どれぐらい影響あるんだろうか。

まあ連載しながら単行本が出る漫画と違って、いったん書き終っているので、何かできるわけではないのですが。祈るのみ(-人-)

逆に漫画の場合には、連載しながらアンケートも取ってるから、内容面におけるデータの影響は結構大きいと思います。

全体的に落ちてるから、ほどほどだと商売にならないので、一巻の初動をよくするには、それこそ「いきなり話題沸騰!」じゃないといけない。最初からアンケートが動かないと、ということになり、そうするとそれに向いてる描き方は限られる。

ほんとは雑誌のよさは、注目の人気作の脇に載ってることで最初の立ち上げの難しさを軽減して、次の人気作を育てられることだと思うんですけど。

雑誌も売れなくなってきてるし、じゃあweb雑誌なり個人出版なりとなってもネットは埋もれやすいし、結局最初に読者を引っ張り込む重要性は、ずっと高まっていくのかなと思います。

ただ、描きたい物描けないのにリスクだけでかいなんて意味ねーだろと思うので、それに支配された物は描きたくはない。

期待値を上げる要所や勘所みたいなものがあるはずなので、どこなんだろうと探っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/24

富士ゼロックス杯vs広島 負けちゃったけど

負けちゃったけど、内容は悪くなかった。

FUJI XEROX SUPER CUP 2013、vs広島は、0-1。

失点した佐藤選手のシュートは、なんかいきなり年間ベストゴールが来た、というぐらいのスーパーシュートだったし。

シュート数はこちらも同じ9本で、増嶋君のヘディングシュートがバーの下を叩けば同点だったわけで。

3バックも上向いてきているみたいだし、勝ちたかったけれど、内容はいい感じで上がってきてるのかなと思いました。

細かいところを見ると。

クレオさんはコンディションがまだまだっぽい。楔のパスに対してCBに出足で負けてて、あまりボールが入らなかった。

3バックの守備は結構安定していて、いい感じ。ただ、どうしても左翼のワグネルさんの裏が弱点に。ここをどうぼかして守るか。

攻撃は、広島と見比べると成熟度ではまだまだ。ビルドアップ時にどう回すか、どこで前に入れるか。

それでもチャンスさんとレアンドロさんの右サイドは、始動間もないのに結構連携取れていて、なかなかの期待感です。

これでシーズン前の試合は終了。さあすぐにACL開幕。アウェイ貴州人和戦です。今年もがんばっていきましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/23

ヒッチコックの鳥

ヒッチコックの「鳥」が現実に、米小都市に数百万羽が襲来

米ケンタッキー州ホプキンスビルの住民はこの冬、ヒッチコック監督のホラー映画「鳥」さながらの被害に遭っている。

人口約3万5000人の同市に、ムクドリモドキなどの鳥の大群が襲来。その数は数百万羽とみられる。地元の歴史家、ウィリアム・ターナー氏は「太陽もきっとかすんでしまう」とし、1970年代後半以降で最悪の襲来だと語った。

辺り一面が鳥のふんで真っ白になるほどで、同市は害虫駆除会社を雇い、空気大砲などを使って鳥を追い出そうとしている。

米疾病対策センター(CDC)のウェブサイトによると、ふんが真菌症の一種であるヒストプラスマ症を媒介する恐れもある。発症すると、肺炎に似た症状を引き起こしたり、犬の場合は死んだりすることもあるいう。

鳥の愛好家で、同市の高校で生物学を教えるデービッド・チャイルズ氏は、鳥の襲来が気候温暖化と関係しているとの見方を示した。

ロイター13/2/18

なんでこんなに集まってきたのか。

The_birds

「鳥」は全部ちゃんと見たことないです。怖いの苦手(^^;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/22

着回し術

キャサリン妃に著名デザイナーが助言、「何度も同じ服着るべき」

英国出身で世界的に著名なデザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッドさんは17日、ウィリアム英王子の妻キャサリン妃のファッションについて「環境に配慮し、同じ服を何度も着るべき」と述べた。

ウエストウッドさんはロンドン・ファッションウイークでの自身のショーを前に、キャサリン妃のファッションについて尋ねられ、「特にアドバイスはないけど、同じ服を何度も着た方がいいとは思う。その方が環境に良いし、素晴らしいメッセージを発信できるから」と語った。

キャサリン妃のファッションは常に注目の的だが、同妃が同じ服を着て外出することが度々あり、英メディアでは倹約的だと称賛される一方、公人のファッションとしては適切ではないという声も聞かれる。

ロイター2013年 02月 18日

贅沢してるという話なのかと思ったら、逆だった。でもそれでも批判が出るから、王女様も楽じゃない(^^;;)

Clothes

奈緒子先生はともかく、君らは一択ではないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/21

カンガルー乱入

ゴルフの試合中にカンガルー乱入、コース内の水目的か

オーストラリアの首都キャンベラで行われているゴルフトーナメントで14日、ラウンド中にフェアウェイをカンガルーの群れが横切るという珍事が起きた。

世界のトッププロも参加する大会だが、10頭を超えるカンガルーたちはお構いなしに飛び跳ねていった。

夏のキャンベラは特に乾燥しており、ゴルフコースに流れる水に魅せられてカンガルーがやってくることも多いという。

ロイター13/2/16

見てる人もびっくりしたろうなあ。

オーストラリアは今年、すごい猛暑だから、カンガルーたちも大変だ。

Kangaroo3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/02/20

毒グモにかまれても

毒グモにかまれた新人ゴルファー、ティーで毒抜きホールアウト

米女子ゴルフツアーの予選会で、試合中に毒グモに足をかまれたスウェーデンの新人選手が、ティーを使って自分で毒を抜いた後、プレーを続行していたことが分かった。

ダニエラ・ホルムキビスト選手は、キャンベラで12日に行われた今季のツアー開幕戦、ISPSハンダ女子オーストラリア・オープン予選会で、4番ホールでプレー中にクロゴケグモとみられる毒グモにかまれ、直後に足が腫れ上がった。

治療を求める代わりに、ホルムキビスト選手はティーで自ら毒を抜き出し応急処置。その後もプレーを続け、74というスコアでホールアウトしたが、予選をクリアすることはできなかった。

スウェーデンゴルフ連盟の公式サイトによると、ホルムキビスト選手はブログで「腫れの部分を切って毒を絞り出した」と説明。「『手術』はうまくいったが、ゴルファーをやめて医学部に行くほどではなかった」と冗談めかした。

ロイター13/2/15

そこまでがんばって予選落ちはかわいそう。

Poison

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/19

ロシアの隕石

本日のNHKクローズアップ現代は、ロシアの隕石。

小惑星が地球に接近してたけど、それとは全く別の物。小惑星2012DA14は直径約45m、地球のそば約2万7500km、静止衛星より近い所を通ると話題になっていました。

そっちのニュースを注目してたら、仕事行く直前にロシアで隕石の知らせを見かけ。

帰ってくる頃にはかなりの被害が報告されてました。

最初ロシアの発表では質量は10トンということだったのですが、その後のNASAの発表では、直径約17m、質量約1万トンと修正。

映像見たら、ほんとにすごい。「第三次世界大戦が起きたかと思った」とコメントがあったけど、そう思ってもおかしくないなあ。

サイズ的には星の王子様の小惑星ぐらい? この大きさの物は百年に一回ぐらいの割合で落ちてくるそうです。

小惑星の地球落下は、過去には恐竜の絶滅も引き起こしています。そのため地球に近づく小惑星を監視しようと、観測が続いています。

でも、45mのは見つけられても、17mだと無理だったのかー。ずっと暗くなるもんなー。

百年に一度というのは百年ごとに一度ということではなく、明日また来てその後何百年か来ないという事も考えられるのです。そのうちまたあるのかな。

僕は地球に彗星が落下する漫画を描いたけど、急にありそうな話の気がしてどきどきしたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/18

ちばぎん杯vs千葉 Wダービー

第19回ちばぎん杯、vs千葉は0-3。

朝まで仕事して、起きたのはもう後半。もう2失点していて、そのままさらに失点して敗戦。

まあ、どうしてもコンディションの差はありますよねえ。

去年も始動が遅くて、出遅れ感があったけど、今年はどうだろう。上手く入っていけるかな。

そして前半は3バックです。最近よそのチームでも増えてきてます。本格的に導入するのでしょうか。

その辺注目して、次はゼロックス杯です。だんだん調子を上げていきたいですね。

さて、この日の日立台は千葉ダービー2試合。ユースの試合がその後に。

クラブユースの新人戦。こちらの方は1-0で勝利!

兄の仇を弟が取りました。えらい!

前座試合じゃなくて後座試合なのはナイスアイディアですね。大勢のお客さんが残った模様。

今年太田君が戻ってきてとても嬉しかったように、プロになる前から知っているっていうのは感情移入できる大きなポイントです。

そういうレイソル愛がどんどん広まってくといいですねー。今年も天皇杯兄弟対決目指してがんばれ(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/17

今週の雑感記 これからの描き方模索中

まずはお知らせ。

アマゾンで、宇宙犬ハッチー予約中です。3/15発売です。よろしくお願いしますー。

ということで今週は初校をチェック。

漫画はゲラ刷りが雑誌の発売後に送られたりしてきてたから、チェックでこんなにやり取りするのは初めてです。

ゲラって印刷所がインクの乗り具合とか見るために試し刷りしてんのかなと思ってたけど、語源とか調べたら、校正に使うものだった。こちらが本来の使い方の模様。

スケジュール詰まってるから、これでもやり取り少ない方らしいです。所変われば、いろいろ違うものですね。新鮮。

さて、今週の話題はこちら。

これからの描き方模索中。

電話して、メールの返事書いて。漫画の話はどうしても景気悪いんだけど、僕にしてもこれをやっとけば安心という方策を思いついているわけではないので、歯切れ悪い。

ただ結局考えていくと、普通にがんばってもそれはみんなやっていて、それでも下がっているのだから、ちょいと違った角度から攻めないとだめなんだろうなという所に落ち着く。

違う角度といっても、180度変えは試されていて、予定調和を壊す手法は見かけるのだけど、予定調和、すなわちベタは、みんなが好きだから繰り返されるわけで、それを壊すんじゃない方法論を模索中。13/2/12

コミックナタリー - 藤子不二雄(A)「愛…しりそめし頃に…」4月で最終回を発表  昨日寝る前に読んでた。漫画道から続く漫画の勃興期を描いた作品が、今の時期に終わるのも意味深い。

流通経路の変化が、漫画にどれぐらいの影響を及ぼすか。例えばニコニコ静画を見てる友達は、カラーの方が見やすいと言ってた。他にも見開きの概念は維持さ れるのかとか。紙が残ったとしても、趣味の物になってけば、描かれる内容が変わっていくはず。電子も、そもそも画面サイズが固まってないし。

そんな事を考えて、さて小説初版のチェック。僕の場合はどこにたどり着くかも分からない。13/2/13

電話で漫画友達と話をすると、いい話はあまり聞かなくて。14日に電話した別の友達も、やっぱりいい話聞かないねえと言っていて。

では僕に、これさえやっとけば大丈夫! という解決策があるかというと、そこまで自信のあるやつはないので、相談受けたりアドバイスしたりする時に歯切れが悪いのです。

僕自身は、載ることよりも自分で納得できる形で描けることが優先のタイプなので、電子書籍が来た時点で最低ラインは確保され、それはもうOKあとは自分の腕次第という気分なんですけど。

その辺の感覚は人それぞれなので、難しいですよねえ。僕はそんなこと考えてたら、漫画からも飛び出しちゃった人だし。

一応最近考えていることは。

もう危機感はみんなにある状態なので、みんな手は尽くしています。でも、下げ止まらない現状。電子書籍も救世主にはなっていません。

ただ、作家業はもともと当たり外れが大きい仕事なので、個人で考えなきゃいけないのは、まず面白い物を作ることです。すごく面白ければ、絶対広がる。

ということでそのためには。

面白さの中には新鮮さが大きな要素としてあります。ただ、予定調和を壊して新鮮さを出す手も、外すならこの辺という別の調和が生まれ、そこに陥ると袋小路。

そもそも予定調和、すなわちベタな展開は、みんなが好むから何度も繰り返されているので、そちらが基本です。自分も好きだし。

特に、世に発表される作品の数が増えているので、その中で目立つにはぱっと内容が分からないといけません。

雑誌が増えた上にweb雑誌やら個人出版やらとなると、まず人目につかない。表紙買い、タイトル買いの比重が、さらに大きくなるんじゃないだろか。(実際に即決買うという意味ではなくて、それでまずアクセスする)

そうして分かりやすさで入ってきてもらったとして、でも、ああよくあるやつかとなったら続かない。他に読む物見る物たくさんあるので、この作品に時間を割く理由が必要。他では見られない何かがいります。

組み合わせに鍵があるんじゃないか。

ベタな要素は分かりやすく入ってて、楽しみは担保されてる。でも違う要素や展開が入ってて、他とは違う。

個性を極めて、普通じゃちょっとしない組み合わせで構成できれば、そういう所に行けるんじゃないのかなあと思っています。

ただ、処理が難しいし、ページかかるかもしれない(^^;;)

さて、ハッチーのチェックに戻ります。子供っぽいのに基盤になってる知識は大マジというのが一つ狙いだけれど、上手く行くといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/16

スケボーでスピード違反

スケボーで「スピード違反」、南アの公道で時速110キロ

南アフリカの有名スケートボーダーが、ケープタウンの公道を時速110キロ以上で滑走し、スピードの出し過ぎによる「危険運転」で逮捕される可能性があることが分かった。現地当局者が7日明らかにした。

スケートボーダーが坂道を滑降する様子を映したビデオは、動画共有サイト「ユーチューブ」にも投稿され、再生回数20万回を超えるなどネット上で話題となった。

現地メディアによると、スケートボーダーは制限速度60キロの道路で110キロは出していたという。ケープタウン当局の担当者はロイターの取材に対し「この問題は交通当局に引き渡した。逮捕されることを望む」と語った。

スケートボーダーが下った坂道は、ケープタウンで最も傾斜がきつい道路の1つで、過去には交通を封鎖した上でスケートボードの大会に使われたこともある。

ロイター13/2/8

110km/hはすごい。スケートボードだと、どうやって止まるのだろう(・・;;)

Skateboard

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/15

ヘビスープ

香港冬の風物詩「ヘビスープ」、後継者不足で伝統継承の危機

香港では冬になると、伝統食「ヘビスープ」を提供する店がにぎわいを見せるが、奇しくも巳年となる今年、こうした店を営む店主からは伝統を引き継ぐ人が減少していることを心配する声も聞こえてくる。

ヘビのほか、鳥や豚の骨からもダシをとり、5種類のヘビ肉などを6時間以上煮込んで出来上がるヘビスープは、1食当たり35香港ドル(約420円)で提供され、血行を良くし、体を温める効能があるとされる。子どものころ病弱だったというある客は、ヘビスープのおかげで病気にかかることが減り、冬にはインフルエンザの予防になると話した。

父親からヘビの扱い方からスープの作り方まで習い、跡を継いだというChau Ka-lingさんの店は、忙しい日には1日1000食以上も出るという人気店だ。しかし、Chauさんはもし他に職業が選べるなら、危険を伴うこの仕事 には就かず、誰かに技術を伝えたいとも思わないとし、「これで生計を立てているから何年も(ヘビを)殺してきたが、本当は嫌だった。ヘビの数はどんどん減っているが、私の仕事は変えられない」と不満をこぼした。

実際、ヘビを扱う小売店はとても少なくなってきている。その中の一つで110年続いているある小売店で64年間働いてきたというMak Tai-kongさん(84)は、これまでに約20人のヘビ使いを育ててきたが、新たに門をたたく人はおらず、同店の「新人」はすでに30年以上のキャリアがあるという。Makさんは後継者不足の原因として、劣悪な仕事環境や賃金の安さを挙げる。だた、この仕事はもはやお金の問題ではなく、伝統を守ることによって社会に何かを還元することだと強調した。

ロイター13/2/4日

最近ディスカバリー・チャンネルのサバイバル・ゲームを楽しみに見てるせいか、ヘビというととてもごちそうなイメージ。

Snake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/14

イヌミミ奈緒子先生

落書き。

Naoko

犬耳子ちゃんな奈緒子先生。コメントいただいたので描いてみました。

原稿作業は背景描きなんだけど、今度のコミティア向けで締め切りがだいぶ先なので、ついつい逃避が発生中(^^;;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/13

アスリートの魂 酒井宏樹

NHK-BS1で2/11に放送された、「アスリートの魂 苦しみを強さに サッカー 酒井宏樹」。

見ましたですよ。

酒井君の朝ご飯が人気のないガソリンスタンド併設のお店って、めっちゃさみしい映像……。

上手く行ってないからそう見えちゃうわけですが。

他にも会食のシーンに水野君がいたり、喫茶店ボブのいつもの席にキタジがいたり、なんかこうレイソルサポ的にさみしさ満点。

キャンプの練習試合で監督がほめてるのをニュースで知って期待してたら、後半開幕の試合でやっぱりベンチだったりとか。もう歯軋りしながら見ていたのでした。

確かにウチでも、U-23でもA代表でも、最初からもうアピールって感じじゃなかったんだよなー。

素材に問題はないので、とにかくがんばって乗り越えてほしいです。

再放送はことあとすぐの12日深夜AM1:25~2:09に総合テレビと、16日深夜AM0:00~0:44にBS1です。

ここからどどーっと盛り返して、そして続編「アスリートの魂 乗り越えて得た強さ サッカー 酒井宏樹」が作られるのを切に希望なのです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/12

レイソルがバルサになる日

エルゴラ読んだら、土曜日の浦和戦は3バックだった模様。予想外でびっくりです。メンバー並べるの結構大変だったのに、大外れだったー。さすが策士ネルシーニョ監督。

さて本日は、僕のレイソル妄想が炸裂。先日のつぶやきでこんなことを。

Jリーグに金満クラブが誕生する可能性。クラブライセンス制度との兼ね合いは? | フットボールチャンネル  僕的にはバブルみたいな金が入ってくるより、地道に広げてほしい。サッカーの内容だけじゃなくてクラブも、バルサを目指してほしいな。

バルサは超巨大市民クラブ。バルセロナ市の人口は約162万。実はレイソルのホームタウン人口もほぼ同じ。スペインの方が経済弱いのだから、やってやれないことはないはず!市民に愛され、カンテラが超優秀なメガクラブ。いいなあ。そうならないかなあ。13/2/10

今日読んだエルゴラにもあったけれど、なにやらいろんな議論があるようです。その中で外国人オーナー解禁というアイディアもあるようなんですが。

僕はどっちかというと地道にやってほしいタイプ。最初のJリーグバブルも見てるけど、サッカーを楽しむという点では、金満クラブが金で勝つより、今の大混戦の方がドラマチックでおもしろい。

だってあれでしょ? 海外のスーパースターが来たら確かに一見さんも押し寄せるだろうけど、TV中継がCWCのメッシ連呼みたいなあんな感じになっちゃうんでしょ?

さてしかし、地道にやってほしいけれど、地道と地味は似て非なる。こつこつとでかくなる分には大歓迎なのです。

というか、外国人オーナーのポケットマネーで一気に強化したクラブは確かにあるけど、でも強いのはバルサじゃないですか。

ソシオに支えられ、会長は選挙で選ばれ、つい最近まで胸スポンサーもなかったバルサですよ。

バルサのパスサッカーが理想としてよく語られますが、むしろそういうところを追いかけてほしいなと。サポーターとがっちり密着していて、なおかつめちゃ強い。

これがまったく根拠のない話かというとそうでもありません。バルセロナ市の人口を調べてみると、162万人ほど。対してレイソルのホームタウン、柏、我孫子、野田、流山、松戸、鎌ヶ谷、白井、印西と各市の人口を足すと、160万人ほどでほぼ同じなのです。

ちなみにバルセロナ県と千葉県だと、千葉県の方が人口は多い。さらに一人当たりGDPは日本の方が上で、経済的な母体は負けてない。サッカーをもっと普及させ、レイソルのサポーターをもっともっと増やせば、ありえない話ではない。

そのときは日立台が、カンプ・ノウばりの10万人級スタジアム!

死ぬまでにそうなったら、嬉しいなあ。ぜひとも目指してほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/11

先週の雑感記 ハッチー予約開始!

アマゾンで、ハッチーの予約を開始してました!

「宇宙犬ハッチー 銀河から来た友だち」。アマゾンでは3/15発売だそうですよ。

皆様、御贔屓のほど、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

近づいてきたなあ。どきどきしますね。

さて本日は、がんばってる周りの人にやる気をもらってるという話。

AtoC

この間ナベ先生が上京したのは、僕は仕事で行けなかったんですけど、漫画家さんの集まりに出るためで。

ナベ先生の兄弟子にあたる佐佐木あつし先生が、自ら会社を興し電子雑誌を立ち上げたりしているのです。その一周年記念パーティ。

雑誌のコンセプトには「漫画家・作家・クリエイター自身が企画~編集~デザインまでに関わったクリエイター主導型の全く新しいスタイルのWEBマガジンです。」とあります。

個人出版と商業出版の真ん中ぐらいの立ち位置ですね。自由闊達でかつ質を上げられるというように、両方のいい所が取れれば面白い。個人で戦ってると目立つの大変だし。

出版が縮小してるのは、他のコンテンツと余暇時間の奪い合いになっている側面があり、ちょっと仕掛けたぐらいでは、そこをひっくり返すのはなかなか難しいと思うんですけど。

でも戦わなかったらそこで試合終了なわけで、先頭に立って突き進もうとする佐佐木先生はすごいなあと思うのです。

上手くいってほしいです。

COMITIAで

この間のコミティアで、梅木君、やんむらさんから、新刊をもらいました。

二人は自分の持ち味を生かすシリーズを描いていて、読んでて楽しいのです。

前回僕はお休みだったので、やんむらさんの前回の新刊「スイーツ先生」は初見。甘党を生かしてるなあ。

やんむらさんと、「ドーナツはご飯ですよね」という話で盛り上がりました。朝ごはんでトーストにジャムを塗るなら、もうドーナツでいいではないか。

梅木君の「パラサイト ケイ」は、ネームで見せてもらった時より印象よくなってる。面白い。

ウチに来たナベ先生は「クラウディア航行記」を読んで、面白いと言っていました。「ウメこそ電子書籍で個人出版」というのがナベ先生の評。僕もそう思います。はっきりと自分の世界があるから。

そんな二人に挟まれて、僕も刺激を受けました。

普通に描いてたらだめだと思っているのです。考えたら普通こうだよねって所には、もうみんなが行ってて。

それでも不況ははね返せないんだから、天才でもない僕は、違う発想で挑まないとだめだと思うのです。ニッチな所とか、大きい客層そばの死角になってる所とかに、生き延びる場所があるような気がする。

そして、自分を生かすこと。それが能力を一番引き出せる。それからそれを、はっきり伝わる形で描くこと。これが結構弱い。

二人の漫画はそういう視点で見習うことが多く、自分も何とかせねばと考えさせられます。

ということで落書き。

Wako

犬耳子ちゃん。

企画練ってるんだけど、どうも周りの評判がいまいちで、上手く伝わってない感が。うーむ、難産……。

もう一つ、別の企画も考えてます。こっちは骨が固まると進みそう。

何を描くにせよ、とにかくまず面白くなくちゃいけないのは基本です。がんばらないとー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/10

TMvs浦和 いい感じで発進

キャンプが始まり、さあ試合がありましたよ!

練習試合vs浦和は、5-5!

浦和のHPも覗いてメンバー確認してきました。ポジションの左右とか自信ないけど、こんな感じ?

一本目、柏1-0浦和。19分浦和オウンゴール。

      工藤

ワグネル 狩野   澤

   谷口   茨田

渡部 鈴木 増嶋 キム

      菅野

浦和

       興梠

   マルシオ  柏木

宇賀神 阿部 鈴木 平川

  槙野 永田充 森脇

       加藤

オウンゴールは誰かのクロスが当たったりとかかなと思ったら、バックパスのミスのようです。

二本目、2-0。9分工藤、18分澤。

同じ。

浦和

平川→梅崎、16分、宇賀神→関口、マルシオ→原口。

一、二本目のメンバーが、双方スタメン候補だと思うんだけど、そこで3-0ってなかなかいい出来ですよ!

浦和の方が早く始動していて、コンディションは上だろうから、苦戦するかなーと思ってた。そこで結果を出せたのはいいですねー。

三本目、2-3。6分木村、7分山中、15、22、26分原口。

    田中  木村

 小林       太田

   秋野   栗澤

山中 中谷 鈴木 藤田

      桐畑

浦和

      原口

   梅崎   矢島

関口 野崎 小島 岡本

 野田 山田暢 那須

      山岸

ウチの若いのが点を取って5-0に。むふふ、というところで、あちらの若大将原口選手に貫禄のハットトリックを決められました。バックラインも若くなってたからかなあ。

中谷君には、原口選手との対面はいい経験になったはず。ユースでは味わえない相手。何しろA代表経験者だし。

四本目、0-2。11分デストポビッチ、26分阪野。

中谷→渡部、桐畑→稲田。

メンバー並べててあれっと思ったのは、鈴木君が120分フル出場していたことです。渡部君も戻ってきて90分。今季一試合目なのに。お疲れ様です(^^;;)

浦和

原口→阪野、梅崎→デストポビッチ、関口→永田拓。

四本目に2点取られて、引き分けに。逃げ切れなかったー。惜しい。

でも、去年は始動が遅く練習試合なしでちばぎん、ゼロックス、ACLとなり、ちょっと出遅れた感じでしたが、今年はここで一ついい感じでこなせた。きっとプラスになったはず!

ちばぎん杯も楽しみですねー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/09

2013レイソル展望

新体制発表会の議事録読んだので、毎年恒例のレイソル妄想をしたいと思います。

それにしてもこのオフはすごかったですねー。

ドラマだとしたらパーフェクトな展開ですよ。まず鈴木君を取った代わりに寝耳に水な那須さんの浦和への移籍と、序盤に驚きがあり。

その後、加入の噂が出た人にことごとく振られ。

その間にどんどん出て行くリリース。

数えてみたら出ていく方が11連発という時期もありました。半分はもともとレンタルでいなかった人で、落ち着いて考えたらスタメンは残ってるから戦力ダウンしてるわけじゃないんだけど、これだけ数が続くと、なんかチームが崩壊しているような焦燥感が湧いてきます。

天皇杯優勝してバラ色のオフのはずなのに、こんなにひやひやしたのは、最初のJ2降格の年以来でした。

そんな感じで読者を振り回しておいて。

溜めに溜めといて最後畳み掛けるように加入のお知らせ!

しかもびっくり、クレオさんの加入というクライマックス。ACLで当たった広州恒大のあのFW? と、知ってる選手なのがまた心憎い演出でした。

下げに下げた所からどーんと山場が来たので、終わったあとの満足感が倍増です。もうウチのフロントに脚本賞を贈呈しちゃう。

ただ、多分シナリオ通りじゃないんですよね。吉田さんのコメントを見ると、的外れな噂もあったみたいだけど、どうだったんだろう。ご苦労様でした。

でも最初の噂と比較しても、結果的には良くなったんじゃないかな! ということで毎年恒例のレイソル妄想ですよ!

どん!

  クレオ   工藤
  (田中)   (澤)

ワグネル   レアンドロ
(狩野)      (?)

  大谷    茨田
  (谷口)    (栗澤)

橋本 近藤 増嶋 キム
(山中)(渡部)(鈴木)(藤田)

      菅野
       (?)

出ていくリリースがたくさん(なんと18個!)あったけど、多くはレンタルから完全とか、レンタル先変更とかで、前述の通りスタメンはほとんど無傷。キムさん、クレオさんが額面通りに働いてくれれば、戦力大幅アップなのです。うきうき。

まずFWは。

ブラジル人FWが当たらないという流れが続いていますが、今度こそ! 今度こそあたって!

ということでFWで得点量産という期待を込めて、クレオさんと工藤君の2トップにしてみました。

でも、守備のバランス考えると4-2-3-1続行かな。どうなるかなあ。

ということで二列目。

となると、トップ下がどうなるのかなと。去年なら澤さん、田中君の争い。工藤君を右に、レアンドロさんを真ん中にというのも考えられます。狩野君がズバッとポジション取るかもしれません。激戦です。

レアンドロさんのサブに?マークをつけました。実際のところは例年だと、澤さんがいろんなポジション埋めてくれるので、そのパターンかなと思うのですが。

今年の僕の興味の一つに、若手で誰が出てくるかなあというのがあるのです。

やっぱり若い子がぐぐぐーっと伸びると、戦力大幅アップです。ベテランで固めちゃうと安定感はあるけれど、どうしても伸びしろは少なくなってしまう。サブの一角ぐらいは若い子の席があった方がいいのでは、というのが最近の僕の見解です。

ということで、まあ、レアンドロさんが怪我とかまた赤紙で出場停止とかは困るのですが(^^;;) でも、そういう試合でも若手の活躍に対する期待感が勝る。そうなったらいいなあと。

実績で言うと、太田君。山形で見てた印象は、ウチのユースっ子らしく、しっかりした技術と戦術理解で、使い勝手がよさそうだなあというもの。実際いろいろなポジションで出場。

太田君は「レンタルじゃないのにウチに帰還した第一号」としての期待もあるので、がんばってほしいです。昨今の移籍事情を考えると、このパターンの人が活躍して定着できるかどうかは、結構重要になってくるのではないかと思うのです。

しかし、ルーキーがいきなり出てくるのも楽しそう。秋野君はユース代表でこのポジションでも出場していました。他の子も出来そうだよね?

ボランチは。

大谷&茨田をスタメンに推してみましたが。

どうなるか分かりません。大谷&栗澤の阿吽の呼吸は捨てがたいし、それに何より谷口君が、はまったらどーんとポジション取りそうな。

ウチのボランチはあまり上がらず、点取らないけど、谷口君がFWでも使われるその得点力を発揮したら、チームのスタイルも変わるかもしれないインパクトがあります。どうなるでしょう。

若手というテーマでは、茨田君がさらに伸びてほしいですねー。守備でがんばれるようになったから、後は予測とポジショニングの精度が上がればファール減るだろうし。

何よりシュート精度が上がってほしい。よく比較される遠藤選手のように、心憎いぐらいに冷静にゴール隅を射抜くシュートが見たいです。キック精度はあるんだからできるはず! がんばってー!

DFは。

那須さんが抜けたけど鈴木君が来て、CBのポジション争い激しいのは例年通り。

酒井君が抜けたあと固まり切らなかった右SBで、キムさんがびしっと韓国代表の力を見せつけるか。

そして、期待の若手山中君です。橋本君のサブに置きましたが。

昨年は二列目やボランチでも出場しました。一人一ポジションで書いてますが、例年澤さんなんかはいろんなポジションで出場しているわけで。

山中君がいろんなポジションを埋めて、気がついたらACLとか含めて30試合ぐらい出るという展開もあるかもしれない。いや、それぐらい活躍してほしい。いや、もっと大胆に伸びて、ワグネルさんからポジション取るぐらい来てくれても。

期待は大きいのです。がんばれー!

そして最後にGK。菅野さん磐石なんですけど。

第二GKの争いは激しい。普通に考えても、昨年ベンチ入りは稲田さんの方が多いけど、終盤は桐畑君で、どちらが第二と言い切れない。

そしてここでも若手というテーマでは、中村君ですよ。エルゴラで「柏の最高傑作」という評価でしたよ。

実際ユース代表は飛び級で選出、怪我で出られなかったけど上の代でも第一GK候補筆頭でした。ウチで言うと南さんが高卒でいきなりレギュラー取ってるけど、それぐらいしてもおかしくない素材だと思うのです。

あ、そしたら菅野さんが磐石じゃない。そこまで行ったらすごいな。あるかなあ。

という感じで、いろいろと妄想を膨らましているのでありました。

いろんな期待が大きい今年のシーズン。

国内タイトルはもとより、二年目のACLも取りたいです!!

目指せVITORIA!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/08

日本vsラトビア 大津君がデビュー!!!!

録画を見ました、ラトビア戦。3-0!

2013年、好発進ですね!

先発メンバーを見て、前半は本田選手が前のゼロトップかなと思いきや、岡崎選手の1トップ。

試してほしい形だったので、注目でした。先頭の選手が裏へ引っ張ってバイタルを空ければ、二列目の選手の技術の高さが生きる。

日本の二列目は本田、香川選手だけでなく、この日活躍した乾選手など多士済々なので、そういう人達もうまく使えるし。

それに先頭にスピード系のFWを置くのもありとなると、ここまで召集されてない佐藤選手とか永井選手も可能性が出てきます。型を持ってる佐藤選手は試してほしい一人なのです。

出来としてはいつもの形に戻した後半の方がよかったけど、引き続き試してほしいなあ。

さて。

全体の感想をまず述べたら、ここから本題ですよ!

大津君がA代表デビューです!!!!

ポジションかぶったり、タッチが流れたりはありましたが、積極的にプレーしてました!!!!

いやー、よかったですねえ。おめでとう!!!!

右SBが高徳選手じゃなくて酒井君だったら、代表の右がウチの子になるというウキウキな展開だったけどそこは惜しかった。近いうちに実現を希望ー!

そして今回はとにかくデビューおめでとうなんですが。

大津君がこのまま代表定着してポジション取りに近づくには、得点力をさらに上げることかなと思いました。

前述の通り日本の二列目は多士済々で、上手くて当たり前というレベルになっているので、+αがほしいところ。乾選手はシュートにどんどん持ち込んで、そこを見せてました。負けられないですね!

クラブでは試合に出られるようにはなったけど、まだ点はそんなに取ってない。降格争いしているチームだとなかなか大変だと思うけど、がんばってほしいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/07

グラウンドホッグデー

春の到来占う米「グラウンドホッグデー」、今年は早まるとの見方

米ペンシルベニア州パンクサトーニーで2日、ジリスの一種の動物グラウンドホッグが冬眠から覚め、春の訪れを告げる毎年恒例の「グラウンドホッグデー」の祭りが行われた。

「パンクサトーニー・フィル」と名付けられたこのグラウンドホッグはこの日、多くの報道陣や見物客らを前に巣穴から顔を出した。グラウンドホッグが巣穴から出て、自分の影を見れば、冬はあと6週間続くとされている。しかしフィルは今年、自分の影を見なかったため、春の訪れは早まるとみられている。

同イベントには海外からも数多くの観光客が訪れるほか、ウェブサイトや地元テレビ局で中継もされるほどの人気。グラウンドホッグ・クラブのメンバーだという男性は「(このイベントが)127年も続いているのは科学的な理由だけでなく、楽しいからだ」と語った。

ロイター13/2/4

ちょっと調べてみたら、名前かっこいい。図書館で飼われているグラウンドホッグらしいです。

フィルの名前の由来は"King Phil"とされ、正式名称は「占い師のなかの占い師、賢者のなかの賢者、預言者のなかの預言者にして、類まれなる気象予報者、パンクサトーニーのフィル(Punxsutawney Phil, Seer of Seers, Sage of Sages, Prognosticator of Prognosticators and Weather Prophet Extraordinary)」。wikipediaより

King_phil

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/06

オオカミからイヌに

でんぷん消化能力が決め手?=オオカミからイヌに-欧米チーム

家畜のイエイヌは祖先の野生オオカミに比べ、穀物などのでんぷんを消化吸収する働きが高いことが遺伝子解析で分かったと、スウェーデン・ウプサラ大などの欧米研究チームが23日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

オオカミは肉食性が強いが、人類が農業を発達させて住居近くに捨てた作物や食事の残りをあさるようになったことが、家畜化される重要なきっかけの一つになった可能性があるという。

世界各地のオオカミ12匹とイエイヌ60匹のDNAを解析したところ、脳神経の発達に関連する遺伝子群が変わり、人間社会になじむようになったと考えられるほか、でんぷんの消化吸収に関連する3遺伝子の働きが高まっていることが判明した。時事ドットコム13/1/24

Rice

ハッチーとじゃが丸さん。犬じゃないけどご飯好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/05

そういえば昨日は節分だったのだけれど

そういえば昨日は節分でしたが。

豆は買ってあったんだけど、コミティアから帰ってきて晩御飯を食べたら猛烈に眠くなり、うだうだ。

日が変わる直前ぐらいに眠気が抜けて、駆け込みで撒こうかと思ったのだけれど、まあいいかとやめました。

豆はお茶請けにぽりぽりと食べようと思います。

鬼を追い出さなくてもいいのかなと思ったのは、九割方はめんどくさくなったからですが(笑)、残り一割でふと。

鬼の出てくる作品を描こうとしているので、追い出しちゃったらかわいそうかとも考えたのでした。

いや、去年追い出したから、あの作品はボツになったのかもしれないぞ。何てことだ。

そんな冗談はさておき。

僕はよく、ボツになったネームとかを取っといて、後でまた直したり、それで漫画描いたりしています。古いのなんか置いといて、新しいの描けばいいのにと言われるのですが。

最初の閃きでは面白かったのに、それが上手く表現し切れていないのが気になるのです。

そこを解決できていないのに、新しいのに手を出しても、同じ事をやらかすかもしれない。時間がかかっても解決策を見つけられれば、構成や演出の引き出しが増える。

遠回りなやり方ですが、実はハッチーも最初に書いた時には周りの評判は散々で、違うエピソードで試したり、人称を変えてみたりと紆余曲折を経ての、今回の受賞でした。

なので鬼の話も諦めていません。心の隅っこに置いておけば、どこかでふと解決策を思いつくはず。

いつか世に出せればいいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/04

COMITIA103

COMITIA103でした。

いらしていただいた皆様、ありがとうございました。

ハッチーのチラシを研究所に上げておきます。

やっぱりコミティアに行くと、刺激をもらえていいですね。

今回は梅木君、やんむらさんと三人並びでした。二人は売り上げ好調なので、そんな二人に挟まれて、僕も負けずにがんばろうと思ったのでありました。

帰って晩ご飯食べたらどーんと眠くなったんだけど、持ち直してきたので、サッカー流しながらちょいと作業。

背景の描き方とか、いろいろ試します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/03

炎でお清め

馬が炎の中を駆ける、スペインで動物の守護聖人アントニオ祭

スペインのサン・バルトロメ・デ・ピナレス村で16日、動物の守護聖人である聖アントニオを祭る儀式「ルミナリアス」が行われ、馬に乗った住民らが燃え盛る炎の中を駆け抜けた。

この儀式は500年前から続けられているもので、炎から出る煙によって動物が清められるという。

ロイター13/1/18

Fire

勘違いケッタくん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/02

COMITIA103準備中

仕事に行く前の時間を使って、ポスター刷ったり、チラシを刷ったり。

2/3(日)のCOMITIA103の準備中。11:00~16:00東京ビッグサイト東5・6ホール、「て30a かってに応援団」です。

今週は、仕事があって、そこにナベ先生来たし、ハッチーもいろいろとやり取りがあって、なんかあっという間に週末になりますよ。

二月になったので、岩崎書店HPの来月の新刊のコーナーに、「宇宙犬ハッチー」が登場しました。上にしりあがり寿先生の絵本がある。どんなだろう。ちょっと気になるな。

チラシに発売予定も書きましたが、三月中旬になる模様です。こちらも着々と近づいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/01

もったいない

世界で生産される食料の半分が無駄に=英報告書

英機械学会は10日、世界で生産される食料のうち、最大で半分が無駄になっているとする報告書を発表した。保管や輸送の不備が原因となったほか、小売業者や消費者の無責任な行動も背景にあるとしている。

報告書によると、世界全体では年間約40億トンの食料が生産されているが、12億─20億トンが食べられずに無駄になっている。

英国などの先進国では、効率的な農業や輸送・保管方法が確立されており、そうした無駄のほとんどは小売業者や消費者の行動によるもの。報告書は「将来の食料需要を持続的に満たそうとするなら、この水準の無駄は放置できない悲劇だ」と警告している。

小売業者は、サイズや見た目が規格外の野菜や果物をはねつけることで、年間160万トンの食品廃棄物を出しているという。報告書によると、農場で収穫された作物の3割は、純粋に見た目だけの理由などで市場に出回ることなく廃棄されている。

また、先進国ではスーパーの陳列棚に並んだ食べ物の3─5割は、消費者が賞味期限や消費期限の意味をよく理解していないことで捨てられているという。

ロイター13/1/11

もったいない話です。

規格外野菜とか、僕は気にしないのですが。むしろ安いとありがたい。

さてそこで、ケッタ君は、じゃが丸さん直伝ジャガー食い。もったいないので一滴も残さず。

Manners

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »