« あけまして偵察GvsC、鹿島とG大阪戦展望 | トップページ | あらためましてあけましておめでとうございます »

2013/01/02

vsG大阪 4年後の栄冠、そしてACLへ

四年前のあの日のことは、今でも鮮明に覚えている。

夕暮れ迫る国立競技場。

あの日僕らは、石崎監督とのお別れを、勝利で飾ることはできなかった。

それから四年、また迎えた決勝の舞台。相手ははかったかのように、同じG大阪。

四年前、僕らは一点に泣いた。

四年後、先制点を入れたのはウチだ。ワグネルさんのCKを渡部君が決めた。

なかなか上手くいかなかったリーグ戦を引きずるように、天皇杯も順調だったとは言えない。レアンドロさんは決勝まで使えなかった。出場停止もあった。怪我人も出て、ベンチ入りメンバーが足りなくなったりもした。

この日も、守備の要近藤君を欠き、エースストライカー工藤君は出場停止だった。

でも、チームは、その苦しい中で、一丸となって戦った。苦しかったからこそ、シーズンの最後の最後で、そこを越えようともがいた成果が出ているようだった。

渡部君の活躍は象徴的だ。

昨年J2栃木へ武者修行に行き、レギュラーとして活躍、経験を積み満を持しての復帰。しかし、試合になかなか出られなかった。

そんな中でも、腐らず力を蓄えていたのだろう。先制点だけではない。守備でも、G大阪の得点源レアンドロ選手に厳しく当り、中央をしっかりと締めた。一見押し込まれる苦しい展開だったが、中でやられていなかったので、守備は安定していた。

試合終了のホイッスルが鳴った時、渡部君は両の拳を握り締め、ピッチにうずくまった。

あの日と違う涙が、こみ上げてきた。

第92回天皇杯決勝、vsG大阪は1-0!!!!

天皇杯優勝おめでとう!!!!

さあ今年も行くぞ、ACL!!!!

|

« あけまして偵察GvsC、鹿島とG大阪戦展望 | トップページ | あらためましてあけましておめでとうございます »

レイソル2012 天皇杯優勝!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/56446685

この記事へのトラックバック一覧です: vsG大阪 4年後の栄冠、そしてACLへ:

« あけまして偵察GvsC、鹿島とG大阪戦展望 | トップページ | あらためましてあけましておめでとうございます »