« ミニスカ宇宙海賊 3 コスプレ見習海賊 | トップページ | 狼と香辛料 ⅩⅤ ⅩⅥ 太陽の金貨 »

2012/12/19

滅亡ビジネス

マヤ暦の「終末の日」、トルコの小村に信奉者が殺到

マヤ暦から導き出された2012年12月21日の「世界の終末」を信じる人々が、古代ギリシャの都市エフェソス(Ephesus)に近い、トルコ西部の小さな村に集まっている。

一部のニューエイジ信奉者は、古代マヤ暦、少なくともその解釈の一節に記されているとされる「12月21日の世界の終末」を信じており、このトルコ西部の人口約600人の村シリンス(Sirince)には、聖母マリアが昇天したとされる場所に近いことから、ポジティブなエネルギーが満ちているという。

マヤ歴の「世界の終末」は、シリンス村に観光ブームをもたらした。地元メディアによると現在は6万人ほどが滞在している。

「冬季にこれほど注目を集めたのは、私たちの知る限り初めて」と、シリンスのホテル経営者、イルカン・グルガン(Ilkan Gulgun)さんはメディアに語った。グルガンさんによると、滞在客らはシリンスのポジティブエネルギーで「終末的大災害」から身を守ることができると信じているという。

古代ギリシャの村シリンスは、トルコの富裕層向けのおしゃれなホテルとワインで知られる村だ。トルコのビジネスマン、エルカン・オノグル(Erkan Onoglu)さんは、12月21のために「世界の終末ワイン」を特別に製造し、訪れた信奉者の購入に期待を寄せている。

ホテルで働くシリンス住民は、熱狂的な観光客らの来訪を歓迎しており、「うわさが広がることで来客数が増えた。うれしい限りだ」と語った。

AFPBB News 12/12/12

「滅亡の日」をワインセラーで、ウクライナの醸造所が企画

古代マヤ文明の暦で「滅亡の日」とされる12月21日が目前に迫る中、この日を地下のワインセラーで過ごし、生き延びるというイベントが、ウクライナで予定されている。

同国のスパークリングワイン醸造所「ニューワールド・ワイナリー」は、21日に合わせ、地下施設にベッドやスイートルームを用意。約400人が宿泊した場合、2週間分の食料も揃っているという。

ニューワールド・ワイナリーのディレクターは、地下施設は135年前に建設され、これまでに隠れ場所として使用されてきたとコメント。過去に発生した地震でも崩壊しなかったとし、「世界の終わりを迎えるなら、ここより適した場所はない」と述べた。

地下施設を見に来たカザフスタン出身の女性は、「世界の終わりを生き延びるために来た。ここはベッドもお酒もあるし、比較的安全な場所」と語った。

ロイター12/12/14

商魂たくましいなあ(笑)

アメリカでは政府公式HPで滅亡を否定。それだけ信じちゃってる人が大勢いるということか。

研究者によるとマヤの碑文には予言は書かれておらず、要するに単にマヤの長期暦における大晦日で、また一から始まるんだそうですよ。

Eschatology

|

« ミニスカ宇宙海賊 3 コスプレ見習海賊 | トップページ | 狼と香辛料 ⅩⅤ ⅩⅥ 太陽の金貨 »

にゅーすdeまんが2012」カテゴリの記事

コメント

世界が滅亡しなくてよかったo(^-^)o
かわせ先生 無事でよかったですね(笑)

投稿: さとみっくす | 2012/12/23 11:35

締め切り前で遅れていると、なぜ滅亡してないんだと叫びたくなるところですが、今はそうではないので滅ぶと困ります(笑)。
世界の終末ワインは売れたんですかねー。作りすぎて在庫になってたりして。

投稿: かわせ | 2012/12/23 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/56308895

この記事へのトラックバック一覧です: 滅亡ビジネス:

« ミニスカ宇宙海賊 3 コスプレ見習海賊 | トップページ | 狼と香辛料 ⅩⅤ ⅩⅥ 太陽の金貨 »