« 今週の雑感記 新エネルギーと個人直販 | トップページ | 狼と香辛料 ⅩⅢ Side Colors Ⅲ »

2012/12/05

狼と香辛料 ⅩⅡ

狼と香辛料 ⅩⅡ (支倉凍砂・著)を読みました!

このシリーズは全17巻だけど、ここから短編集が二冊入ってるから、エピソード的にはもうそんなにない。終わりを意識し始めましたよ。

味わいつくさないと!

ホロの故郷ヨイツを訪ねるには地図が必要だと、北の地方に詳しい人を探して、つてをたどって出会ったのが銀細工職人フラン・ヴォネリ。

偏屈で頑固と評判。この地方ではない異国の風貌。出自が分からず謎めいた過去。

そんな登場の仕方で、最初は人を寄せ付けない感じなんだけど、ところが実は一途な娘さん。

第一印象を堅くしといて実は、という演出は、キャラクターに深みを与えます。ずっと印象深くなる。実際過去に何があったか、事細かには描かずに、フランの様子から想像させるのも、心憎い。

フランのこの先の人生が、心安らかなものになるといいなあ。

さて、このシリーズは、背景に教会と異教という構図があったわけですが。

教会の力が弱まってきていて、信仰よりも金だ、という話になってきています。

もともと商売がテーマの一つだったわけで、エピソードとしては、行商人の現場のやり取りが、町商人のスケールの大きな商いになり、そして信仰をも飲み込んでいく形。

これがラストに向けてどう作用していくのか。楽しみです。

|

« 今週の雑感記 新エネルギーと個人直販 | トップページ | 狼と香辛料 ⅩⅢ Side Colors Ⅲ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/56054484

この記事へのトラックバック一覧です: 狼と香辛料 ⅩⅡ:

« 今週の雑感記 新エネルギーと個人直販 | トップページ | 狼と香辛料 ⅩⅢ Side Colors Ⅲ »