« U-19を見て考えたポゼッションサッカーについての考察 | トップページ | 狼と香辛料 ⅩⅠ Side Colors Ⅱ »

2012/11/22

マンモス肉

パリ郊外でマンモス発掘、ネアンデルタール人の「食事」か

フランスの考古学者チームが、ほぼ完全なマンモスの全身骨格をパリ郊外で発見した。石器の細片も同時に見つかり、考古学者らは、マンモスがネアンデルタール人によって食べられていたことを示す証拠だと語っている。

発掘現場の責任者グレゴリー・ベイル氏は「少なくともフランス国内では、(ネアンデルタール人がマンモス肉を食べていた)これほど明白な証拠はこれまで見つかっていなかった」と述べた。

マンモスの骨格が見つかったのは、パリから東に約30キロ離れたシャン・シュル・マルヌ近くの採石場。古代ローマ遺跡の発掘中に偶然に発見したという。

研究チームが「ヘルムート」と名付けたこのマンモスは、10万─20万年前に生息していたとみられ、ほぼ完全な形で見つかったマンモスとしてはフランス国内では4体目。泥にはまったか、溺れて死んだとみられている。

ロイター12/11/9

狩りで倒したのではない模様。

見つけたときは大喜びだったろうなあ。ごちそう落ちてたんだもんね。

Mammoth_meat

|

« U-19を見て考えたポゼッションサッカーについての考察 | トップページ | 狼と香辛料 ⅩⅠ Side Colors Ⅱ »

にゅーすdeまんが2012」カテゴリの記事

コメント

マンモスのお肉は美味しいのかな?
食べてみたいです〜♪

投稿: さとみっくす | 2012/11/22 23:05

インパラの肉とか熊の肉とかは食べたことあるんですが、ゾウの肉はないので、マンモスの味はさっぱり見当つきません。どうなんでしょうねえ。
ただ、量がたっぷりなのは確かですね!

投稿: かわせ | 2012/11/23 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/56092422

この記事へのトラックバック一覧です: マンモス肉:

« U-19を見て考えたポゼッションサッカーについての考察 | トップページ | 狼と香辛料 ⅩⅠ Side Colors Ⅱ »