« せーの! | トップページ | 偵察名古屋vsG、川崎と名古屋戦展望 »

2012/08/31

ミニスカ宇宙海賊

ミニスカ宇宙海賊(笹本祐一・著)を読みました!

アニメ「モーレツ宇宙海賊」の原作です。好きなジャンルの物を見て癒されたいなーと思っていたときにちょうどやっていて視聴、原作も読んでみようと思い立ちました。アニメ化→読者獲得というメディアミックスの狙い通りなのです。

そして一言。やっぱりスペースオペラは楽しい(^^)/

ということで、以下に詳細な感想を。

白鳳女学院宇宙ヨット部に所属する女子高生、加藤茉莉香(かとう・まりか)は、実は海賊船の船長の跡継ぎだった、というお話。

もともとスペースオペラ好きなのです。僕が子供の頃、物語の世界にはまっていき、自分で本を選んで読むようになったころ、世の中にたくさんあふれてた。

銀河帝国に超光速宇宙船という舞台装置だけでも、もうわくわく。三つ子の魂です。

でも単にそれが出てるだけでは、手には取るけどそっと元に戻すわけで。

単にネタが好みというだけじゃなくて、安心して読めました。まずベテラン笹本先生の筆力。すいすい読める安定感。

そして、世界観の確かさも、安心感を与えます。

これは言葉で説明するのが難しい感覚ですが、科学的なネタの使いどころ、そして逆に外しどころ、全体の雰囲気の作り方など。ああ、スペースオペラだね! という感じ。安心してわくわくしてていいのです。

でも、戦闘で電子戦が大きく取り上げられているところは、現代風です。

ちょうど、懐かしいジャンルって、まだ意外と生きているんじゃないかと考えてたところなのです。それで、そうそうこれこれと。

昔は若い世代の方が人口多かったので、とにかく新しい物という風潮でしたが、今は人口構成は逆ピラミッドで。

新しければいいとは限らず、むしろみんな忙しくて食いつきが悪いので、特に映画なんかでは、懐かしい作品を原作にしたものが多くなってます。

でも、そこからもう少し進んで、大筋はベタだが細部をアップデートして新しいもの作ったら、子供の頃からこういうの好きだったんだよね、という需要に応えることができるんじゃないか。

僕のそんなツボに、スポッとはまった作品でした。

さらに「私掠船免状は人と船に対して出る」という設定から、海賊船弁天丸がポンコツ風味なのもツボの予感。

今回は白鳳女学院ヨット部の船、オデットⅡ世がメインだったけど、次は活躍するかなあ。わくわく。

|

« せーの! | トップページ | 偵察名古屋vsG、川崎と名古屋戦展望 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/55320396

この記事へのトラックバック一覧です: ミニスカ宇宙海賊:

« せーの! | トップページ | 偵察名古屋vsG、川崎と名古屋戦展望 »