« 海洋発電と日本の弱点 | トップページ | vs川崎 勝ってるよー!!!! »

2012/05/12

偵察川崎vs磐田、名古屋と川崎戦展望

2012J1第9節、川崎vs磐田、4-3。

風間川崎初勝利。前節を見て、ふわっとしてると思った川崎の守備は、稲本選手をアンカーに入れ、リトリートしてからということで統一された模様。

そして、風間監督がわりと独自の言い回しが多いので、どんな変わったサッカーするのかなと思っていたのですが、縦の意識を強めたポゼッションということみたいです。むしろ王道?

また前節、継続性はどうなのかなと思ったのですが。

構えたところで奪って、前に矢島選手のような突進力のある選手がいて、そこに中村選手がスルーパスを出して……というシーンを見ていると、ディテールの部分は独自の味付けが出てくるんでしょうけど、大まかなところでは、むしろ相馬監督の前に戻って川崎らしいかもと感じました。

オープンな打ち合いになるところも等々力劇場な感じです。

一方磐田はこれで連続大量失点。また、前田選手がシュートを打てていないという問題も続いています。

前田選手のPK決まってたら逆転まで行ったかも。ちょっと調子の谷が来ているみたいです。

第10節、名古屋vs川崎は2-3。

名古屋は怪我人がいて大変そう。ケネディ選手が復帰したけど、ハーフタイムで交代。

なのに、闘莉王選手をFWにすると、攻撃の迫力が減るどころか、むしろ増してるんじゃないかというところがすごいです。

川崎は形になってきています。やっぱり以前の前にぐいぐい来るイメージに重なります。

中村→ジュニーニョの代わりに、中村→矢島のホットラインが機能しています。矢島選手がとても怖い。

というわけで急速に調子が上向いている川崎との一戦!

まず、なんと言っても中村選手を抑えなくてはいけません。すごいパスを通しています。厳しく。

そしてそのパスの先にいる矢島選手にも要注意。ゴリゴリくる突進力の他に、裏へ飛び出す感覚も冴えています。前節名古屋DF陣がオフサイドだとかなり抗議していましたが、何度もあったので、絶妙のタイミングなのだと思われます。

チーム全体の連動性も上がっているので、しっかり切りたいところです。

こちらの攻めになったときには。

川崎は少し寄せが甘くなるときがあるので、思い切りのよいダイレクトプレーやシュートを見たい。

チャンスは作れてるから後は得点。気持ちが悪循環になるのが一番よくないので、いけいけドンドンぐらいの思い切りで。

田中君の連発弾があると、とてもうれしい。

ハードなアウェイ3連戦の初戦、勢いをつけたい!!

勝ちましょう!!

|

« 海洋発電と日本の弱点 | トップページ | vs川崎 勝ってるよー!!!! »

レイソル2012 天皇杯優勝!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/54621470

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察川崎vs磐田、名古屋と川崎戦展望:

« 海洋発電と日本の弱点 | トップページ | vs川崎 勝ってるよー!!!! »