« RDG 4 レッドデータガール 世界遺産の少女 | トップページ | 海洋発電と日本の弱点 »

2012/05/10

原発停止と地熱発電

とうとう原発が全て止まってしまいました。経済への影響が懸念されます。けっこうやばいと思う。

金か命かという話じゃなくて、金がないと命もピンチだと思うんですよ。昔、自殺防止に取り組む人のドキュメンタリーを見てたら、不況になってリストラという言葉が流行った年、一気に何千人も自殺者が増えて、三万人を越えたと知りました。

最近見たドキュメンタリーだと、今ギリシャが金融危機で仕事を失う人が続出、自殺が急増しているそうです。

ということで、原発事故のリスクをゼロにするために経済減速して死人が増えるんじゃ意味ないから、動かせるものは動かすべきと思うのですが。

でも、福島第一原発で四苦八苦している様子を見ていると、放射性物質の管理が大変だという点で、原発も過渡期のエネルギー源なんじゃないかなという気がします。

事故を起こさなくても、廃炉とか放射性廃棄物の管理とかのコストが、どんどん積もっていっちゃうよね? 更地に戻せないもんね?

なので長期的には脱原発して、別のエネルギーというのがいいのではないか。

そこで僕が期待しているうちのひとつが、地熱発電なのです。

太陽光や風力の方が自然エネルギーとしてはポピュラーですが、安定供給が難しかったり、まだまだ技術開発が必要のようです。

コストも高く補助金が必須なのが現状。欧州では緊縮財政で補助金減ったら、普及がパタッと止まってしまったそうです。

その点、地熱発電は安定したエネルギー源。商業発電としてちゃんと長い歴史があります。コストも自然エネルギーの中では安く、上手くすれば火力と同等。燃料を輸入しなくていいので、高騰が関係ないのも魅力です。

ただ、立地条件とかが難しい。そんな時に、こんな記事を読みました。

温泉熱で「土湯」復興を!=全国初の電力自給へ-原発事故で宿泊客減・福島

「こけしの里」として知られる福島市の名湯、土湯温泉。東京電力福島第1原発事故などの影響で、旅館16軒のうち6軒が休・廃業する中、団塊世代の有志が温泉熱を利用した発電システムの導入で、電力の地産地消と温泉街復活を目指している。

土湯温泉はJR福島駅から西へ15キロの山あいにある。宮城県の鳴子などと並ぶこけしの生産地として有名で、年間二十数万人の宿泊客でにぎわっていた。しかし、昨年3月の東日本大震災と原発事故で観光客が激減。旅館5軒が廃業、1軒が長期休業に追い込まれた。客足は回復の兆しを見せているものの、事故前の水準には程遠い。

苦境を打開しようと、団塊の世代が昨年10月、「復興再生協議会」を設立。中心となったのは、社会福祉法人理事長の加藤勝一さん(63)らだ。

加藤さんらはオイルショックが起きた1973年、「あらふど(新足)の会」を結成。あらふどとは「新雪を最初に踏み固め、道を作る」という意味で、毎晩のように将来を語り合い、町の活性化に取り組んだ。その後、活動は下火になったが、温泉街がほぼ焼失した54年の「土湯大火」以来の危機に、当時の中心メンバーが再び立ち上がった。

復興の切り札は、湧き出た温泉の熱で低沸点のアンモニアなどを沸騰させて、発電タービンを回すシステム。地中深くから高温蒸気を取り出し大規模プラントで発電する従来方式とは違い、余った温水を有効利用できる上、環境破壊が避けられる利点もある。

2013年度中に毎時500キロワットの設備を完成させる。温泉街を流れる荒川では小水力発電も計画しており、将来的には1100キロワットを発電、土湯全体の電気を賄う考えだ。加藤さんはエコ発電の見学ツアーや電気を活用した野菜工場など、アイデアを温めている。温泉街丸ごとの電力自給が実現すれば全国初という。加藤さんは「新たな観光地の魅力と雇用の場を生み出し、再生の道を歩んでいきたい」と話している。

時事通信12/5/3

地熱発電で高温の蒸気がほしいとなると、温泉地である場合が多く、お湯が枯れたらどうするんだと反対が起きたりするのですが、これならOK。

温泉はちょうどいいお湯がいつも湧いてるわけではなくて、源泉では、そんなのに入ったらやけどして死んじゃうというような熱湯だったりします。冷まして湯船に流している。

その冷ますところに熱交換器を入れて、捨ててる熱を利用するのです。温泉も入れて発電もできる一石二鳥。バイナリー発電というそうで、この方式だけでも最大原発8基分ぐらいはいけるとか。

さらに将来的には、地下の高温岩体に水を送って蒸気を得るとか、もっと掘ってマグマの熱を使うとかの構想もあり。そこまで行ったら、日本の需要の三倍分ぐらいのエネルギーがあるんだって!

そもそも、こんな大地震が起きて苦しめられているのも、日本が大陸プレートの端っこの、プレート同士がぶつかり合う場所にあるからです。そのせいで火山もたくさん。そして地熱がたくさんあるのです。

立地のデメリットに悩まされてるだけじゃ、つらいじゃないですか。代わりのメリットがあるならどんどん使うべき。

地熱発電がどんどん開発されてほしいなと思います。

|

« RDG 4 レッドデータガール 世界遺産の少女 | トップページ | 海洋発電と日本の弱点 »

日記・つぶやき2012」カテゴリの記事

コメント

地熱いいですねっO(≧ワ≦)o 原発はこわいですしやめたほうがいいと思いますが簡単にはやめれないのかな〜(ノ_・。)って思います 地球と人に優しい新しいエネルギーをさがしたいですね
あっ そういえば知り合いが大学でバイオマスを学んでます そちらも新しいエネルギーとして活躍してほしいですp(^^)q

投稿: さとみっくす | 2012/05/10 20:32

バイオマスもいいですよねー。どんどん研究が進んでほしいです。

投稿: かわせ | 2012/05/11 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/54659581

この記事へのトラックバック一覧です: 原発停止と地熱発電:

« RDG 4 レッドデータガール 世界遺産の少女 | トップページ | 海洋発電と日本の弱点 »