« ハリー・ポッターの電子書籍 | トップページ | vs磐田 リベンジできず »

2012/03/31

藏川さん移籍と偵察磐田と磐田戦展望

まず最初に。

藏川さんの熊本加入が決まりました。おめでとうございます!

藏川さんは現役続行できるのかなと気になっていたので、一安心。

永遠の若手として新天地で大活躍してください!

熊本は、南さん元気かなとか、武富君は伸びてるかなとか(今季すでに3得点)、見所多かったんですけど、これでますますチェックしないと(^^)/

さてチェックと言えば、今節対戦の磐田です。試合を見ました。

2012J1第2節、磐田vs鳥栖は、2-1。

勝ったのは磐田でしたが、鳥栖手ごわいなーという印象が残りました。

意思統一がしっかりしているので、カウンターに迫力があります。それを決める豊田選手というストライカーもいます。チョ・ビョングク選手を弾き飛ばして先制点。

対する磐田は、2トップに怪我人が出て1トップにせざるえないのが苦しいところ。前田選手が少し孤立気味。

しかしそれでも勝っちゃう質の高さ。特に駒野選手の逆転FKはお見事でした。

第3節、G大阪vs磐田は1-2。

この敗戦でG大阪はセホーン&呂比須体制をあきらめ、監督交代となったのですが。正直このいきなり連敗→解任の展開はびっくりしました。

選手が何人か出てったけど、先発メンバーで見たら二人ぐらいしか代わってないし、肝心の中盤は維持できてるし、ガンバは毎年新ストライカーをフィットさせて勝ってきてるから、何とかなるんだろうと思ってた。

エルゴラに解任の裏話的なことが載っていて、それにもびっくりです。呂比須新監督の報道が出たとき、あまり実績ないけどそれでもということは、細かい所までリサーチしていて勝算があるんだろうと思っていたので。セホーン監督も同様。でもそうじゃなかったみたい。

でも選手はいるのになと思って試合を見た感想は。

去年は剛のイ・グノ、柔のラフィーニャというFWコンビがいい感じで役割分担できていたのですが、イ・グノ選手が去り、ラフィーニャ選手の1トップになったのがつらい感じ。狙い撃ちされてことごとくそこで潰されています。すると前線の新戦力と呼吸がまだ合ってないのもクローズアップされちゃう。

ただ、後半選手交代したあとは、特に右の佐々木選手がスペースに出てボールを受ける意識が高く、ペースをつかんで猛攻で追いすがってました。その辺が建て直しの鍵では。

お目当ての磐田は前述の通り、相手1トップをきっちり潰し、守備で主導権を握っていました。

そこから繰り出すカウンターのタイミングに、しっかりした意思統一を感じます。特に先制点は左MFで先発のミノル君の絶妙のスルーパスに、ボランチの山本康選手が長い距離を走って飛び出し決めたもので、お見事。

そして、磐田戦展望です。昨年は大惨敗しました。リベンジしたいですね!

まず、なんと言っても前田選手を抑えないといけません。CBには近藤君が戻ってきていて、三つ巴の競争になっているようです。誰が出るのかな。那須さんが出でたら、いきなりヤマハスタジアムに乗り込んで、かつての僚友のエースと一騎打ち。熱い戦いになりそうです。

その前田選手の後ろに攻撃的MFが三枚。特に両翼の左のミノル君、右の山田選手が機能しています。右サイドはユースの先輩後輩対決で、ここも熱そうです。

そして、球際で譲らないこと。がっちりくるけど負けちゃだめ。

攻撃では、しっかり守れる磐田をどう崩すかがポイント。

セットプレーは鍵になりそうです。その点、ウチの左右キッカーの二枚看板レアンドロさんとワグネルさんは、すでに二人ともセットプレーからのアシストを記録していて好調。期待大です。

前節は増嶋君がセットプレーで2得点と大活躍でした。ACLでは那須さんのゴールが大量点を呼び込みました。この試合も誰かがつーんとやっとくれ!

とにかく昨年の分もやり返すのですよ!!

勝ちましょう!!

|

« ハリー・ポッターの電子書籍 | トップページ | vs磐田 リベンジできず »

レイソル2012 天皇杯優勝!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/54332050

この記事へのトラックバック一覧です: 藏川さん移籍と偵察磐田と磐田戦展望:

« ハリー・ポッターの電子書籍 | トップページ | vs磐田 リベンジできず »