« COMITIA99 | トップページ | レイソル妄想2012 »

2012/02/07

U-23vsシリア やってまったー

ロンドン五輪アジア最終予選、U-23日本代表vsU-23シリア代表は、1-2で敗戦。

可能性は気にしていたのです。Jリーグ開幕前に行われる代表の試合は、低調になることが多いので。

当然それに備えて準備しているのでしょうが、試合勘の面だったり、なかなか難しいのだと思います。

さらに、せっかくこの前の試合で活躍した大津君が所属クラブの都合で呼べなかったり、しばらくA代表優先で久々に戻ってきた清武選手が怪我して離脱したり。

危惧していた通り、試合は低調。しかも試合中には山崎選手が骨折。

先制されたけれど一度は追いついたので、そのままごまかして勝ち点取れれば御の字だと思って見ていたのですが、サッカーはそう甘くはなく、敗戦となりました。

これで首位陥落、二位となりました。

二位と言っても勝ち点、得失点差では並んでいて、総得点で一点差の僅差なのですが。

ただ、今までの流れを考えると、けっこう厳しいような気がします。

残り試合、シリアも勝ちっぱなすことを前提に考えるべきだと思うのですが、そうなると、得失点差の勝負になります。どんどん点取って勝たなくてはいけません。このU-23代表は攻撃のタレントには候補がたくさんいて、大丈夫のようにも見えますが。

今まで多かった組み合わせは、山崎、東、清武の二列目でした。ケガで両翼が欠けました。個の能力的には補える人材はいると思うのですが、連携面がどこまで高められるか。

また、正直、大迫選手の決定力には不安を感じています。永井選手には土壇場での勝負強さがありますが、押し込む展開で生きるタイプかどうかが不安です。

また、キャプテン山村選手の扱いをどうするのか。ボランチでずっと出ていますが、大学ではCB、入団した鹿島もCBとしての獲得のようです。

山村&山口のボランチは、永井選手の先発も考え合わせて、受け止めてカウンターのイメージだったんだろうなあと思うのですが、ビルドアップはさっぱりだった。後半途中から扇原&山口のセレッソコンビになってボールの回りがよくなった感じ。

多分押し込む展開で、勝つだけではなく、大量得点を狙わなくてはいけない。そのためにはチームの形をいじらなきゃいけないかもしれない。その時、連携を高めきれるのか。けっこう不安です。

ただ、こういう厳しいシチュエーションが、人間を大きく成長させるのだと思うので。

ぜひこの試練を乗り越え、大きく成長して、五輪への切符をもぎ取って欲しいと思います。

特に酒井君!! がんばって!!

|

« COMITIA99 | トップページ | レイソル妄想2012 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/53903734

この記事へのトラックバック一覧です: U-23vsシリア やってまったー:

« COMITIA99 | トップページ | レイソル妄想2012 »